FC2ブログ
こんばんは、偏食です。

バイクってめちゃんこ格好良くないですか。ツーリングキャンプとか格好良さの極みだとすら考えてます。自分の地元じゃバイクというとたまにヤーさん達が集団でぶるんぶるんやってるくらいで、オートバイとかはあまり見ない為憧れがあります。16歳から免許が取れるものもあるので、来年取ろうかと割と真剣に悩んでいたり。

さて、今日の練習ではコンクール曲を中心に練習しました。昨日から始まったコンクール練習ですが、かなり細かいところまで拘って練習するので中々ついていくのでも精一杯といった感じです。一つのところを意識するとまた別のところがほつれてしまったりして、そこを修正すると前に注意されたところが出来なくなっていて…先輩達には「無意識で出来るようになればすごい」という話をされましたが、まだまだそのレベルには及びません。初歩的なことも一つ一つ意識しながら練習をして、コンクールで良い結果が出せるように努力したいと思います。また、定期演奏会の時も終わった時にはほとんど体力が残っていなかったので、少し気が早いかもしれないですが、今から来年の定期演奏会にむけて、少しずつ持久力をつけていこうと思います。

それでは
こんにちわー!ゆうです!

今日も今日とて、ベッドに潜った瞬間に日記の存在を思い出しました。今はやっていますね。妖怪がとりついているのでしょうか。8人体制なので日記の負担が軽くなったのはありがたいのですが、肝心の当番の日を忘れがちで、一度忘れると次書くのが一週間後になってしまうので気をつけたいですね。

さて、今日は定演明け初のコンクールに向けての練習でした。中の人はあいにく模試がかぶってしまったので部活には出られませんでしたが、きっといい練習ができたのでしょう。今年はいい流れがあるのでぜひともそれに乗っていきたいですね。なんやかんやでコンクール当日までは一か月切っていますから、これからMAX集中ですね。また、曲を深いところまで作りこんでいけるのでこれからの練習が楽しみです。

高校最後の夏、受験勉強と部活の両立は大変ですが、この青春は二度とやってこないので、今を精いっぱい楽しみたいと思います。先週の話になりますが、定期演奏会はとても楽しかったです。一生忘れないいい思い出になりました。

それでは、良い夏休みを。
どうもホークです。夏休みが始まってしばらく経ち、各地で祭りや催し物、イベントなどが開かれている中、課題という強敵に追われ、ほぼ家で一日を過ごす今日この頃。皆さんはしっかりやるべき事をやってから、楽しい休みを過ごしましょう。




さて、今日の部活は台風12号の影響により、無しとなりました。これ幸いと思い、昨日の夜と今日で課題を進めていたのですが、正直言って僕の住んでいる地域にはほとんど影響が無く、ゲリラ豪雨みたい(?)な雨が降っただけでした。ほかの地域は分かりませんが、今降ってない地域は今後の情報に気をつけましょう。また、明日通勤、通学する人は、足元にも気をつけましょう。


多分明日から部活が再開するので、練習の様子を楽しみにしている方はもう少しお待ち下さい。
書くことがないのですごく変な日記になりましたが、ご了承ください。
どうも、イブ兄です!

しつこいようですが、書かせてください。
定期演奏会無事終了!
皆さま本当にありがとうございました!

私個人といたしましては、今回の定期演奏会では昨年以上にやりたいことができました。
第2ステージの司会に始まり、第3ステージの選曲、演出、ダンス、劇…などなど、本当にやりたかったこと、作りたかったことがほぼ全部できました。
トップのI君とは本当に色々な仕事を共にしました。 もともと恐ろしいほど忙しい彼ですが、割いてくれた時間は非常に密度が高く、結果として皆さまに良いものをお送りすることができたと思います。
きっと1人ではここまで出来ませんでした。
ありがとう。

感想としては、本当に達成感に満ちています。
ステージ上から見える、合唱も何も知らないのに来てくれたクラスメイトの顔や、演奏を聴いて涙を流してくださるお客様の顔が見える度に本当に嬉しくて、胸がいっぱいになりました。
「人を感動させることは本当に難しい」
いつか先輩が仰っていた気がしますが、今回改めてそれを実感するとともに、自分たちが心から伝えようと努力すれば、きっとそれは伝わるのだろうと思いました。
今しかできないことを精一杯やる。
それを突き詰めた結果が今回の成果であり、それ自体が今回の成果のように私は感じます。
僕らが1年生の頃、まだ右も左もわからない頃、必死で歌ったあの定期演奏会からもう2年が経ちました。
何が変わったかははっきりとはわかりませんが、何かが変わったことは確かだと思います。

さて、少々個人的な内容になってしまいました。
これにて68代の定期演奏会は終わりました。
始まる前は想像のつかないものでも、終わってしまうと儚いものです。
3年生なので私たちの代が出演する定期演奏会はもうありませんが、悔いはありません。
全員やりきりました。
きっとそうだと思います。

しかし、部活はまだ終わりじゃありません!
ここからはコンクールモード。
今しかできないことを精一杯やる。
今回の定期演奏会で得たものを武器に、私たちはここからまたぶっ飛ばしていきます。
今年の私たちにもまだまだ期待してください!

