FC2ブログ
どうもこんばんは、たーちゃんです。

ベルリオーズとは作曲家のことです。現地時間3/31にローズシアターにて演奏された幻想交響曲は、この人が書きました。つい先ほど、NHKEテレにてこれが演奏されていましたね。あいにく私は風呂等があり一、二楽章しか聴けませんでしたが。
どうしても渡米関連のものを見ると寂しい気持ちがしてきてしまいますね。幻想交響曲をうとうとしながら聴いていると、復活をオケの後ろで歌ったことや、レクイエムを本気で歌ったことがフラッシュバックしてきました。ああ楽しかったなぁ…。

そうそう、この前の記事で帰ってきたら感想をまとめるやらなんやら言っていましたね。あれは嘘でs…嘘じゃありません。簡単に一部抜粋して述べようと思います。

まずはプロオケを見て聴いたことについて。
当たり前のことではあるのでしょうが、プロは臨機応変に対処する技術、力を持ち得ていると改めて実感しました。オケの後ろでリハを聴いていたのですが、そのとき山田さんが英語で「ここはもう少し〜でここは〜」と一度言うと、すぐに直してしまいます。
いかに私たちの練習に無駄があるかというのがはっきりしました。私たちは一度言われたことをずっと継続して続けることができません。もちろんプロでは無いので全てを一回でとはいいませんが、もう少し改善して効率アップの余地があるのでは無いでしょうか。

次に(というか最後に)、アメリカに行ったことについて。
知識だけで「アメリカはこんなところだよ〜」と知ってはいましたが、やはり実際に見て体験してみると何十倍も多く、よく知れる。百聞は一見に如かずとはまさにこのことかと思いました。
その多くよく知ったことについては割愛です。長くなるので報告書にまとめようかと。
そしてそれらの知識・体験が、自身の新たな道を開いてくれるということがよくわかりました。道と言っても、全く新しいものがあれば、その自分が進んでる道の新たな分岐もあったりします。こうした新たな発見が人生を輝かせるのかなあとも思いました。(何様。)

その他多くありますが、先ほども述べたようにカットです。

こうしていろいろな経験をできたのも、山田さんをはじめたいろいろな方のご支援があったからです。
いろいろな方の中でも特にボランティアスタッフの方々には感謝です。はじめの方は日程の変更だったり道を間違えUターンだったりで、もう少しどうにかならないもんかと無礼ながら思っていました。ですが、貴重な大学の時間を削って、見知らぬ土地で、詰まった予定をできるだけその通りになるようにいろいろなことをしていただいて、本当にありがたいと個人的ですが思っております。
この場をお借りして感謝申し上げたいと思います。


さて、アメリカを振り返るのもいいですが、明日から練習再開です。切り替えていきましょう!
開始初日から混声練とハードですが、どうせ今後全部ハードなのでこの程度は乗り切っていきましょう!

それではこの辺で。おやすみなさい!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/2688-a2e5f0f4