FC2ブログ
 今日は知知武君が書けないらしいので、昨日に引き続き、ずむへるつの日記をお送りします。代わりに書くのは、今年(というか、今まで)で初めてですよ。僕は書かせてばかりなのに・・・。

 今日は、僕にとっての2009年を「回想」することで、今年の日記係の仕事を終わりにしたいと思います。



 今年は、今まで体験しなかった、いろいろな事を体験した一年でした。

 はっきり言ってしまいますと、良くない事の方が多かったです。
 酷い言葉をかけられた事もありました。後になって、その言葉は間違っていた事は証明された(と思う)のですが、当時は非常に辛かったです。
 ――部活に熱心に取り組んでいるのに、遠回しにでも「お前は歌が下手だ。」と言われて平気な奴が、どこにいるんだよ?――


 今考えると、よく堪えたものだと思います。
 どうしてだろう?

 まぁ、僕が4年前の定期演奏会で感じた「熱意」は、あんな言葉を仲間にかける人には分からないと考え、自分を信じたからこそ、堪えられたのでしょうね。



 その一方で、なかなか無責任な事もしてしまいました。
 パートマスターとしては、ピアノが弾けないのを理由に、いい加減に教えてしまった事もあります。日記係としては、「批評」と称して、友人や同級生が見ているのも忘れて、文句を書いたりしました。
 考えて見れば、仕事を引き継いでから4ヶ月が過ぎました。僕は、ピアノに関しても、文章の執筆に関しても、もう「初心者だから許して!」などとは言えなくなりました。パートマスターとしては、教えられる事は教えたつもりなので、後は頑張ってもらうしかないですが、日記は約2ヶ月分の執筆をしました。そろそろ日記も余裕を持って書けるようにならなくては。
 ちなみに、以前、「文章を書く力をつけたいから、日記係になりました。」のような事を書きましたが、意外とついたみたいです。よかった。



 そういえば、今まで何度も書いて来ましたが、今年は「リーダー」についていろいろと思う事が、たくさんありました。
 パートマスターになって、「自分が教えたから、セカンドの人達が歌えるようになった!」と喜ぶ事もあれば、修学旅行の班長になって「せっかく頑張ったんだから、もうちょっと関心を示してくれよ・・・・。」と落胆した事もありました。
 いずれにせよ、リーダーを体験しないと学べない上に、人と付き合う時に必要だと思うような、「心構え」を知る事ができて、よかったと思います。





 ――あれ?
 なんだ、良い事も意外とあったじゃん。
 よかった。



 皆さんも今年を振り返ってみては、どうでしょうか。

 終わり。

コメント

今日の日誌は今年一番の出来ダネ。
終り良ければ全て良し。
来年も頑張ってね。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/674-8cb5d326