FC2ブログ
Tsunoshunです。

いやぁ昨日は楽しかったですね!特に歌いまわし!「偽ヨイク」やら慶應の「若き血」やら堪らなかったすね。けいおー、けいおー、りっくのおうじゃーけいおー!ってね!いや別に慶應受けないけども。
まさか松女から手ぇ振られるとは思ってなかったけども。勢い良く振り返したはいいが、その場にいいたたまれなくなり逃げましたけども。撮られてるとも思ってなかったけども。(Twitterにアップされてた)

わかってますよ僕達の出番のことですね←

やりたいことやってやった!って感じです。課題曲に関しても自由曲に関しても。歌っていて実に最高だった。これは勝った!って思った。でも結果は全然違った。当日は家に帰っても納得できませんでした。

このコンクールで感じたことは「悔しい」というより「埼玉県大会何が起こるかわからないな」という感想でした。だから後輩たちに言いたい。「驕る事勿れ。負けることを見据えた勝つ努力をしろ」と。勝つかどうかなんて発表があるまでわからない。上記にあるように俺みたいに勝った、なんて決して思うなよ。ただそれだけです。

大会後はヘラヘラしてた僕が今これを書いていてなんか泣きそうです。やっぱり悔しかったんだと思います。そうそう聴いてくださいよ。三年生と一緒にトボトボ帰ってるとファミレスまえにいたある男子高生どもが「おやおや、あれは川越勢ではないか」とかおもむろに聞こえるように言ってきたんですよ!もうホント

くっそーって感じですよね!

一、二年生。頼むこの恨めしさにも似たこの悔しさ、SVECと来年のコンクールで果たしてくれ。
もう一度言おう「驕る事勿れ。負けることを見据えた勝つ努力をしろ」

次の代がもっと素晴らしい代になるよう祈って、

ではまた~。

コメント

コンクール聴かせていただきました
定演を聴き、コンクールの演奏を聴いて私個人としても金は堅いと思っていたので今回の結果は予想外であり驚きでした
また結果を結果としてしっかりと向き合い、次への糧にするその姿勢を素晴らしく思います
いつもならば記事を読むだけでコメントはしないのですが、ある男子高生の言葉の文を見て驚愕したのでコメントさせていただきます
結果を残せば何をしてもいいというわけでは絶対にありません
合唱に限らず、戦う相手のことを敬うのは当然のことです
恐らくその男子高生は金賞をとり、関東への切符を掴んだのでしょうが、それを手にするにはあまりにも小さい人間です
そんな人間の言葉を頭に残してはいけません
今回は銀賞だったかもしれませんが、あなた方の声は他の金賞校にも劣らないものです
慢心することなく、姿勢を正した人が成長します
國弘さんは素晴らしい指導者ですし、あなた方も素晴らしい歌い手です
しっかりと次の一歩へ繋げられるよう頑張ってください
心より応援しています
あれ?文章一部消した?
お見苦しいところをお見せしてすみません。

係員の失言は日記係長である私の責任です。

私の監督不行き届きが原因でこのようなことになってしまったことを深くお詫び申し上げます。

これからも部活日記をよろしくお願いします。



…消しました。
こんにちは。いつもブログとツイッター拝見しております。
 今回少々厳しいことをいいます。
アホな男子高校生に馬鹿にされた川高のみなさん、それは馬鹿にされるようなことを演奏会でしたからではないのですか?
ブログを拝見してきましたが、合唱以前のみなさんの礼儀や部活動に対する姿勢は全然なっていないような気がします。
 それにはっきり言いましょう。
皆さんの歌は「ヘタクソ」です。とても全国で金賞を取れるようなレベルではありません。
「自分達の演奏ができた」という「自惚れ」がある限り金賞を取ることは「絶望的」です。
 くすのき祭が終わってからでいいですから、もう一度よく自分達の「合唱にどう向き合っていくのか」を真剣に考えたほうがいいと思います。
コメントありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/2468-b8a1cee0