FC2ブログ
こんにちわー!ゆうです!
物語リレー、4日目です。なんだかテスト勉強よりも難しいことをしている気がします・・・。

----------------

「まさか、こんなところにいたとはなぁ」

隕石のようなもの、それが仲間の戦闘機だったことに俺は安堵した。

「ガリクソン、来てくれたのか。どうしてここがわかったんだ」

「どうしてってそりゃ、、、だって俺たち親友だろ」

ガリクソンはクーデターを起こそうとしている俺たちを最後まで引き留めようとしていた。どうやら俺たちが国からの追手から逃れられたのもガリクソンが裏で手を回していたらしい。

「一国の英雄がこんなところでくたばるなんて、そんなことさせられねぇよ。こんなことさっさと抜け出して〈ユートピア〉へ行こう」

そうしてジョージと三人で〈ユートピア〉 へ向かうことになった。



ガリクソンの戦闘機に乗り込んだ俺は目を疑った。まさか、こんなことが・・・。

「忘れもんだぜ」

そこには夢で見た七色に光る剣、インフィニティスターが。

「おい、ガリクソン、どこでこれを、、、」

「お前らが出て行っちまった後に空からこいつが降ってきてな、なんだかこいつをお前に届けなきゃならねぇ気がして、こうして来てやったのさ」

頭が混乱しているうちに3人を乗せた戦闘機は〈ユートピア〉の入り口に着かんとしていた。しかし、ジョージだけは一抹の不安を感じていた。

(たけしの様子がおかしい気がする、まるで別人になったようだ・・・、インフィニティスターのせいなのか、、いや、気のせいなのか・・・。)

-----------------

今日はここまで。かなりのキラーパスになった気もしなくないのですが・・・。明日で最後です、お楽しみに!!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/3462-4e6f644c