FC2ブログ
 朝、階段で捻挫してしまいました。
 原因は、単に僕が不注意であるだけでなく、寒さで足元が湿っていたからだと思います。その後すぐに帰宅し湿布を貼ったので、今では歩けるようになりました。
 皆さんも気をつけて下さい。あと、もし捻挫などの怪我をしてしまったら、すぐに治療しましょうね。



 ずむへるつです。


 今日は、過去にあった講習会のビデオを見て、それを実践しました。
 なぜそんな事を始めたかというと、昨日の話し合いなどの場で、「声を響かせる」事が必要だ、という意見が出たので、その為の方法を過去の講習会から見つけるためです。「声を響かせる」からといっても、発声方法だけでなく、体操なども細かく紹介されていました。
 体操などの事は短いですが毎日やる事です。だから、毎日しっかりやれば、それだけ早く上達できるはずですよ。

 その後は少し曲を練習したあと、松山女子高校の皆さんが来て、僕達はチョコレートを貰いました。松山女子高校の皆さん、本当にありがとうごさいます。
 そのチョコレートを食べながら、ふと考えたのですが、どうしてこの風習は始まったのでしょうか? 他の部活で同じような事があるとは聞かないのですが。
 ・・・・いや、別に貰う事に対して不満があるわけじゃないですよ。もちろん、感謝しています。


 今更ですが・・・。
 僕のプロフィールの「音楽部に一言」の欄は、「僕に言いたい事はハッキリ言って下さい。」と挑戦的過ぎる一言である事をご存知でしょうか?
 ・・・まぁ、ああなったのは、プロフィールを募集した時期の、僕の心理状態も関係していたのでしょうが、やはり単純に「上達したい」と思った事の方が大きいと思います。以前書いたように、音楽の知識が全く無かった僕は、とりあえず分かりやすい方法を取り入れて、それをしっかり意識し続ける事ばかりやっていました。それが間違っていたという事ではないでしょうが、ある時、一年生の時のコンクール練習で、とある同級生に、「ねぇ、この部分の音、ずむへるつ(本名は伏せさせてもらいます。悪しからず。)は違っているって、○○先輩が言ってたよ~」と言われた事があります。
 その時、僕は、「はぁ?ふざけんな!」と思いました。しかし、それは「その先輩が、自分自身ではなく、後輩に言わせた」事に対しての怒りでした。

 僕は、先輩ならば、後輩が間違えたのに、その事に本人が気付いていないようならば、ハッキリ注意するべきだと思います。
 そりゃ確かに、僕は会話の少ない奴でしたよ。しかし、だからといって、上達したいと思っていた後輩に、そんな消極的な態度でいていいものですかね?
 だからこそ、僕の一言は、あれなんです。今だって同じですよ。


 この日記を見てくれている人の中に、この部活に入りたいと思っている人がいるなら、僕は教える時にハッキリ言いますよ。僕みたいな体験は、絶対に経験して欲しくないので。



 やけに長い文章で、すみません。
 それでは。

コメント

捉え方や考え方には色々あるけど、少なくとも注意する気があったということは消極的ではないと思う。間違いがあっても1年生だからいいかとスルーしてしまう先輩も中にはいるかもしれない。
その先輩が誰かは分からないけど、後輩にガツンと言うのが苦手で話しづらかったから後輩に頼んだって可能性だってある。
同情の余地もあるけど、その人がすべて悪いって考えるのもどうなのかなと思う。
コメントありがとうございます。


日記には書いていない事も他にあったのですが、確かにそうですね・・・・。
反省します。
僕は川高志望の中3です。
そしてずむへるつさんのようなすばらしい先輩のいらっしゃる、音楽部に入りたいと思っています。

ここまで家族をも巻き込んで体調管理につとめてきたのに、前日になって風邪を引いてしまいました。最悪です・・・
気持的に気合いを入れたくて日記を見に来ました。
このコメントを書いたのは僕です、とズムヘルツ先輩に言いたいです!
がんばります。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/720-1fa26238