FC2ブログ
どうもっdragon5です!

今日からテスト期間にはいりました!部活は一区切りです。一旦部活からは距離を置いて、学生の本分と世間ではいわれているらしい学問に尽力しましょう。
しかし今年はなかなかテストのスケジュールがきつきつですよね。
例年ですとたしか期末考査は木金月火とか水木金月とかだった気がするのですが、今年は中間、期末両方とも火水木金と、土日を1回しか挟まないスケジュールとなっております。しかもさらに追い打ちをかけてくるのが土曜授業。
川高生、なかなかの試練がやってきました。なかなかモチベーションの上がらない土曜授業ですが、それも運命(さだめ)と思って乗り越えていきましょう。少ない時間のなかでいかに勉強するか。考えどころです。

いやあそれにしてもつい最近まで中間考査だと思っていたら、あっというまに期末考査ですね。
1日1日をかみしめて生きたい。なんてことを思う今日この頃。
(テスト期間になると物思いにふける時間が増えて、日に日に病んでいく気がするのは私だけでしょうか・・・・・。)

以前本で読んだことがあるのですが、人間は社会のなかで自分の存在を確認するためには、なんらかの共同体に属していなければならないといった文言の記事を読みました。
自分がその共同体に属したいか否かにかかわらずとも、たとえいやいや属しているとしても、実はただ属しているだけで自分のポジションをしっかりキープしているのかもしれません。
そんなことを考えると土曜授業もやる気になってくる・・・・・・・はず??


さて、テストのことはこのくらいにしておいて、今度は部員の皆さんに読んでもらいたいことを書こうかと思います。
日記係になって思ったのですが、日記を書く上で一番難しいこと、それは、「自分の書いた文章を読む人はどう感じるか、どう思うか、マナーを守っているか」ということです。
部活日記はブログという形式をとっていますので、近年流行りのSNSと比べて、どちらかというと一方的な情報発信です。ですから、どのような人がこの文章を読んでいただいているか、書き手が考えて書く必要がでてきますね。
これは自分が思っていた以上に難しくて、日記係になりたてのころはバランスが分からず、砕けすぎた文章、かしこまりすぎて何が言いたいのかよくわからない文章等々、四苦八苦しました。最も、今素晴らしい文章が書けているかと言えば全くそのようなことはないのですが。。。。

話が少々脱線しました。つまりですね、今の川高音楽部には、「見えないものを見る力」が足りていないのではないかと思うのです。これは部活内外関係なしに、常日頃の生活から考えなければならない問題だと思います。
一例をあげますと、SNS等の使い方が昨今世間で頻繁に問題視されるように、私たちももう一度使い方を見直すべきではないでしょうか。ただ、一口にSNSと言っても、1対1で行うようなものから、自分の発言が全世界に発信可能なものまで多々あります。
どちらのタイプにも気を付けるべき点はありますが、後者の場合、自分の発言に対してしっかり責任を持つことが必要です。
自分の発言は読んだ人に対してどのような印象を与えるか。じぶんの発言が自分(或いは自分の属している団体)にたいしてどのような影響がでるのか。 そこのあたりを再確認する必要があるように思います。

また、発信することだけでなく、「発信しないこと」に対しても私たちは同じ責任を持っているのではないでしょうか。
これは主に部や団体内についてですが、自分が発信しないことで周りにどのような影響が出るか、自分が動かないことで誰が動き、自分が参加できなかったことで誰にどのような影響がでるのか。 私達はそれをもう少し考えるべきではないでしょうか。
この日記に関しても、私が「書かない」ことによって、いままで続いてきた日記の伝統がなくなるですとか、いままで日記を読んできていただいた方を裏切るような行為につながりかねません。
最も、毎日毎日そのように考えていては気軽に文章も書けませんが、しかしたまには一歩立ち止まって、そういう「根底にあるもの」を再確認することが大切ですよね。

今日小論文の授業で扱った内容が偶然似たような内容の話題でして、なんでも、「近年の世代は他人に対して注意を払う力」が低下しているのだとか。 個が尊重され、強調される社会では、集団を思いやる感情が鈍くなってしまうような旨の文章であったかと思います。

部活という集団行動を通して、私たちがぶつかっていく様々な問題はどれも大変なことのように思えますが、こういったテスト期間に、一歩下がって考えてみると、意外と原因はシンプルだったり、しかしそれがむずかしかったりするのかもしれませんね。

さてさて、今日は思いの丈を長々と書かせていただきました。

テストが終わったら、またみんなで元気に全員で活動していきましょう!

ではでは。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/3131-f434bcbe