なんだかいつも以上にまとまらないので、この辺で終わりにしようと思います!
では!!

こんにちは 山梨子です!

68代定期演奏会、昨日無事終演いたしました!
御来場いただいた方々、応援してくださった方々ありがとうございました!
なんだかずっと待っていた定期演奏会が今思えばあっという間に来て、全力で2時間ちょいでしたかね、駆け抜けて今に至る感じで、時間って経つの本当に早いなと今実感しています。
でも決してこの時間はあっけないものではなく、個人が悪戦苦闘して、責任をしっかりと負って成功という二文字をつかみ取らんとしようとした時間なので自分の中ではかけがえのないものとなりました。
来年、ひいては今年中には先輩方は引退され、自分達が背負っていく番。
不安もありますが、覚悟もできました。
精一杯走り抜けようと思います。

まずはコンクール! これはとやかく言わず、とにかく勝ち抜く事を考えて全力で挑もうと思います!

さて今日は昨日の反省会をしました!…と言いたいところなんですが、今日、通学に使っている路線が遅延しまして、その途中で腹を壊す始末。
結局残り30分程度しかいられませんでした。
んー定演後の反省会って結構余韻に浸れるのに加えて次への活力になるので参加したかったんですがね…
(許さんぞ、西○線めが)

その後、バリトン内で打ち上げに行きました!
某カレー屋で行わせてもらったのですが、先輩、後輩、同輩との喋る時間はやっぱ楽しくて、あと何回これが出来るのかなって思うと感慨深いものがありますね笑
まぁでもそんなこんなで最近は感傷に浸る場面が増えてるんですがあんまりやりすぎるとネガティブになるのでとにかく今日言いたいのはコンクール頑張りますってことです!(下手くそすぎる)

では
こんばんは、ラッキーです。

今日は、定期演奏会本番でした。

僕は、今回は定演長として、一から準備に携わって来たのですが、今年は平日夜間開催、前日リハーサルに、三年生は直前にオリンピックコンサートがあったりと、例年と全く違う運営になりました。前年度踏襲が全くできない中、部員達がよくついてきてくれて、本当に感謝しています。

今日の来場者は、1053人でした。平日夜間という変な時間に開催したのですが、1000人を超える来場者が来てくださり、本当に嬉しいです。こうやって応援してくださる方がいるから、僕たち音楽部がこうして、活動できていると思います。来場してくださった方々、本当にありがとうございました。

今回、混声をしてくださった松山女子高校音楽部の方々、本当にありがとうございました。前回の松女さんの定期演奏会の時と、演出を大幅に変更したのにもかかわらず、少しの練習だけで完璧にしていだたき、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。次はコンクール、お互いに頑張りましょう!

そして、大学生活が忙しい中、今日の定期演奏会に来て、手伝ってくださったOBの方々、本当にありがとうございました。久しぶりに先輩達に会えて、嬉しかったです。夜遅かったため、少ししかお話しすることができなかったのですが、先輩方がお元気そうで良かったです。

僕は今日、歌いきって心身共々、疲れてしまったので、今日はここら辺で終わりたいと思います。

本日は、本当にありがとうございました!


こんばんは、キクラゲです!
最近、ものすごく恐怖を感じる出来事がありました。それは、夏休みに入ってからまだ5日目だというのに自分の周りの人たちが異常なスピードで課題を終わらせていることです。やはり川越高校は恐ろしいところですね。



さて、今日はいよいよあしたに迫った定期演奏会のリハーサルがありました。本番と同じステージで歌うといつもより集中力を使うのでとても疲れるんですよね。部員のみなさんは今日はゆっくり休んでくださいね。そして明日は今までの練習の成果を出し切れるよう頑張りましょう!


今、日記を読んでいるそこのあなた!
明日は是非、川越高校音楽部定期演奏会にお越しください!たくさんの方のご来場、心よりお待ちしております。


では、定期演奏会でお会いしましょう。
ふぉー!こんばんは!わさぶしです。

いやぁ、危なかった!あともうちょっとで忘れるところでした( ̄▽ ̄;)

さて皆さん、明日は定演の前日リハとなります。
午後から夜遅くまで活動するので、大変ではありますが、明後日の定演を滞りなく進めるためにもしっかりと頑張っていきたいですねぇ!

これは去年感じた事なんですが…
定演リハって、物凄い青春っぽくて好きなんですよね。。
もちろん、定演もですが、それ以上に青春っぽいと言いますか、あの雰囲気が好きです。あの緊張と忙しさと興奮が入り交じった感じ…いいですねぇ((o(。>ω<。)o))




定演って合唱祭とは違って主に自分達の団体だけで構成するじゃないですか。(当たり前ですが、、)

これはあくまでも自分の考えですが、定演はコンクールよりも大切な気がするんですよね。もちろんコンクールも大事ですけど、それ以上に自分達の演奏会ですし、団体ごとに他には譲りたくないこだわりとか諸々あると思うんですよ。ね!(強引な締め)

それではこの辺で…

定演で会いましょう!

