FC2ブログ
こんばんは、SSです。

最近、部活で体調を崩してしまっている人が結構出ていまして、4月に入ってから、全員きっちり揃っての練習が、出来ていなかったりしています。
そういう私も、4月に入ってすぐに体調を崩して2日程休んでしまったので、あまり人のことを厳しく言えない立場なのですが、体調に気を付けないといけないですね。


それでは、今日の練習について。

今日もまた、定演曲、混声曲、課題曲の練習だったのですが、昨日音取りをした課題曲の合わせがありました。
定演曲、混声曲はやっと感覚を掴みかけてきてはいたのですが、課題曲はいったいどんな感じになるんだろう?、といった状態での合わせでしたので、なかなか大変でした。
内声がメロディーだったりする部分が多く、比較的珍しい曲だと思います。
今年のコンクール曲はどちらも内声が目立つ部分が多いので、今のうちから内声といえど、曲の柱になることを意識しなくてはいけないと感じました。


また、今日の練習でもいろいろ指摘を受けたのですが、特に今日注意されたのは、音程感とピッチ感、個々の発声の差異についてでした。
私個人としても、音程感やピッチ感はかなり苦手な分野で、最近は特に意識して練習に臨んでいたのですが、全パートが歌う部分から単独パートになったときなどに、一気にそれらが乱れてしまい、先生からも厳しい指摘をされました。
皆で歌えば音を外さずに取れるけれども、単独では取れない、この状態を改善することも、また大きな課題だと感じました。
また、発声面でも、パート内での声や音のズレ、それがまた他パートとのズレに繋がってしまい、統一感のない合唱になってしまっていたと思います。
発声は常に考えを張り巡らせなくてはいけない、永遠の課題として、より良い発声を磨いていくということも、再度確認しました。


過去に、講師の先生から言われた言葉のなかに「3年生は1年生を引っ張り、2年生は自分達の向上に努める」というのがあるのですが、新入生が入って来た時に、新しく出来た後輩を決してないがしろにはしませんが、この言葉のように、新2年生が、個人の能力を高めることに強い意識を持って、練習しなくてはいけないようです。
私も、他の頑張っている2年生に遅れを取らないよう、自身の実力向上に努めていきたいと思います。


さて、私達も無事進級し、いよいよ明日は新入生の入学式があります。
そこで私達音楽部が、新入生が初めて聞くことになる校歌を歌うわけなのですが、新規部員獲得に繋がると信じて精一杯歌いたいと思います。
今いる部員全員が、1人ずつ新入生を引っ張ってくればあっという間に78人の大所帯です。
今年は特に人数が必要とされているので、新しい部員を大量に確保できたら、"強く"願っています。

ホントに音楽部楽しいから!
もし、これを見てくれている新入生やらその保護者の方が居らっしゃれば、是非音楽部に!

と、音楽部の宣伝で、今日は終わりにしたいと思います。


それでは、また。









追記:
実は、ハンドインハンドプロジェクトについて個人的に色々まとめていたのですが、機器の不具合やら、私の体調不良やらでまとまっていないので、後日、ちゃんとまとめて載せようと思います。

お世話になった方や、保護者の皆様、川高音楽部のことをブログに載せていただき、「帰国したら、部活日記で紹介しますね」と言った啼鵬さん、すいません!

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/2070-a0d741e6