FC2ブログ
ただでさえ最近冷え込んできて布団から出にくくなったのに、窓を見ると外には雨がザーッと降っていて、
ますます布団に別れを告げることが辛い・・・・・。
どうも、朝に弱いdragon5です。

もし早起きができるなら、G線上のアリアが流れるリビングで優雅に紅茶とトーストを食べて、そして
「ではお母様、行ってまいります。」とか言って学校に行ってみたいものですね。
・・・・・今日は起きて4分で家を出て駅で朝ごはん食べてました。

さてさて、今日は日曜日でしたが、いよいよ明日に迫った川越市合唱祭に向けて仕上げの練習をしました。

具体的には昨日や一昨日のような工夫した練習方法(スキップ、パーマスチェンジなど)の成果を確認すべく、
パート練習→バス系、テナー系での練習→全体で合わせ という工程で練習しました。

特に今日は音量や迫力、縦のハーモニーなどの確認がメインでした。
私自身今までは音程とリズム、休符や音の長さ等なるべく気を付けるように練習していましたが、
楽譜を縦に見たときの相対的な音量までは気にしていなかったので、これはこれから考えて歌わないといけないなぁと感じました。
同じフォルテでも1パートで歌う時と4パートで歌うときは当然音量のバランスも異なりますから、そういうところは大事ですね。
またフォルティッシモを考えてフォルテを大きくしすぎないことや、ピアニッシモを考えてピアノを小さくしすぎないなど、
相対的なバランスも大事ですね。 「考えて歌う」 って大切です。
あと、曲に慣れて一つ一つの音が適当になってしまうのもよくないですね。何事も慣れた時が一番危ないといいますから。
ああっ、あそこクレッシェンドだったのか!!忘れてた! なんて事態にならないように、今一度しっかり確認を。

使い古されたかもしれませんが、練習は本番のように、本番は練習のように。これが大切ですね。
練習でしっかり音程が取れないのに、本番でうまくとれるはずがない。と今日先生もおっしゃっていました。
また練習でうまく取れなかった音や発声は、明日無理にチャレンジしないこともまた大事ですね。
昨日の歌詞解釈で一人ひとり詩から感じ取ったものがあると思うので、感情をこめて伝えましょう!

・・・とここまで書いてふと思い出したのですが、中学校の頃、音楽室にこんな張り紙がありました。
   「うたう」は「歌う」
         「詩う」
         「訴う」
最後は若干無理やり感が否めませんが、詩に書いてあることを聞き手に「訴える」という意味ではそれも歌うことなんですね。
表現や技術的なことも仕上げつつ、こういった根本的な心構え的なことも大切に。


ふと思ったんですが、私今まで日記を担当してきた日全部部活がある日だったような気がします。
いつか休日の日記とかも自由に書いてみたいですね。

余談ですが我々1年は今日次期(67代)幹部(仮)をおおよそ決定しました。はやいですね。
これからは2年生がいないときなどもしっかり規律をもっていけるように精進していきましょう。

今日は早めに更新できたのでよかったです。相変らず拙い文章ですが。
他の日記係の記事を見て勉強します。。。
それでは明日の本番に備えて今日はもう寝たいところですが、テストもやってきてしまうのでちょっと数学やります。

ではでは。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/2516-a95d55d8