FC2ブログ
こんにちわ~ゆうです!
気候がだいぶ秋らしくなってきましたねーーー。嬉しきこと限りなしです。暑いのは苦手なもので・・・。でも、急に変わると風邪をひきますから、できることならグラデーションのようにゆっくりと変わってほしいものですね。

さて、今日も愛唱曲のパート練習、合わせをやりました!今日は「推進力」という所に焦点を当てて練習をしました。スローテンポの曲だと、気を抜くとすぐにグダグダになってしまいますからね。でもメトロノームなどを使って拍頭を意識してればすぐに改善できます。個々の意識の問題なので、集中して取り組みましょう!
最近の練習はビデオカメラをフル活用していますね。歌っている自分を見るのが気恥ずかしいと感じますが、分析することも大切ですね。姿勢が悪いとか、表情が死んでるとか、歌ってる時には気が付かないことがたくさん見つかります。私は最近表情にも多少の気を使っています。そういえば、練習中バス側に鏡越しに表情筋に気を遣う部員が見えました!よい心がけだなと思いました。表情豊かになれるように、日々鍛えていきましょう!

新体制になって、まだまだ固まっていませんが、確実に前進はしています!千里も道も1歩から!塵も積もれば山となる!小さなことでも継続していけばいつかきっと大きな力になるはずです。部員がそれぞれ支えあって部活を作っていきましょう!

では!
さて、ここからは、私の好きな合唱曲について語りたいと思います!といっても、合唱経験は浅いので、あまり細かいところまでは語れませんが・・・。

1つに絞るのは難しいので、いくつか紹介したいと思います。

まずは、谷川俊太郎さん作詞の「信じる」です!この曲は私が中学3年の時に歌った曲で、思い出の1曲なんですよね~。この曲がきっかけで音楽部に入ろうと思った、といっても過言ではありません。それくらい大好きな曲です!最初は穏やかできれいなピアノ伴奏から入って、それに合った美しい詩を歌います。中盤になると、一転して緊張感とあるメロディーとテンポに変化し、詩も厳しい現実を見せつけられるようなものになって、平和への強い想いが感じられます。クライマックスでは、最初の穏やかなメロディーに戻り、再び美しく、かつ願うような詩が歌われます。ここの場面で「葉末の梅雨がきらめく朝に、何を見つめる子鹿の瞳」という歌詞があるのですが、私はこれはとても美しい情景だと思うんです‼最後は、「私は信じる」と自分に言い聞かせるように静かに終わります。いやー機会があればまた歌いたいですね!!!

高校に入ってからは、いろんな曲と出会いまして、「音速平和」も好きなのですが、「Fragments~特攻隊戦死者の手記による~」という曲を紹介したいと思います。この曲は、先輩が他校との交流会があった時におすすめの男声合唱曲として紹介していたのを聞いて初めて知りました。詩は、サブタイトルの通り、特攻隊戦死者の手記の一部らしいです。そのこともあって、かなり重めの曲かもしれませんが・・・。13分ほどの大作ですが、聞いていて全く飽きません!詩の前半部分は緊迫したメロディーが続くのですが、後半部分は書いた人の本心が書かれています。途中、両親へのメッセージがあるのですが、その部分は聞いていて涙が出てきそうになりました。書いている人が戦死者ということもあって、本当に重みがあります。男声合唱でこそこの重みがあらわせるのだと思いました。一度聞いてみてはいかがでしょうか?

それでは。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/2860-7df39bbc