FC2ブログ
こんばんは、もとこなんです

最近変な夢ばかり見ます
ちょっと怖いです
暇があったら夢診断してくれる占い師に話を聞きたいぐらいです

暇なんて無いんですけどね
実は期末テストもひっそりと近づいてきています
そろそろテスト範囲も分かり始める頃でしょうか

疲れるとか疲れたとか言ってしまってる人はいませんか?
そんなの、言い訳に過ぎませんよ


さて、本日は
アメリカの曲の練習でした
やはり最近は同じことを注意されることが多いですね
気をつける、としか言いようの無いミスもまだあるので
注意力、集中力を常に持って練習に励んでいきたいですね


さて、練習とはなにか、という話。
「練習は本番のように本番は練習のように」
と良く言われます
練習では本番のような緊張感を持ち真剣で集中した姿勢でいて、
本番では緊張しすぎて力んでしまったり焦ってしまってミスしたり無いように練習の時の心持ちで、練習通りの演奏を心がけるべき
ということです

勿論、これを徹底していくべきではありますが
ひょっとして真剣にやるというのは曖昧な表現かもしれない
別にふざけるために練習しているわけではないですし
真剣にやってなかった、じゃあ やろう
となった時にいきなり出来ない人も少なくないのでは無いでしょうか

そこで、
真剣に取り組むとはどういうことか
本番のようにとはどうすればいいのか
という話。


部活を受験勉強に例えるなら
当然本番は入試でしょう
本番に向けて練習し評価される
評価は後から変わらないし
評価してくれる人は本番の度に変わります

本番の後反省会はやりますが
次の本番では大抵は違う曲になります
曲の解釈によって歌い方や発声を変えていかなくてはいけない点は
まさしく学校別の対策のようなものだと思います

では普段の練習はなにか、
私は模擬試験だと思います
授業や問題集を解く時間では無くて、です

今の自分がどれくらい歌えているか
本番でどう歌うべきか
どこが駄目なのか
練習をやる意図は
模擬試験をやる意図と変わりありません

基礎力をつける、普段の学習は
むしろ発声練習と同じではないでしょうか

普段の勉強、発声練習で自分の力をつけて
模擬試験、普段の練習で今の実力で出来る事をする
解き直し、日々の反省会で勉強すべきこと、次の模擬試験の目標をたてる
そして本番に向かう


つまり、普段の練習、特に合わせですべきことは前回の練習の反省を踏まえつつ
今まで身につけた実力を発揮し、
今出来る最大限の演奏をする
そして本番で最高の演奏をするためには何が足りないのか
どういった過程で完成させていくのか把握し
次の練習をどうするべきか
そのために発声練習、自主練で何をすべきか考える
ということでは無いでしょうか

こういうことを思って部活に取り組むということが
真剣である ということかもしれません

全ては本番のために。


今こそが、こういうことを考えなくてはいけない時期なのかな、という思いがあったので
自分なりに考えて、記事にするに至りました

投稿がかなり遅くなってしまって、申し訳ありませんでした。


では。

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://kawagoeglee.blog36.fc2.com/tb.php/2047-0d463930