FC2ブログ
dragon5です。

本日、SVECこと埼玉ヴォーカルアンサンブルコンテストが終了しました。
twitterにも載っていますが、
川高音楽部Aチームは 男声合唱のための「どちりなきりしたん」より「Ⅳ」(千原英喜作曲)
川高音楽部Bチームは 今こそ五月(T.モーリー作曲/増田順平編曲) 無伴奏男性合唱組曲「あの日たち」より「別れる昼に」(立原道造作詞/北川昇作曲)
を演奏しました。

また、審査の結果については、Aチームが銀賞、Bチームが銅賞をいただきました。

結果としては、両チーム金賞を目指していたので、そのような面では満足のゆく結果とはなりませんでした。
書きたいことはいっぱいあるけれど、何をどう書けばいいのかわからない、というのが今の正直なところです。
部活としての今日の良かった点と悪い点は明日の反省会で部員それぞれからたくさん出ると思うので、明日の担当の方がまとめて
下さればそちらをどうぞ。(よろしくお願いします)

さて、何をどうしようとSVECは終わったわけですが、私としてはやっぱり「悔しい。」この一言に尽きます。
さまざまな人がおっしゃる通り、後悔先に立たず、反省を次に活かしていくというのがこういう時に大切だと思うのですが、
せめて今日(今夜)だけは、後悔に浸かってもいいんじゃないかなぁと思います。あぁ、悔しい・・・。
悔しい悔しいと書いて日記を更新しても意味がありませんから、私個人の考えを書くと、
「金賞が獲れなかったのは悔しいけれど獲れなかったのを全部ハンドインハンドとか体調とか審査結果とかそういうことのせいにするのはよくないよね。」
ということです。
今年は今までの日記にも書かれてきた通り、ハンドインハンドの練習があり、この時期としては例年に比べてSVECの練習時間が短かったです。ですが私たちは夏のコンクールで関東、全国に進めなかった分早い時期から練習に取り組めました。
また国内演奏会が終わった後から体調を崩す人が多く(私も1日休んでしまいました)、本番或いは直前の練習でうまくいかなかったという人もいました。川高ではSVEC前になってインフルエンザやほかの病気が流行したということと、国内演奏会の疲れが出たということの2つがおおきな原因ではないかと思います。過密なスケジュールの間で疲れをとることは難しいし、マスクをすれば100%病気にならないなんてことはないので仕方ない部分ももちろんあると思います。ですが皆さん是非、もう一度今までを振り返って、自分がきちんと予防できていたか、
健康的に過ごせていたか、或いは他人に病気をうつさないようにできていたか考えてみてください。 私はちょっと睡眠時間が足りなかった気がします・・。日記更新とかももっと早くしたいのですが、いかんせん考えがまとまらないもので・・・・。(今日もこんな時間になってしまいましたすいません) 審査結果に関しては、夏のコンクールでもそうでしたが、誰でも望み通りの結果が取れないと疑問を抱くものだと思います。
とりわけ合唱ははっきり勝ち負けがつくわけではないから難しいものです。ただ、審査員の皆様は1番最初の団体から最後の団体まで一日中演奏を聞いて一つ一つ講評を書いてくださっているわけですから、そこはしっかり感謝するべきですよね!!

とここまで長々と悩みながら書かせていただいたわけですが、私は今日の演奏で特に目立った失敗はなかったかなと思いました。
ほかにもそう言っている部員が多くいたようです。
審査結果は前述の通りになりましたが、今日自分が出せるBESTは出せたのではないかと思っています。
だらだらとグダグダと悩みながら書いていたら気づけば25時が近づいてきてしまいました。

各々考えることはたくさんあると思います。明日からまた今日の反省を活かして日々精進していきましょう。

最後に、今日の本番まで指導してくださった先生方、また保護者の方、そして審査をしていただいた審査員の方々や
その他SVECの運営にかかわるすべての方々、今日は(または今日まで)ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

ではでは。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/2624-3ca4b352