FC2ブログ
どうも、サクシードです。

ただいまニュージャージーは26日の21:58です。日本は日曜の朝くらいでしょうか。
時差ボケとかそういうわけではないと思うのですが、やはりこれまでと違う時間を過ごすのはなんとなく違和感があります。
恐れていた時差ボケがそこまで来なかったのは嬉しいのですが、むしろ疲れからの眠気が強いようで…早く日記を書き上げて、なるべく早く寝たいところです。

さて、ハンド・イン・ハンド2日目は朝食から始まりました。
ビュッフェ形式だったのですが、カリカリのベーコンだとかソーセージだとか、茶色で油の濃いものばかりで面食らいました。(美味しかったですが)
アメリカでは毎朝こんなものを食べてるのでしょうか…いきなり文化の違いにぶつかったように思いました。
味噌汁と白米もあり、非常に美味しかったので、ふと日本のことが懐かしく思われたりもしました。(まだ出国してから1日しか経っていませんが)

それから昼まではホテル内で自由時間で、昼食はおにぎり等の日本を意識したと思われる料理を用意してくださいました。
おにぎりの形を作るのに随分苦労されたように思われました。やはりおにぎりは日本のものなのですね。

第三回ハンド・イン・ハンドでニューヨークへ行った先輩方から「湿った食パンを食わされた」とか「白滝が緑色で変な味がついてる」などといった話を聞かされていたので少し怖かったのですが、問題なく美味しいものを頂けたのでありがたい限りです。

そして午後はマンハッタンへ移動し、29日にリンカーンセンターで演奏するマーラーの交響曲第2番「復活」の練習をオーケストラと共に行い、また30日に演奏するレクイエムの通し練習も行いました。

これまでにも音源では聴いていましたが、生のオーケストラは全く印象が違いました。
当然音圧も違いますし、そのせいか感じ入るものも録音より強いように思いました。

そのオーケストラの中で初めて歌って、もう本番はすぐ近くなのだということを実感させられました。
昨日アメリカに到着してからはまだ「何となく」感があったのですが、実際に本番で一緒に演奏するオーケストラと練習すると、一気に気が引き締まったように思います。
また、レクイエムも随分と期間が開いていましたが、そこまで劣化していない演奏ができていました。

どう歌うかはもう両曲とも体に染み付いているから、あとは歌うことを楽しむだけだ、と山田あつしさんが仰っていました。
これまでの合宿でも仰っていたことですが、私たちは上手く歌うのではなく、聴く人に何かを伝えるのが目的です。
そのためには、失敗を恐れず、私たち自身が楽しんで歌うことが大切だと思います。

その後は宿泊先のホテルに戻って夕食を頂き、今に至ります。
ちなみに夕食はマカロニパスタとラズベリーソースのかかったサラダでした。
とても美味しかったのですが、ラズベリーソースというのは初めて見ました。アメリカでは一般的なのでしょうか。日本でも普通に使われているのですかね…?

まだ慣れないアメリカでの実質的な一日目でしたが、アメリカはこういう所だ、というのがほんの少し分かったように思います。
明日は一日ニューヨーク市内見学です。
ニューヨークの日本と異なる文化・人間を学び、また何より楽しみたいです。
そして、もう明々後日に控えた本番に向けて邁進してまいります!

今回はここまでとさせていただきます。
それでは。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/2681-a4814cdf