どうもっdragon5です!

今日は球技大会でした!

私はソフトボールをやったのですが、教員チームに勝ててうれしかったです!!

さて、今日は部活がありませんでした。
明日も球技大会なので今日は早めに寝て疲れを取りたいですね。
ということで今日は短めに。

球技大会でも部活でも勉強でもそうだとは思いますが、
なにごとも情熱を入れて熱心に。

これ大事だと思います。
部活に関しても、いろいろいろいろいろいろいろいろ変えなければならないことはいろいろいろいろあると思いますが、
忘れてはいけないのはパッションですよね。
「やってやるぞおお!」っていう、エネルギー。
球技大会では勝敗が明確につくので、改めてそういうところの大切さに気づきました。
部活でも活かしていきましょう。

なわとび!!

それでは、明日も頑張りましょう!
絶対勝つぞ!!
スポンサーサイト
こんばんは、ラッキーです。

今日も天気が良く、日差しが強くて、もうすぐ夏なんだなぁと感じてきます。ついこの間までは、Tシャツの上に何か羽織らないと寒いと思っていたのに、季節が巡るのは早いですね。そんな暑い中で、テスト返却という地獄がありました。皆さんはどうでしたか?音楽部では、下位30%に入ると、罰掃除やら罰筋トレがあるので、気をつけましょう。

さて、今日の部活は、来週の松山女子高校音楽部の定期演奏会の招待演奏に向けての練習をしました。一年生は初めてのステージなので、一緒に合わせをしていたのですが、これまで、周りには先輩しかいなくて、教えてもらう立場だったのが、同じパートの後輩に気を使い、時には教えてあげなければいけなくなりました。これは、とても難しく、それを普通にやっている先輩達は、やっぱりすごいと再認識しました。

そして、その後一、二年だけで、くすのき祭の練習をしました。去年は、夏休みの後半に急いで練習してなんとかものにしていた感じがしていたので、この早い時期からやるのは良い判断だなと思いました。

話は変わりますが、明日は球技大会です。1位を狙って頑張るのはいいんですが、応援に熱を入れすぎて、喉を枯らすということがないようにしてください。

ではまた。
こんにちは!地雷犬です!

テストも終わりまして、いろいろなことが押し寄せる時期となりました。
みなさんいかがお過ごしでしょうか!私は元気です。モリモリ!(乾いた笑い)

本日の部活はお出かけしまして、混声合唱の練習です!
男声合唱の練習ではありません。

もし、自分の合唱団が混声合唱だったら面白いのに…と思います。
混声合唱なんて、中学校の時からやってませんからね。こう、ソプラノ、アルト、テノール、バスがいるのって、巡り合った奇跡!みたいなね。感じしますよね。

さてはて、またもや本番が立て続けにありますね。すごいですね。今週末の日曜日にはなんと東松山市民文化センター大ホールで歌い、その次の週末にはさいたま市民文化センター大ホールで歌い、こう本番が多いと、場慣れの機会なのかなぁとも思います。遠くのようで実は近い、ウエスタ川越大ホール、そして再びのさいたま市民文化センター大ホールの舞台を夢見て…ですね。

一つ一つの機会を大切に、そしていいものと出来るように、パフォーマンスを磨いていきましょうね!

気がついたら朝になっていた地雷犬がお送りしました。
こんにちわー!ゆうです!

今日は松女さんの定期演奏会のリハーサルにお邪魔させていただきました。東松山のホールは自分の初舞台の場所でもあるのでなんだか懐かしい感じがしました。そう、感傷的な気持ちに。混声曲や川高の曲を聞いて、聞いている方がなつかしいなーとか、何とか思っていただけるのならば、それ以上の喜びは無いわけです。ステージに立つときには何も考えずに、心の赴くまま歌うことが理想になるわけです。そのためには事前の地道な下準備が必要なわけで、今の部活にはそれが欠如しているのではないかと。努力はいつか何らかの形で自分に返ってきますね、プラスにもマイナスにも。今頑張っておけば後々いい事があるって!そう考えると今週一週間頑張れる気がしませんか?ということで限られた日数、詰められるところまで詰めましょう

