FC2ブログ
こんにちは。地雷犬です。

今日は、川越市合唱連盟創立35周年記念演奏会ということで、ウエスタ川越(エは大きいエ)にてオペラ「タンホイザー」より、巡礼の合唱、オペラ「アイーダ」より、凱旋行進曲、喜歌劇「こうもり」より、おお、フレーデルマウスを歌唱いたしました。
川越市合唱連盟は五年ごとにこのような催しをされているとのことで、パンフレットの裏のところにはすでに2021年の演奏会の話が記載されておりました(笑)
五年後、といいますと22歳なのですが、意外とあっという間にきそうですよね。その時に、ステージに乗っているのか、はたまた聴いているのか、楽しみですねえ。

ということで、今日は一日演奏会のためにウエスタ川越におりました。昨日からのリハーサルに引き続いて、今日も今日とて入念なリハーサル。特に大きな問題はなく、本番の始まる時間になったのでした・・・。
この演奏会、とても豪華でして、合唱はなんと400人を超える大所帯ですし、オーケストラもつきますし、なんとバレエまでやってしまうんですよ。リハーサルの段階でバレエを見学させていただいたのですが、あんなに華麗に舞っておいて、間近で見ると筋肉がすごいんですよね。ギャップが・・・。

合唱自体はとても伸び伸びと歌うことが出来ました。今回はお客様のすぐ近くで歌うことになりまして、少しドキドキしていたのですが、逆にお客様の反応が間近で見ることが出来て、すごいよい体験でした。何だかこちらまで心が温かくなりますよねぇ・・。

そういえば、アンコールで最後、舞台に乗せていただいたのですが、その時満席のウエスタを初めて見ました!ぎっしり人が詰まるとあんな感じになるんですね~。定演はこれまで二回経験しましたが、やはりこうやって一階から三階までぎっしり、というものは見たことが無くて、唖然としました。もし定演でこうなれたら、嬉しいけれど、それ以上に緊張してしまうなぁとか、諸々考えていたのですが、これくらいお客様が七月にも入ってくれると嬉しい限りです。

二年生は三回目のオーケストラ伴奏でしたが、とてもいい経験になったと思います。いつも合唱と一緒に演奏する楽器はピアノくらいが関の山なので(もし機会があれば笙とかチェロの伴奏でも演奏してみたいですね(?)、いつでも貴重な感じがしますよね。すごい個人的な話をすると、チューニングのラの音がこれからはじまるぞ~という感じがしてとても好きです。

とても随筆みたいな感じになってしまいましたが、とりあえず本日はこれまで。
演奏会を支えてくださった皆様、ありがとうございました!

そういえばそろそろヴァレンタイン・・・

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/3007-8f8c1539