わさぶし
こんにちわー!ゆうです!

今日は定演前最後のオフだったそうですね。3年生は模試お疲れさまでした。かくいう私もお日様が出ている間はずっと池袋に飛ばされていましたが。なんというか、都内ってやっぱりキラキラしているなぁと言う印象でした。川越とはちがうんだなと。帰り道、10分ほどしか歩いていないのですが、その間にサイレンを鳴らして猛スピードで逆走するパトカーと、停車して処置を行っていた救急車に遭遇しました。川越では3年間通っていても一度も経験したことのない出来事でした。

私は国語の問題文や、読んだ小説に非常に感化されやすいのですが、今日読んだ評論の中に、現代人はリアルの世界からバーチャルな世界に移住させられていてそこでスピードを求められる生活を送っているみたいな記述がありました。たしかに忙しいですね。まぁ、それも高校生活ならではの楽しみのうちなんですけど。その忙しさも、部活のことで言えば定演までの数日とコンクールまでのひと月で終わってしまうんです。それはそれで日常に穴が開いたみたいに寂しくなりそうです。最近、よく未来の自分とか、もしあの時別の選択をしていたらとかパラレルワールド的なことを考えてしまいます。想像を膨らませることはいいことがと教わったので。

さて、先ほども触れましたが定演まであと3日です。音楽室練習は明日で最後になります。本番で悔いが残らないように残された時間を有意義に使いましょう!自分が日記を書くのは定演後になってしまいます。定演後にまたお会いしましょう!
こんばんは、偏食です。

先日テレビで「声の低い男性は病原体への抵抗力が高い等、動物的に優れている」といったことが話されていました。自分はバスパートなのですが、言われてみると確かにあまり病気になることはないように感じます。規則正しい食生活をしていたらきっと僕は地上最強の生物になったのではないでしょうか。また、女性は低い声により魅力を感じるとも言っていました。これはもう大学生になったら彼女できるフラグみたいなものでしょう。明るい未来が見えるのは実に良いものですね!

さて、今日の部活は発声をして校歌、応援歌の練習を行い、その後は定期演奏会で配るパンフレットのとじ込みを行いました。3年生と一部の2年生がオリンピックコンサートに出演する為、いつものような練習はしませんでした。当のオリンピックコンサートはというと、それはもう凄いです。音がめちゃめちゃ滑らかで、曲線を描いているようとでも言うべきか…自分の貧弱な語彙力ではうまく言い表わせないのが申し訳ない限りですが、ただただ圧倒されました。フィナーレには川越高校を含めた、市内6校の音楽部の有志メンバーも加わり、一層深みのある演奏が楽しめました。

定期演奏会まで後4日、明日は定演前最後のオフなのでしっかり身体を休めましょう。

では
こんにちは、ラッキーです。

昨日で学校が終わり今日から夏休みです。といっても、僕たち三年生は、受験は夏休みが勝負の鍵と言われているので、勉強することが嫌いな僕のような生徒は悲しんでいることでしょう。そして、夏休みになったからといっても、文化祭の準備や部活、夏期講習などがあり、学校には毎日のように行くのです。あまり、いつもと違わないんですよね。

さて、今日の部活は、自由曲のピアノ合わせでした。普段は無伴奏で練習しているのですが、やはりピアノ曲なので、ピアノのが入るだけで、いろいろなところが浮き彫りになってきて、とても効率の良い練習ができていたかなと思います。
僕は風邪をひいていて前で見学していたのですが、みんなが歌っているのを客観的に観たのですが、録音を聴くのではわからない自分たちの歌の特徴というのがよくわかりました。例えば、普段録音を聴いていて、ここがダメだなと思ってもなぜダメなのかが明確にならないのですが、実際の歌を見てみると、なぜダメなのかがはっきりわかりました。普段見学することがないので、初めての体験で今日の部活はとても楽しかったです。

僕がいうのもあれですけど、定期演奏会まで残りすくないので、喉は大切にしましょう。

ではまた。
どうもホークです。夏休みの宿題に追われ、ふと、Twitterをみて部活日記が更新されてないことに気づき、今日が当番であることを思い出しました。

今日は学校が短く、部活が始まるまで少し時間がありました。その時に、現学生指揮者がピアノを弾いていて、その技量と、選曲に驚かされました。


今日の練習は主に、定期演奏会で歌うコンクール曲の練習をしました。その後、松女さんを読んで混声合唱の練習もしたのですが………。1年生である僕は混声合唱には参加しないので練習がどう進んだのかどうかは分かりません。後日先輩達に語ってほしいと思います。(語らなくてもいいです。)


更新遅れてしまい申し訳ございません。それでは僕は寝たいと思いますので皆さんおやすみなさい。
どうも、イブ兄です!