個人的な考えなのですが、忙しいと思ったら、忙しいを理由にして怠けてしまいますよね。だったら、ある程度忙しい状況を基準として考えればいいのではないのかと。音楽部っぽく言えば「移動ド」的な考え方です。自分はこの考え方で乗り越えられた経験があるのでみなさんもぜひ。

明日から5月最後の週です。頑張りましょう。
どうも、イブ兄です。


怒涛の中間考査も終わり、部活も復活! ということで、昨日に引き続きテスト前の復習を中心とした練習となりました。
長期間部活が無かった分、忘れていたり、曖昧になっている部分が結構多く見受けられました。
男声合同が終わったとはいえ、松山女子高校さんの定期演奏会や合唱祭など、様々なイベントが続きます。1年生にとっては初舞台となります。
初めは難しいかもしれませんが、あまり硬くなり過ぎず、それなりの緊張感を持って臨むことを意識してくれれば良いのかなと思います。

まだ1週間先ですが、途中に球技大会を挟むので部活ができなくなり、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
学年を問わず、本番前の意識を保って取り組みたいですね。


ちょっと短めですが、睡魔が私をベッドへ引きずり込もうとしているので、このへんで。
ではまた次回。
どうもっdragon5です!


今日はやっとテストが終わりました!

皆さんお疲れ様でした!1年生にとっては初めてのテストでしたね。どうでしたでしょうか。
高校のテストは、中学校に比べて科目数が多いことと、川高の場合は4日間に別れて実施されるので、1日あたりに実施される
科目が少ないですね。もっとも、このあたりは高校によって差があるようですが。
さて、そんなテストも終わり、今日は皆さんリラックスといったところでしょうか。

部活の方では、早速いろいろと活動していきました。
課題曲等コンクールに向けての練習はもちろん、直近に控えた松女さんとの混声曲も重点的に練習しました。
また、テスト前に無事終了した男声合同(ご来場くださった方ありがとうございました。)の振り返りも行いました。

きちんと振り返る。たいせつですね。

さて、今日は皆さんしっかり休んで、テストで疲れた頭と体調をリフレッシュしてくださいね!


それでは明日も元気に活動していきましょう!

ちなみにタイトルはアイルランド語で「おはよう」 だそうで。
こんばんは、ラッキーです。

今日は中間考査3日目でした。ということで明日で中間考査は終わりということなんです。
しかしッッッ………!!!
安心することはできないのです…!
なぜなら、待ち構えているからです!!
そうッ、英語という悪魔が!!!!

時は3月。学年末考査の英語で、すずめの涙にも満たない点数を取ってしまった少年は、悪魔の末裔(英語)に打ち勝つために、約3ヶ月の修行の末、再戦を決意したのであった。 〜It continues〜

というおふざけはここくらいまでにしておいて、「好きな食べ物」についてですね。僕はオムライスが好きです。
オムライスといえば、あのマグマオーシャンのように熱く、赤いケチャップライスに、き◯らのお布団をかけた食べ物で、きっと日本人で、子供の頃に食べたことない人はいないんじゃないかっていうくらいのメジャーで、作り方も人さまざまで、自由度が高い食べ物です。僕はよく、ケチャップライスにミックスベジタブルを混ぜ、それを卵でとじるという作り方をしています。こういうお手軽な作り方ができるのもオムライスの魅力の1つなんです。
皆さんも、試行錯誤を繰り返して、自分に合うオムライスを作って見てはどうでしょうか。

明日のテストのために英単語を頭に叩き込まなければいけないので、今日はここまでということで。

ではまた。
こんにちわー!ゆうです!
更新が遅くなって申し訳ありません💦

もうテストも折り返しを迎えまして、残すところあと半分となりました。テスト嫌だなーとかと前までは思っていたのですが、最近では早くに帰宅できることの幸せを感じております。まあ、勉強しなくてはならないのですが。明るいうちに帰ると駐輪場で自分の自転車を探すのがうんと楽になります。いつもは、あれ?どこに置いたっけな・・・と5分くらい迷っていた時間が節約できるようになりました。そして、その節約した5分でほかのことができるわけです。何をしようかを思い、真っ先に思いついたのが休憩だったわけです。静かに目を閉じ、背中を足を地面と平行にして、頭を真っ白にするんです。そうするとあら不思議、さっきまで明るかった室内があっというまに真っ暗になっているではありませんか!そうなると今度はロスした120分ほどの時間を必死に取り戻さなければならないわけで。これが日記の更新が遅れてしまった言いわけです。

