どうも、イブ兄です!

今日は夏休み最後の部活ということで、いつも以上にガッツリ…というわけではないですが、パート練習の時間を長くとり、完成度を高めていくような練習をしました。

全体的に、体力、声量、集中力など、どの点に注目してもまだまだ伸ばせるように感じます。
くすのき祭では音楽室で歌い、またお客様との距離も非常に近いため、どこかで緊張や遠慮をして声が小さくなってしまいがちです。
特に、まだくすのき祭を経験したことのない1年生にはよく起こりうることだと思います。

しかし、実際には全くそんなことを気にする必要は無いのです!
くすのき祭当日は学校中のいたるところから本当にたくさんの音が聞こえてきます。
外からは各参加団体の呼び込みやイヴェントステージの音、また廊下からは参加団体の音や楽しげな声が聞こえてきます。
音楽室は多少防音性があるとはいえ、文化祭当日は結構大きな音が聞こえてきます。

もちろん、それでこそくすのき祭であり、私はそんな一年に一度のお祭りみたいな雰囲気が大好きなのですが、そんな中で音楽部の歌声が小さいとなると、これはもう大変なことです。
自分が歌っていても何も聞こえないからさらに歌いにくくなります。
そして何より、来てくださったお客様に聞こえないなんてことがあってはいけません!
だからこそ、文化祭とはいえ、一人一人にとんでもない声量が必要になってくるわけです。

体力や集中力は、割と当日のテンションでなんとかなっちゃったりします。
鍛えておいた方がいいのは当然ですが、2日間くらいはある程度カラダを騙せる気がするので、ノリと勢いがお客様にも伝わるような演奏を心がけましょう!
ただ、テンションだけに頼りすぎるのは絶対にバテると思うので、色々と意識するのを忘れないように!
全員で思う存分くすのき祭を楽しんでいきましょう!

部員一同、全力で歌いますので、ぜひ音楽室へお越しください!
では!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/3197-e8f4ee61