1年生の日記係が参加して1週間くらいです。
今年は3人!ということで。
いやー初々しいですね。みずみずしいです。ビッチャビチャです。
3年目にもなると、あの初期特有の微妙な固さもまた懐かしく感じますね。
最初は多少難しくとも、そのうち素敵な日記を書けるようになります。
めげずに挑戦し続けてください。

さて、本日も第1ステージの曲を中心に練習しました。
個人的に、ステージごとにそれぞれ意識的な差をつけるのはあまり好みではないのですが、やはり第1ステージはコンクールステージと銘打っている以上、多少他のステージとは異なる意味合いを持ってくるのだろうと思います。
半端なものを披露するわけにはいかないというのはもちろん他のステージも当たり前にそうなのですが、今後に向けてより深い部分まで作り込んでいく、あるいは、これまでである程度完成されたものをより高次元で披露する、という点においては第1ステージが最も相応しい場所なのでしょう。
というか、そのためのステージでありそれこそが役割なのです。

ステージにはステージごとに役割があります。
練習に差をつけるのではなく、それぞれの役割に沿った練習を全力で取り組むという心意気が大切です。

いよいよあと1週間ほどで本番です。
全てのステージが同じくらい素晴らしいものになるよう、これからもっともっと頑張っていきましょう!

では!

こんばんは、キクラゲです!


いや〜、それにしてもこう何日も30℃を超える日が続くと熱中症なんかが心配されますね。こんなときはクーラーに限るのですが、私は昔から喉が弱いのでクーラーをつけたまま寝ると朝起きたとき喉がいたくなってることがよくあるんですよね。みなさんもお気をつけて!(特に音楽部のみなさん!)



さて、今日は部活が一日オフでした。
定演を間近に控えてるということで、最近の部活は大忙し。部員にとっては久しぶりにゆっくりできる貴重な時間だったのではないでしょうか。ちなみに私もクーラーのついた部屋でのんびりさせていただきました。もちろん勉強もする気ではいましたよ笑(したとは言っていない)



明日からはまた部活が再開します。
そしてなんと昨日で定演まで残り10日をきりました。これからますます忙しくなるとは思いますが、楽しむところでは思いっきり楽しみ、真面目に取り組むべきところは真剣に取り組み、定期演奏会を成功させるために頑張っていきましょう。


では!
紳士・淑女の皆様こんばんは、わさぶしです。

今日は練習があったそうですが、私は昨日のコンビニ演奏会で風邪を貰ってしまい、家で療養していたので詳しい事が全く分かりません( ´^`° )

伴奏をしてくださるピアニストの先生を及びする貴重な練習だったので、残念です。。

といった感じで今日の事については、書けることがあまりないので、昨日のコンビニさんの演奏会について書いていきます。

1ステ2ステは宗教曲で構成されていて、迫力のある、しかし余裕のある、綺麗な印象でした。3ステも外国語の曲で同じように大人びた、美しい演奏でした。



が、4ステでそれまでの流れ、雰囲気など諸々のモノが断ち切られました。

不思議、立体的、畳み掛け、熱い、など様々な印象を持つことが出来る組曲で、何かはよく分からないけど惹かれる、凄い演奏でした。

あの組曲を完全に理解でき、正しく語ることは僕の今のセンスでは到底無理なので、(そもそも理解しようとする事自体が間違っているのかもしれない。)稚拙な感想になってしまうのですが、 よく分からない抽象的な感動がありました。

CD、ブルーレイなどが発売されたら即購入して、また聴きたいです。何度も何度聴いて何かを掴みたいですねぇ。

最後のアンコールの ain't a that good news も素晴らしかったです。全てを解放した団員の熱気といいますか、聴いていて熱くなりました。(何書いているんだ、自分…)(深夜のラブレター現象)

とにかく、コンビニ、最高でした。1年生も面白かった〜と言っていましたし、来年も開かれるなら受験とか関係無しに行きたいです!

改めまして、私たち川越高校音楽部を演奏会に招いていただき、本当にありがとうございました!



では!。・*・:≡( ε:)ネルゾー!
おやすみなさい。そう思いベットに入った瞬間自分が今日の当番とすっぽかしかけていたことに気が付きました。みなさんこんにちわ、ゆうです。

今日は定演の1ステの曲を中心に練習しました。中の人は諸事情あって早めに練習を抜けてしまったので詳しい様子はわからないのですが、初めのほうはいい雰囲気でしたね。定演はステージごとに色が異なるので曲によってアプローチの仕方が変わってくるのがこの時期の練習の楽しさの一つでもあると思います。

今日は一日外に出ていたのでこんな時間の更新になってしまいましたが。上野にも足を運びまして。まぁ、目的はなく、タダの時間つぶしだったのですが。上野公園って美術館や博物館がめちゃくちゃ多いんですね。今日は時間が中途半端だったので中には入れず、その代わり各建物の入り口まで行って引き返すという一人遊びをしていました。高校に入って合唱という芸術に初めて触れてから、ほかの芸術の分野にも興味が出てきました。そんな、一つの出来事をきっかけに自分の世界が広がるってなんだか素敵ですよね。