では企画のほう!好きな食べ物ですか。
フルーツ系は大体好きです。イチゴとか、なしとか、ブドウとか。あと、トマトも好きです!全体的に言って、丸くて甘い食べ物が鉱物な気がします。
逆に私、お恥ずかしながら苦手なものが多くて・・・。野菜類はほんの前までダメでした。サラダはいまでも苦しいです。生野菜とドレッシングの味がどうも好きになれないんです。あとは全体的に白いものは苦手なものが多いです。牛乳とか、マヨネーズとか、ドレッシングとか・・・。
苦手なものが多いと外で食べるときに苦労するので一つでも多く克服したいなと思っております。

では、学問に戻ります。
こんにちは!たてがみ雄々しい地雷犬(じらいねこ)です!ホーホケキョ!チーズが大好きだチュー!

さてはて、物語リレーという先進的な試みが終わりましたが、いかがでしたでしょうか。個人的なはかなりぶっ飛んだなぁという感想ですが、まあ、川高グリーの日記がこの世に存在して、ほぼ毎日更新してますよーということを知ってもらえるのが何よりの幸せです。もしおヒマでしたら、いつもの日常ものぞいて見てくださいね。もうちょっと文体は硬くなってしまいますが。

さてはて、好きな食べ物ということで、何かな…と思いを巡らせてみましたら、まあたくさんあって絞りきれないですね。ご飯を食べるのは大好きですし、お菓子だってパンだってなんでも食べます。ですが、一つだけ上げてみますと、おせちに入っている錦卵が大好物です。何のことがわからない人も多いかと思いますので、作り方を書き記しておきますね。

卵を固茹でにします。
殻をむいて、白身と黄身に分けます。分けてそれぞれをすりつぶし、スプーンで裏ごしします。
両方に大量の砂糖や片栗粉、塩をいれて混ぜます。
蒸し容器に黄身、白身の順番にならして入れます。(この時黄身は多少残しておく)そして、蒸しあがったら、冷まして残しておいた黄身をかけます。

できあがったら、しっかり冷蔵庫で冷ましておくと形もしまって味がしっかり出ますよ!

検索すると画像が出てくるんですね。最近のパソコンは便利ですよね。

お正月にこれまで二回作ったのですが、どちらも満足できる出来ではなくて、道は遠いなぁと思いました。高級品ばっかりしか売っていないので買うとすごい高くついてしまうので、錦卵職人に俺はなる!


ちなみにウニは好きではありません。
以上、地雷象でした。
どうも、イブ兄です。


なんだかんだで中間考査1日前になりました。
明日からまた地獄のような日々が始まるわけです。
地獄といえば、最近暑いですよね。地獄の業火って感じで。あぁ、あれはもうちょっと熱いですかね。火ですもんね。熱いですよね。
それはそうと、2年生になってからというもの、私の中でテストへの危機感がかなり薄れてしまったように思います。
以前よりも焦りが無くなったと言えば聞こえはいいですが、実質何もしていないようなものなので、
あちゃー、やっちまったー、どうしよー
と現在進行系で思っているわけです。


こんな時は好物でも食べたいなぁ。
というわけで、「好きな食べ物」のコーナー
私は、チョコクロワッサンが大好きです。
チョコレートをクロワッサンで贅沢に包んだ幸せな食べ物。
シンプルだけど素晴らしい発想力だと思います。
味のバリエーションにも富んでいますし、チョコレートなど、店舗によって結構味が違ったりするのが面白いですね。


いやしかし、勉強って大変ですよね。
やるもやらぬも自分次第。
テストは無慈悲にやってきて、現実を自らに叩きつけ、少しの向上心を宿らせようとも、また同じことを繰り返してしまう。
そのループから抜け出す人間と抜け出せない人間の差とは何でしょうか。
明確な答えなんて無いんでしょうが、結局は続けた人が勝つんだろうと思います。
投げ出さず、諦めず、続けた人が最後には勝利するのでしょう。

そう。 きっと今からでも遅くない(はず)。まだ間に合う(はず)。
だから頑張れ。勉強しろ、僕。
では。

どうもっdragon5です!

