FC2ブログ
どうもこんばんは、たーちゃんです。
夜分すみません。

今日は引き継ぎ式を行いました。
様々な役職が一二年生に引き継がれていきました。
これで、3年生はほぼ完全に引退となってしまいます。

思えば65代は、「翼」と「うたうべき詩」という曲から始まりました。
これらを合唱祭で披露。果たしてどんな演奏だったのでしょうか。
そしてSVEC。残念ながらどちらのチームも銀賞。しかし、部員全員が少人数でやることの辛さがわかり、そして自分のなかで得られるものがあったと思います。
そして着々と定期演奏会への準備が進みす。
ここで年度が変わり、みな進級しました。そして、前顧問の吉田先生はここで退職されました。
新入生が入学したので、さっそく新入生獲得のためにアカペラ等で懸命に勧誘をしました。最終的に、23人もの新入生が入部してくれました。
そして一年生を交えての本格的な定演に向けての練習が始まりました。
また、5,6月だったでしょうか。正確な日付は覚えていませんが、この辺で「おっとせい」の楽譜が届きました。
誰も歌ったことのない曲を一から作り上げる。このことに、不安や責任感、期待感を感じていました。
綺麗にハモる曲ではないし、定演の準備もあるために練習時間があまりとれず、一曲通すのもできるかできないか、というほどの出来で、このころは不安が一番大きかったでしょうか。
そうやってコンクールに向けた準備もしている一方で、定演に向けての練習はラストスパート。4ステの曲が辛かったのを思い出します(笑)
新ホールへの対応等忙しいことだらけでしたが、そんな中定演長の先輩、 幹部陣の先輩が皆を引っ張ってくれたお陰で、無事成功を収めることができました。
そうしてコンクール曲の集中練習が始まります。
一曲通すのもできなかった自由曲も、地味に辛かった課題曲も、表現をどんどんつける段階まで行き。
そしてコンクールに臨みました。
残念ながら結果はついてきませんでした。
最後はくすのき祭。3曲だけですが、音楽部の公演の中で全員で歌いました。3曲×6回公演で計18曲分。
2日目の第3公演(最後の公演)は、指揮を振っていて、楽しかった。本当に楽しかったです。みんなの顔を見ながら、そして気迫を感じながら指揮を振るのが幸せでした。
そして今日、引き継ぎ式。
そうして、65代は幕を閉じました。

…と、今までのことをまとめてみましたが。長ったらしい文章ですいません。あと抜けてたらすいません(おい)。
ですが、長い文章の割に思い返してみると本当に短くて。翼を歌ったのがついこの前のように思えて…。
ものの大切さは失ってから気づく、とはこのようなことなのでしょうか。

とにかく私は今、三年生がいなくなるのが信じられなくて、寂しくて、悲しいです。
ですがこういうものはいつか必ずやってくるもの。いつまでも引きずってはいられません。
だから、タイトルにある通り。
「繋ぎ、伸ばす。」


というわけで、明日から本格的に県立川越高等学校音楽部第66代が正式に発足します。
明日を見据えて。
と言っても、日付的にもうその明日なんですけどねー!!(台無し)

それでは、この辺で。


コメント

あと、65代のみんなに忘れられないのは、
ハンドインハンドのアメリカ公演と
日本公演ですね。
私はさすがにアメリカには行けません
でしたが、日本公演は聴きに行けました。
プロオケと一緒にカルミナを歌えるなんて、
奇跡ですよ。
観ていてとてもうらやましかったです。

音楽をやっていると、時には奇跡のような
ことを経験できます。
川越高校の音楽部は引退したけれど、
この先も何らかの形で音楽と共に
過ごしていってくれたらいいな、と
心から願っています。




返信が遅れてしまい申し訳ありません!気づくのが遅れてしまいました…。今後注意いたします。

そうですね、ハンドインハンドの日本公演もありました。66代の私たちは直接関わらなかったので、書き損ねてしまいました…。

私たち66代も、春頃アメリカに向かうことになります。
おっしゃる通り、このようなことは奇跡であり、とても貴重な体験となります。
様々な行事があり、練習が増え忙しくなると予想されますが、その中で全力でやっていこうと思います!

また、私も先輩方には音楽を続けて欲しいです。
そしていつか、仲間として、時にはライバルとして歌い、また語り合いたいと願っています…


コメント、ありがとうございました!

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/2483-db0fa23e