FC2ブログ
海の向こうのワシントンでは、
大雪のために、非常事態宣言が出されたそうですね。
日に日に寒くなっていくこの時期。
上着を着るなど、こまめな管理が必要だと思います。

はい、知知武です。
今日は日曜、練習は休みでした。

という訳なので、自分からも
昨日の事について少々書こうと思います。
えぇ、模試がないのでたっぷりと(笑)

昨日は午前練習を少し短めにしたあと、
20人で老人ホームへ向かい、演奏をしたのですが…
とてもご丁寧に歓迎していただき、
更に紹介では、随分と針小棒大に我が部を紹介していただき、
本当に申し訳ないほどありがたかったです。

肝心の演奏でも、
演奏自体はテンポは速まるやら、ハーモニーは揃わないやらで
まだまだ未熟な点だらけだったにも関わらず、
手拍子をしてくださった人、
うなずきながら聴いてくださった人、
一緒に歌ってくださった人、
中には涙を浮かべるほど、一生懸命聴いてくださった人もおられて、
本当に、歌っているこちら側がとても嬉しかったです。

所長さんが言っておられましたが、
音楽を通して演奏する側、演奏を聴く側が一体となった、
素晴らしい演奏会になったと思います。
音楽の真の価値を学ぶことができ、本当に良い経験になりました。

そして演奏会後は数名で、
明治大学グリークラブさんの演奏会へ行きました。
…数名迷った者も居たようですが。

会場は、川越から更に1時間ほど都会へ行った、
川口の総合文化センターリリアの音楽ホールでした。
自分は、向こうに着いてから開場まで少し時間があったので、
少し駅前をふらついていました。
目が回るような高いビル、
まだ日が沈まないうちから光っているネオン、
そしてたくさんの人、人、人…

川越も十分すごいですが、
…えぇ、同じ埼玉県とは思えませんでしたね。

そうこうしているうちに、開場時間になったのでホールに入りました。
全面木製(おそらく)のホールは、とてもきれいでした。
そして演奏が始まったのですが…

うちの部の約半分ほどの人数にも関わらず、
安定感のある声、そして乱れることのないハーモニー。
「素晴らしい」
この言葉がぴったりな演奏でした。
また1年生は、アンコンで歌う曲もあったので、
大いに参考になったと思います。
頑張りましょう。

そしてもう一つ。
大学の演奏会は、学生指揮の方が主に振っていて、
今回もそうだったのですが、
学指揮の方の指揮が、とても格好良かったです☆

あ、誤解しないでくださいよ。
「憧れ」と「尊敬」から出た感想ですから…

まだ完全には声ができあがっていない高校生が、
安定した声を持っている大学生の演奏と
同等もしくはそれ以上の演奏をするのは、
決して簡単ではありません。
しかし、自分たちに唯一与えられてる特権があるとすれば、
それは、時間だと思います。
その時間をどれだけ有効に、大切に使うかが、
これからの成長の鍵となっていくのではないか?
そう思いました。

SVECまで残り39日。
定演まで残り7ヶ月少々。
そして県のコンクールまで残り8ヶ月。

止まることないこの時間を、
有効に、大切に使っていきましょう。

…たっぷり書き過ぎました。

ではでは。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/664-613ad609