現在原因不明の胸の痛みに襲われておりますが、なんとか更新しています!
早く寝て健康を取り戻さないと、テスト終盤戦に体が持たなくなりそうです。

さて、今日は灼熱の一日でした。太陽はこれでもかと言わんばかりに照り、ちょっと外に出るだけで汗かいちゃいますね。
ただ、今日は小一時間ほど木陰のベンチに座りながら勉強していたのですが、案外日陰は暑くないですね。
直射日光は真夏と遜色ありませんが、風通しはまだ春が残っている感じでしょうか。

さて、天気のくだりでだいぶ行数を稼いでいる気がしますが、今日の話題へ。
ところで今日の話題ではないのですが、昨日の日記を持ちまして日記係の新企画「物語メドレー」が無事(なのかどうかは分かりませんが)終了しました。いかがでしたでしょうか。
今まではテスト期間はSNSなどを通じて話題を募集していたのですが、それにもネタ切れの兆しが見えまして、実は私が提案させていただきました。
提案したときは楽しみだったのですが、これがいざ自分でほぼ0からストーリーを組み立てていくというのはなかなか難しい体験でした。どの程度ふざけていいのかとか、越えてはいけないラインを考えることとかが非常に気をつかいました。ブログやSNS等の不特定多数の方に見ていただく可能性がある場合では、やはりしっかり考えて発信することが大切だと改めて認識しました。
まだまだテストは終わりませんが、部活の方でも、そういった線引きは重要だと思います。
例えばこの部活日記でも、毎日丁寧語がちがちの超かしこまったような文だけの投稿しかないようであれば、全く面白味のないものになるでしょうし、逆に節度のない発言や利己的な表現は読者の方を不快にさせてしまう恐れもあります。
川高生であればおおよそそのような線引きはできると思うので、部活の方でも、楽しむときと真面目に取り組むときのスイッチをしっかり身に着けてください!


なんだか指に任せてキーボードを打っていたらえらく真面目なかんじの内容になってしまったと思います。
ただ、前回の投稿が幾分はっちゃけたような投稿でしたので、バランスが取れたのではないかと思っています。
さて、テスト期間もいよいよ終わり、ついにテストの日が2日後に迫りました。
いままでのんびり物語を書いていた日記係も、危機感と多少の絶望感と睡魔、これに立ち向かっていく時が来ました。
しばらく記事が薄くなってしまうかもしれませんが、ご了承ください。


そういえば今日から新しいお題「好きな食べ物」になったようで。
完全に忘れていました・・・・・。

「アメリカンドッグ」




ではでは。
こんにちわー!ゆうです!
ハラハラドキドキの最終話は私が書かせていただきます。長くなってしまいますが、ご了承ください。
~~~~~~
前回までのあらすじ

合唱部に所属しているゆみ子とユウタは文化祭のことで喧嘩をしてしまう。ところが、あんなことやこんなことが起こった後で図書館で一緒に勉強をすることになったのだが、ユウタの突然の告白にゆみ子は動揺を隠しきれない。
~~~~~~
ユウタ 「好きだよ!!!」
ゆみ子 「「え??」」
ユウタ 「いや、、だから、、。好きだよって言ったんだよ、、、」

ユウタからそのセリフを聞いた瞬間、私の中の時間が止まった。言葉の意味を理解するのにもすっごい時間がかかったんだから!イミわかんないんだもん。あまりにも私が固まっていたせいなのかしら、それとも急に恥ずかしくなったのかしら、ユウタは私に「ごめん、やっぱ俺帰るわ」って言い残して足早に帰っていっちゃった。
もぉ、図書館に一人取り残された私に身にもなってよね!ヽ(`Д´)ノプンプン
でもやっぱり帰り道ではユウタのこと考えっちゃったりして。(やっぱり言われちゃったからには返事をしなきゃいけないのか~、やばか~)でも、さっきいやな気持がなかったのはなんでなんだろう?もしかしてわたし、、喜んでるの、、、?ユウタと付き合ったらどうなるんだろ、、、。