こんどこそ、みなさん、おやすみなさい。
こんばんは、偏食です。

今日登校中にスマホで通話してる小学生を見かけました。自分の小学生の頃と照らし合わせてみると、これって結構凄いことじゃないかなと思います。僕なんか数ヶ月前にやっとスマホ持てるようになったばかりなのに、もうあの時期から使いこなしているとなると…これがジェネレーションギャップってやつですかね(言いたかっただけ)。そして何ともタイムリーなことに今日は学校でSNS等で起こるトラブルについての講演会なるものがありました。1人の短絡的な思考が多くの人に迷惑をかけることに繋がりかねない今日では、かなり重要な話題だと思います。安全を確保するために幼い時からスマホを与えることは決して悪いことではありませんが、それ以上に多くの危険性を孕むことを伝えていくべきだと思いました。

さて、今日の練習ではピアノ合わせを行いました。前回の合わせとは少し違い、第三〜第四ステージの通しを行いましたが、想像以上に体力を消費しました。入部して知ったことですが、合唱は見た目こそ派手ではないものの、ものすごく疲れます。僕も元運動部でしたが、身体を動かすのとはまた違った疲れがあります。本番を成功させるために、まず歌いきれるだけの体力をつけようと思います。

それでは
こんばんは、ラッキーです。

今日、化学の実験で、アニリンを使った実験をしていたんですけど、先生からアニリンは有毒だから気をつけてと言われたのですが、あまり気にせず実験をやっていたら、部活中に手が痺れるなあと思って見てみたらアニリンが付いていました。急いで、洗面台に行き洗い流しました。とてもびっくりしました。

さて、今日の練習は、コンクールの課題曲と自由曲の先生合わせでした。先生に指揮を振ってもらうと毎回、自分たちの弱点や至らない点を指摘されてしまい、先生に一方的に教わるという形で合わせをしてしまいます。自分たちから、こうやってみたい、ここはこうした方がいい、などを意見を出して、もっと先生合わせを有効にできるようにするのが理想なんですけどね。もっともっと楽譜を読み込まないと自分の意見というものは出てこないと思います。時間を見つけて楽譜を読み込見ましょう。

ではまた。
こんばんは! 山梨子です!

昨日で新しく加入した1年生全員の自己紹介が終わりました!
偏食、キクラゲ、ホーク
今年も個性の強そうなボーイズが加入してくれました!
これからに乞うご期待です!

さて、本日は「芸術鑑賞会」というイベントがあったので部活はお休みでした。
思えば、定期テストがあって終わってからも休み無しで部活に勤しんでいましたし、僕個人に関しては僅かながら受験に向けた勉強の方も始めた(つもりの)ため、中々ハードで息つく暇もなかったですね。
ぶっちゃけたぶん他の部員もそうだと思いますが一生懸命やっているので正直、疲れは確かにあるものの夢中で気にならないっていうのが本音です。
いやはや、夢中になると楽しかろうがきつかろうが、人間ほとんどなんでも頑張れるって言うのが人間の凄い生物システムだと思います。
何より、今夢中になれるものがある、「今を精一杯生きてるんだな」と感じられるあたり、喜びを感じます。(文学者感)

さて、話を戻して芸術鑑賞会ですが、劇団アルファーさんによる「爺さんの空」という、特攻隊を題材にした演劇を鑑賞しました。
感想としては、本当に言葉に言い表せないほど素晴らしかったです。
「特攻隊員」の祖国に対する思い、未来の日本の平和を願う思い、残してきた家族や大切な人達への思い、同じ隊の仲間達への思い、そして「死」に対する思い。
様々かつ複雑に絡み合ったこれらの思いを抱えながらも、それでも「今」を懸命に生きた特攻隊員の方々の生き様を、現代に生きる僕達に熱く訴えかけてくる内容で、とても感動しました。
僕達ってこういう戦争に関してはただ教科書を読んでヒトラーだとかチャーチルだとかの人物だとか、アウシュヴィッツ強制収容所とか原爆投下があったとかの出来事を淡々と覚えてるだけですが、そんなデータなんかでは決して知り得ない、当時は熱い人間のドラマがあったんだと、アルファーさんの素晴らしい演劇で、心から思える事ができた機会でした。

明日からまた頑張ります!
では!
初めまして。ホークと申します。本日から日記係の一員として頑張っていきたいと思います。
まず、この名前の由来ですが、私事なのですが、地元のボランティア団体(?)でタカという名前で活動していて、そこからタカ→鷹→hawk(鷹)という感じでつけました。


今日は定演のピアノ合わせを主にやりました。
組曲の合わせなどをやりましたが、なかなか揃わなかったりハモらなかったりと、大変でした。
また、1年生は楽譜にかじりついて見てる人が多くいました。(僕もそうでしたが)


家に帰ってふとカレンダーを見ると、ちょうど2週間後は定期演奏会のリハーサルであり、定期演奏会まであともう少ししかないと実感させられました。Twitterでのカウントダウンも始まり、徐々に近づいてきています。先輩達の足を引っ張らないよう、そして自分にも何か出来るようしっかり頑張っていきたいと思います。

