どうも、イブ兄です!

それでは今日から考査期間中の企画第二弾!
ということで、
【日記係による物語リレー】です!
どうぞ!


・・・


-リーバクロス王国
-聖陽暦680年

「陛下! 国王陛下! 魔王デュークム軍との闘いは日々苦戦を強いられております! このままでは、隣国ユーラストワに続き、我が軍までもが全滅してしまいます!」

「むう…。仕方あるまい。かの者をここへ。」

「まさか、彼を!? 殿下、正気ですか!?」

「ああ…。星と繋がりし者《スターズダイアラー》をここへ!」


-とある場所
俺の名はたけし。
またの名を神々の国より堕天せし者《ゴッドオブエクスプルージョン》。
そして、星と繋がりし者《スターズダイアラー》。
この右眼には過去に封印した力が眠っているが…まあこの話は置いておこう。
訳あって今はたけしと名乗っている。

俺は日々闇の軍勢《ダークネスダイアフラム》との闘いを繰り広げている。
魔王デュークムに連なる組織だが、デュークム軍とは異なるものだ。
デュークム軍が表向きの対人間界組織であるのに対し、ダークネスダイアフラムは世界の裏に潜み、ありとあらゆる国家を内側から破壊しようとする組織だ。

しかし、この組織に気づいている人間は少ない。奴らは人間に擬態し、見た目や行動では全く判断できない。
奴らを見抜ける者はこれまでいなかった。
そう、スターズダイアラーであるこの俺を除いては。

俺の武器はインフィニティスター。 七色に光り輝く剣だ。
ゴッドオブエクスプルージョンである俺が人間界に堕ちた時、そばにはインフィニティスターがあった。
天界に生まれた俺は、幼少の頃ダークネスダイアフラムの1人に唆され、とある契約をしたことによって人間界に堕ちた。その時に俺の左眼は闇とそうでない者を見分けることができるようになったんだ。

そしてこの右眼は…おっと、どうやらリーバクロス王から直々に呼び出しのようだ。
やれやれ、今回はどんなお頼みなのか。

それじゃ、この話はまた今度。


(続く)
・・・

敢えてのこの内容、いかがだったでしょうか?(笑)
ここから先の日記係がどんなお話にしてくれるのか楽しみです。
それでは、書いてて今までにない楽しさを感じたイブ兄がお送りしました〜。


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/3459-b9ef7cd0