・・・その日の晩のことは皆さんお察しの通り、ゆみ子の眠れない夜が訪れます。ゆみ子はいろいろと妄想(ユウタと付き合った時の脳内シミュレーション)をしてみますが、答えはそうたやすく見つかるものではありませんでした。一方のユウタも、緊張が抜けない日々を送っていました。ゆみ子と会っても、あいさつも、目さえ合わせてくれない。そんなことになるんだったら、あんなこと言わなきゃよかった。次第にそんなことを考えるようになりました。そうこうしているうちに7月の文化祭の日の朝になりました。さて、ゆみ子はどんな様子でしょうか・・・

「神様、どうか私に力を貸してください」ゆみ子は通学路の神社で合掌をしていました。(今日こそはユウタに返事をしなくっちゃ!私はやるって決めたら強いんだから!!)そうはいっても、やっぱり気が重いなぁ。あ、いけない!弱気になっちゃだめ!よし、部活のこと考えて気を紛らわしちゃおう!あれ、なんだか気分が楽になってきた!!私って天才なのかも!?

一方ユウタはと言うと・・・・・・

よし、落ち着け俺。今日の文化祭は目いっぱい楽しむって決めたんだ。ゆみ子のことはちょっと気になるけど、メイド喫茶を楽しむんだ!でも、ちょっとはゆみ子のこと心配だな。いつになったら返事くれるんだろう。もしかして、俺、嫌われちゃったかな・・・。ああぁ、どうすればいいんだぁ。

・・・この二人、朝から大丈夫でしょうか。文化祭のほうはというと、部活ではゆみ子がリーダーシップを発揮し、会場満員になるほどの大盛況となった。一方クラスのほうではユウタの神対応が話題となりこちらもまた大盛況となった。ところが、そのおかげでユウタはほとんど部活のほうに出られなくなってしまった。そして文化祭が終わり、出し物ランキングでは合唱部は惜しくも2位だった。片付けの作業中に、偶然ゆみ子とユウタの目が合ってしまった。

落ち着け私。ゆみ子「ユウタ、お疲れ様。メイド喫茶、すごかったね。」
ユウタ「お、おう。ありがと。ゆみ子のほうこそ合唱部すごかったな。お疲れ様」
ゆみ子「あのね、話があるの。この前の返事」
ユウタ「う、うん。いいよ。なに?」
ゆみ子「私ね、ユウタのこと、、、嫌いじゃないよ」
ユウタ「え・・・?」
ゆみ子「でも、好きなのかもわかんない。だから、もっと時間がほしいんだなっ」
ユウタ「そっか、、、」
ゆみ子「今日のユウタ、かっこよかったよ。バリバリ働いてたし、ちょー優しかったしね。だから、ちょっと見直した。ほんとは、家を出たときはユウタのこと、思いっきり振ってやろうって思ってたんだからっ!そりゃ、部活に顔出さないのはどうかと思うけど。でもかっこよかったから許したげる♥それと、今日頑張ったご褒美に、来週の花火大会、ついて行ってあげるっ!」

こうしてゆみ子とユウタは仲直りをし、いつものように仲睦まじい様子で帰路についたのでした。

THE END


・・・・・・
やった!やっと完成したぁ~!あ~あぁ疲れたぁ(^^;)。でもこのラブストーリーは自信作なんだから!今度こそ絶対に編集長に認められるはず!!!そうすれば少女漫画家になる夢はすぐそこなのだっ!

そう、この作品こそが、少女漫画家界の大御所、まいんちゃんの原点だったのだ。

めでたしめでたし。
どうも、イブ兄です!
本日は私がお話を書かせていただきます!