初めての日記で見苦しいところもあるかもしれませんが、読んでいただきありがとうございます。
みなさん、こんにちは!!今日から日記係に参加させていただく音楽部一年のキクラゲでーす!(はい、拍手〜)このネームの由来は、入学式のとき、私の斜め後ろに座っていた初対面の人が私の耳を見て「キクラゲみたい」と言ってきたからです。初投稿なので見苦しい文章になってしまうかもしれませんが何とぞよろしくお願いします。


それにしても毎日毎日暑いですね〜
こうも暑いと嫌な気分になりますよね
そして私が何より嫌なのが朝学校に着いたとき、教室のクーラーがつかないことですね。そのせいで朝から上裸の同級生を見なければならないのでなんとも辛い限りです(笑)


さて、今日は定演に向けて合わせ練習をメインに行いました。私は合わせの時に他パートとの掛け合いを聞くのがとても好きなので合わせ練習がある時は心の中でガッツポーズをしてます。ですが私もまだまだ未熟者。ミスを何度も連発してしまう始末。音楽部はみんながみんなレギュラーです。誰かが少しでも気を抜いてしまえば合唱は成り立ちません。定演まで残り二週間と少し、このことを念頭に置き、どの練習も気を抜かず日々精進していきたいです!


以上、キクラゲがお送りしました。
はじめまして、今日から日記係の一員となりました偏食といいます。名前の由来は自分が極度の野菜嫌いということからです。両親に野菜食べないと早死にするよと言われながら育てられてきたので残り少ない余生で良い思い出を残せるよう努力しています。これからよろしくお願いします。

さて、今日の練習ではピアノ合わせを行いました。1年生の自分にとってはこれが2回目のピアノ合わせでしたが、やはり伴奏があるといつも以上に合唱が楽しく感じます。ただ、楽しいが故に走ってしまうなどミスをしてしまうので伴奏に負けないような演奏をするためにもまだまだ努力が必要だと思い知らされます。普段の練習でも“1年生は”といったことを言われてしまう度に自身の無力さを感じてなんかこう…ぐおおってなります。早く先輩達と同じように扱ってもらえるようになりたいです。
どうも、イブ兄です!

5日間に渡ってお送りした物語リレーがついに完結(?)したわけですが、いかがだったでしょうか?

私個人の反省といたしましては、いわゆる中二病にフルスロットルなのはまだしもちょうっと設定盛りすぎちゃったかなと。
書いてる時は非常に楽しかったですが、そこらへんは大いに反省しているでございます。
全体としては、なんというかこう、終始めちゃくちゃ感が否めませんが…。
しかしまあ怒涛の展開の連続といいますか、全体として見応えのあるものにはなったんじゃないかなと思います。
まだお読みでない方はぜひご覧ください。


さて、実は昨日から部活が再開しました。
昨日はテスト明けということもあり、恐ろしいほど疲れが取れてない感がありましたが、今日は比較的みんな元気だったので、よく眠れたんだと思いました。
今回は考査期間も集まって発声を続けていた、ということで、まだ本調子じゃないなぁという人も、感覚が戻るのは割と早いんじゃないかなと思います。
歌い続けて、なるべく早く戻していきましょう。

なんだかんだでもう定演まで1ヶ月を切っています。 油断していると、あっという間に過ぎてしまうので、ここからしっかり練習していきましょう。


えー、ここで大事なお知らせです。

明日の日記から1年生が加入します!
日記係のNEWフェイス、お楽しみに!!
では!
おはようございます!わさぶしデス。
昨日の夜は寝落ちしてしまって書けなくなってしまいました申し訳ございませんでしたm(_ _)m
それでは、ラストいきます!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジョージ「たけし…お前、大丈夫か?」

