どうも、イブ兄です!

早速ではありますが、Twitterでのお題を書かせていただきます! 協力してくださった皆様、ありがとうございました!

さてさて、人生最大のピンチということで。私は遊園地で迷子になった事があります。この手の話としてはベタではありますが、それについて書かせてもらおうかな〜と思います。
あれは私がまだ幼稚園に通っていた頃のこと、私はあるヒーローが大好きで、そのヒーローのショーを観に遊園地へ行きました。
ショーを観た後、近くのベンチに座って休憩していると、何やら近くで人だかりが。
「なんだろう?」と、とても気になって、私はフッとそのベンチを離れ、その方向へと歩いていきました。
しばらく歩いていると、いつの間にか人だかりも無くなり、あのベンチも家族の姿もどこにも見えず、自分が来た道すらわからなくなってしまいました。
ここからはひたすら泣き続けていたので、あまり鮮明ではありませんが、誰かに付いていって、気がつくといつの間にか迷子センターにたことは憶えています。
しばらくして親が迎えに来てくれて、無事に帰ることができました。

という、典型的な迷子の話なんですけれども、未だにあれ以上のピンチは無いと思います。
独りぼっちの不安感や悲しみって尋常でないものがありますよね。遊園地という広い空間ではなおさらだと思います。 今でも憶えているのはきっとそういう恐怖が染みついたからですね。

それにしても、助けてくれた人や迷子センターの人にはお世話になりました。
もう10年以上も前の話ですが、本当にありがとうございました。
きっと届いてくれていると信じています。

さて、ピンチについてはこんな感じですかね。
この日記も幼稚園の頃の話ではありますが、もう少し別の幼い頃の話は、また次回!
では〜!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/3238-68076b81