おはようございます!わさぶしデス。
昨日の夜は寝落ちしてしまって書けなくなってしまいました申し訳ございませんでしたm(_ _)m
それでは、ラストいきます!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジョージ「たけし…お前、大丈夫か?」

ジョージは様子のおかしいたけしに声をかけた

たけす「ん?俺はいつも通りだが?」


ジョージ「ならいいんだ、ていうか作者!たけすってなんだよ!誤字ってんじゃねー!」


たけす「あ、本当だ!何しやがる!-クソ作者!-」


ガリクソン「辞めろよお前ら!!いくらカメラが回ってないとはいえ、読んでくれてる人に舞台裏がバレたらまずいだろ!」

そう、これは舞台裏の話である。

ジョージ「ていうか、なんで急にエセ=ギャグ漫画みたいな展開になってんだよ」


たけす「どうにも真面目な展開が苦手な作者が耐えきれなくなったらしい」


ガリクソン「他の日記係が書いた小説を読んで、『なんでみんなふざけないんだ…もっとふざけろよ!!』って毎回言ってたらしいぞ」*1

*1・・・実話


ジョージ「まじかよ…ヤバすぎだろアイツ…」


ガリクソン「なんか、ゲームにも飽きたし外で遊ばないか?」


2人「お、そうだな」

そういって、3人は近所にある公園に向かった。

ー公園にてー

ジョージ「おい、ガリクソン!そっちにボール行ったぞ!」


ガリクソン「ヘゴチン!」

ガリクソンはボールが頭に当たり倒れた。倒れ方からしてかなりの重傷を負ったと思われるが…

たけす「大丈夫か!?ガリクソン!この後撮影あるんだぞ!」


ガリクソン「もう、俺はダメだ…俺を置いて先に行ってくれ…」


ジョージ「ここぞとばかりにセリフの練習すんな!」


ガリクソン「ハイ…」

ー3時間後ー

監督「よーし、始めるぞー…3・2・1、」





3人「俺達の冒険はこれからだ!」

ー完ー


監督「お疲れ様でした。解散。」


ジョージ「ふぃ〜、やっと終わったな」


たけし「あぁ、大変だった。」

ガリクソン「俺達の冒険はこれからだ!ってなんだよ、まるで打ち切りじゃないか…!」

3人「HAHAHAHA」

バリン!
突然、建物内からガラスの割れた様な音がした。
その直後、雄叫びや人間のモノとは思えない悲痛な叫び声が聴こえてきた。館内に不穏な空気が漂い始める。


たけし「どうしたんだ?なんだか外が騒がしいぞ…?」

何人かのスタッフが建物内を慌ただしく走っている。

ジョージ「何があったんですか!?」

スタッフ「大変だ!こんなクソ展開に怒った日記係と一部の視聴者が襲撃してきたぞ!」


ジョージ「( 'ω')ふぁっ!?」


暴徒と化した日記係「おいこら!わさぶしは何処だ!出しやがれ!」

スタッフ「ひぃぃぃ〜〜〜!知りません〜〜〜!」


ガリクソン「俺達、なんか変な事に巻き込まれたらしぞ」


たけし・ジョージ・ガリクソン
「勘弁してくれ〜〜〜〜!」

ー今度こそ完(打ち切り)ー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハイ。反省してます許してください。
以上で今回の企画は終わりです。こんなクソ展開にありがとうございました!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/3463-d81dca60