ジョージは様子のおかしいたけしに声をかけた

たけす「ん?俺はいつも通りだが?」


ジョージ「ならいいんだ、ていうか作者!たけすってなんだよ!誤字ってんじゃねー!」


たけす「あ、本当だ!何しやがる!-クソ作者!-」


ガリクソン「辞めろよお前ら!!いくらカメラが回ってないとはいえ、読んでくれてる人に舞台裏がバレたらまずいだろ!」

そう、これは舞台裏の話である。

ジョージ「ていうか、なんで急にエセ=ギャグ漫画みたいな展開になってんだよ」


たけす「どうにも真面目な展開が苦手な作者が耐えきれなくなったらしい」


ガリクソン「他の日記係が書いた小説を読んで、『なんでみんなふざけないんだ…もっとふざけろよ!!』って毎回言ってたらしいぞ」*1

*1・・・実話


ジョージ「まじかよ…ヤバすぎだろアイツ…」


ガリクソン「なんか、ゲームにも飽きたし外で遊ばないか?」


2人「お、そうだな」

そういって、3人は近所にある公園に向かった。

ー公園にてー

ジョージ「おい、ガリクソン!そっちにボール行ったぞ!」


ガリクソン「ヘゴチン!」

ガリクソンはボールが頭に当たり倒れた。倒れ方からしてかなりの重傷を負ったと思われるが…

たけす「大丈夫か!?ガリクソン!この後撮影あるんだぞ!」


ガリクソン「もう、俺はダメだ…俺を置いて先に行ってくれ…」


ジョージ「ここぞとばかりにセリフの練習すんな!」


ガリクソン「ハイ…」

ー3時間後ー

監督「よーし、始めるぞー…3・2・1、」





3人「俺達の冒険はこれからだ!」

ー完ー


監督「お疲れ様でした。解散。」


ジョージ「ふぃ〜、やっと終わったな」


たけし「あぁ、大変だった。」

ガリクソン「俺達の冒険はこれからだ!ってなんだよ、まるで打ち切りじゃないか…!」

3人「HAHAHAHA」

バリン!
突然、建物内からガラスの割れた様な音がした。
その直後、雄叫びや人間のモノとは思えない悲痛な叫び声が聴こえてきた。館内に不穏な空気が漂い始める。


たけし「どうしたんだ?なんだか外が騒がしいぞ…?」

何人かのスタッフが建物内を慌ただしく走っている。

ジョージ「何があったんですか!?」

スタッフ「大変だ!こんなクソ展開に怒った日記係と一部の視聴者が襲撃してきたぞ!」


ジョージ「( 'ω')ふぁっ!?」


暴徒と化した日記係「おいこら!わさぶしは何処だ!出しやがれ!」

スタッフ「ひぃぃぃ〜〜〜!知りません〜〜〜!」


ガリクソン「俺達、なんか変な事に巻き込まれたらしぞ」


たけし・ジョージ・ガリクソン
「勘弁してくれ〜〜〜〜!」

ー今度こそ完(打ち切り)ー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ハイ。反省してます許してください。
以上で今回の企画は終わりです。こんなクソ展開にありがとうございました!

こんにちわー!ゆうです!
物語リレー、4日目です。なんだかテスト勉強よりも難しいことをしている気がします・・・。

----------------

「まさか、こんなところにいたとはなぁ」

隕石のようなもの、それが仲間の戦闘機だったことに俺は安堵した。

「ガリクソン、来てくれたのか。どうしてここがわかったんだ」

「どうしてってそりゃ、、、だって俺たち親友だろ」

ガリクソンはクーデターを起こそうとしている俺たちを最後まで引き留めようとしていた。どうやら俺たちが国からの追手から逃れられたのもガリクソンが裏で手を回していたらしい。

「一国の英雄がこんなところでくたばるなんて、そんなことさせられねぇよ。こんなことさっさと抜け出して〈ユートピア〉へ行こう」

そうしてジョージと三人で〈ユートピア〉 へ向かうことになった。



ガリクソンの戦闘機に乗り込んだ俺は目を疑った。まさか、こんなことが・・・。

「忘れもんだぜ」

そこには夢で見た七色に光る剣、インフィニティスターが。

「おい、ガリクソン、どこでこれを、、、」

「お前らが出て行っちまった後に空からこいつが降ってきてな、なんだかこいつをお前に届けなきゃならねぇ気がして、こうして来てやったのさ」

頭が混乱しているうちに3人を乗せた戦闘機は〈ユートピア〉の入り口に着かんとしていた。しかし、ジョージだけは一抹の不安を感じていた。

(たけしの様子がおかしい気がする、まるで別人になったようだ・・・、インフィニティスターのせいなのか、、いや、気のせいなのか・・・。)

-----------------

今日はここまで。かなりのキラーパスになった気もしなくないのですが・・・。明日で最後です、お楽しみに!!

こんばんは、ラッキーです。

今日は物語リレーの3日目です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ゴォォォォォォォ………

「おい起きろ、たけし!!寝たら死ぬぞ!!」

「はっ…!」

(俺は今寝ていたのか…?)

ということは今までのことは全部夢だったということか、そう思って辺りを見渡ししてみると、自分の体が寒さで震えていることに気づき、ここは雪山だったと思い出し、目の前の男を見た。

「おいおい、お前にこんなところでくたばってもらっちゃ困るんだよ。もう俺たちは普通の生活には戻れないんだからな。」

そうだ、思い出した、俺はこの目の前の男、ジョージとクーデターを起こして失敗してしまい、国から逃げている最中だった。


「すまない。こんな雪山には流石に追手は来ないだろうと油断していた。ジョージが起こしてくれなければ死んでいたかもしれない。礼を言う。」

「いいってことよ。それにしても、国内でたけしと言ったら【無敗の戦士】として、名を馳せていたのに最後が雪山で寂しく凍え死ぬなんて、誰が想像できただろうな?」

そう言ってジョージは心底可笑しそうに笑った。

「おいおい、笑い事じゃ済まないぞ?雪山に来たのはいいが早く抜け出さないと食料がなくなって本当に死ぬことになるぞ?」

「そうだな。この雪山を超えたら、幻の大地と言われた【ユートピア】に着く。それまではちょっとの辛抱だ。」

その時だった、空から隕石のようなものが落ちてくるのが見えた。
俺はあれを見たことがある!!!!!

「あ、あれは、まさか……!」

「おいたけし!あれを知っているのか!?」

(どうしてあれがこんなところにあるんだ!そもそも存在していたのか…?)

「ああ、あれは《スターズダイアラー》のかけらだ…。」

まさか、あれは夢の中の話じゃなかったのか?

「おいたけし!混乱するのがいいが、あれがこっちに向かって来てるぞ!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ということで、今日はここまでです。このあとどういう展開になるのか楽しみですね。

ではまた。
こんばんは 山梨子です
リレー2日目というなんとも難しい立ち位置に、なんとも難しい内容で、テストはいろんな意味で終わってて大変ですが、続きをどうぞ


-宮殿にて-

「久しぶりだな、国王。
呼び出して何の用だ?」

「来たか…。スターダイアラーよ。 ヌシに頼みたいのは他でもない、我が軍に加わってもらいたい。」

「良いのか? もし俺の右目が一度覚醒すれば辺り一面、そうだな…王都第7区まではほぼ何も残らんぞ?」

「苦肉の策じゃ。」

「わかった、 このスターダイアラー、リーバクロス軍に加勢しよう。」

「それは良かった、これでデュークムも…」
ドォォォォォォォン!!!
「な、何事だ!?」

「…お………い……! し…!……たけ…し! 起き……ろ! おい!たけし! 起きろ!」

さぁ今回はここまでにしておこうと思います!
短い! 物足りないぞ!と思ったそこの貴方!
安心してください、次回からもしかしたら急展開かもです!?
お楽しみに~
どうも、イブ兄です!

それでは今日から考査期間中の企画第二弾!
ということで、
【日記係による物語リレー】です!
どうぞ!


・・・


-リーバクロス王国
-聖陽暦680年

「陛下! 国王陛下! 魔王デュークム軍との闘いは日々苦戦を強いられております! このままでは、隣国ユーラストワに続き、我が軍までもが全滅してしまいます!」

「むう…。仕方あるまい。かの者をここへ。」

「まさか、彼を!? 殿下、正気ですか!?」

「ああ…。星と繋がりし者《スターズダイアラー》をここへ!」


-とある場所
俺の名はたけし。
またの名を神々の国より堕天せし者《ゴッドオブエクスプルージョン》。
そして、星と繋がりし者《スターズダイアラー》。
この右眼には過去に封印した力が眠っているが…まあこの話は置いておこう。
訳あって今はたけしと名乗っている。

俺は日々闇の軍勢《ダークネスダイアフラム》との闘いを繰り広げている。
魔王デュークムに連なる組織だが、デュークム軍とは異なるものだ。
デュークム軍が表向きの対人間界組織であるのに対し、ダークネスダイアフラムは世界の裏に潜み、ありとあらゆる国家を内側から破壊しようとする組織だ。

しかし、この組織に気づいている人間は少ない。奴らは人間に擬態し、見た目や行動では全く判断できない。
奴らを見抜ける者はこれまでいなかった。
そう、スターズダイアラーであるこの俺を除いては。

俺の武器はインフィニティスター。 七色に光り輝く剣だ。
ゴッドオブエクスプルージョンである俺が人間界に堕ちた時、そばにはインフィニティスターがあった。
天界に生まれた俺は、幼少の頃ダークネスダイアフラムの1人に唆され、とある契約をしたことによって人間界に堕ちた。その時に俺の左眼は闇とそうでない者を見分けることができるようになったんだ。

そしてこの右眼は…おっと、どうやらリーバクロス王から直々に呼び出しのようだ。
やれやれ、今回はどんなお頼みなのか。

それじゃ、この話はまた今度。


(続く)
・・・

敢えてのこの内容、いかがだったでしょうか?(笑)
ここから先の日記係がどんなお話にしてくれるのか楽しみです。
それでは、書いてて今までにない楽しさを感じたイブ兄がお送りしました〜。


こんにちわ!ゆうです!!

夏と言えば!!!
毎年恒例に行っていることがないので夏と言えばこれ!と言うものはなかなかないのですが。唯一毎年欠かさずに行っているのは自治会の夏祭りくらいですかね。決して大きくない公園で行っているのですが、自治会のソフトボールチームの方に知り合いが多いのでよく話したりします。かき氷が一杯30円で食べられるんですよ。大きくない自治会ならではだと思います。焼きそばを作るときは3人くらいで大鉄板を囲んでスコップを使って混ぜるんです、もちろんそれ用のね。その昭和香ると言うか、ジャンクさがまた好きなんです。

あとは、近所でやっている七夕祭りもよく行きますね。日本三大七夕祭りに入るらしいのですが、マイナーな気がしてならないです。人が多いなぁとは思いますが、地元の中高生で溢れかえっています。自分はあまり露店とかが好きではないので祭りの雰囲気を感じて歩き回るだけなのですが、地元の友達に会うととてもワクワクします。よく考えてみれば、そこ以外ではあまり会う機会がないので、お祭りならではの楽しみです。

明日からは新しい企画が始まりそうですよ。それでは、おやすみなさい。