〜前回までのお話〜

合唱部に所属するゆみ子とユウタは文化祭のことで喧嘩をしてしまう。
翌日、2人の態度や性格は急変し、色々あったりなかったりゆみ子が天から降ってきたりして、最終的にテストのため学校近くの図書館で一緒に勉強することになる。なるのだが。。。



・・・


ゆみ子は激怒した。

必ず、かの邪智暴虐のユウタをなんとかせねばならぬと決意した。
ユウタには女心がわからぬ。
ましてや、昨日喧嘩したばかりのゆみ子が自分と一緒に図書館でテスト勉強しているという話の流れの不自然さなどは、理解できるはずもなかった。

きょう夕方、ふたりは学校からほど近いこの図書館へとやって来た。
ユウタには彼女が無い。この世に生を受けてからというのもの、そういった類のものができたことは一度も無い。
ユウタは決して女子からの人気がないわけではない。顔はどちらかと言えばイケているし、性格も決して悪くはない。
しかしその性格に若干の問題があった。悪くはないが良くもないとは言い得て妙である。彼が有する必要以上のひょうきんさ、全体ではなく、自分が好きなものを優先する傾向、そして何より人並み以上の鈍感さが女子のハートを「ガッ」と掴み「ショウリ」することの無い彼の大きな原因であった。


時刻は1時間前に遡る。
ふたりが図書館での勉強を始めてから既に3時間ほどが経過しようとしていた。
昨日のことなんかまるでなかったみたいに、ふたりは淡々と勉強を進めていた。
時折、ユウタがわからない問題に出くわすと、ゆみ子が優しく丁寧に教える。
その度、ユウタは照れ臭そうに笑って
「ありがとう」
とゆみ子に感謝を伝える。
そんな時間が長く続いた。
あるいは、ふたりにとってはあっという間だったのかもしれない。
図書館の中なので、周りはとても静かだった。
自然と、ふたりの会話も小声になっていく。
「なんだか、ないしょ話みたいでちょっとドキドキするね」
ゆみ子は柔らかな笑みを浮かべながら、ふと思ったことを口にした。
囁きにも似た小さな声だった。
ユウタはゆみ子のその突然の行動に驚きを隠せなかった。
「そそそ、そうだね!」
なんて間抜けな返し方をしてしまう。
(あれ、なんだろ、この気持ち…)
ユウタの中で何かが芽生えようとしていた。


ゆみ子は悩んでいた。
(ほんとに、なんでこんなところ来ちゃったんだろ。私だってちゃんと自分の勉強しないといけないのに。なんでユウタのことなんか…。)
ふと横にいるユウタに目をやると、彼は教科書に書かれた問題とにらめっこしながら、小難しそうに頭を抱え、うなだれていた。
ゆみ子が横から解き方を教えてあげると、ユウタは一言お礼を言って嬉しそうに問題を解いていくのだった。
(もうこれで何回目だろう…。でもどういうわけかほっとけないんだよね…。
ま、教えてあげた時の反応は面白いし、しばらくこのままでいっか。)
ゆみ子はユウタに芽生えつつある何かに気がつき始めていた。

勉強を始めてからかなりの時間が経った。
ふたりの間の距離はかなり近づいていた。
(今なら、昨日のことをちゃんと謝れる気がする。)
ゆみ子はそう思って話し始める。

「そういえば、昨日の話だけど…。」

「ん?ああ、俺、やっぱりメイド喫茶出たいんだよね。なんていうか、自分に正直でいたいっていうか?的な。」

「え、ちょ、え?」

「ゆみ子とか、他のみんなには悪いんだけどさ、やっぱりクラスの方に出るわ。」

ゆみ子はユウタの身勝手さに身震いを始める。
そして、ゆみ子は激怒した。

「信じらんない!最低!!」

「ユウタなんか、ユウタなんか…」
ゆみ子の中から感情が溢れ出す。

「好きだよ!!!」

「「え??」」


・・・


かなり長く書いてしまいました。
太宰治先生の「走れメロス」から引用させていただいた部分がありますが、決して馬鹿にしているわけではありません。リスペクトです。
どうかあたたかい目で読んでくださると嬉しいです。

明日はいよいよ最終話!楽しみですね!
では!

どうもっdragon5です。第3話は私が書きます。

〜前回までのあらすじ〜

ゆみこは合唱が好きで、混声合唱を部活でやっている。文化祭で行う部活の演奏の成功に向けて日々頑張っているが、同期の部員のユウタはクラス企画に夢中で部活の準備に参加しようか迷っている.......


・・・


「おはようユウタ。テスト勉強はちゃんとやってる?」

俺がゆみ子に挨拶をすると、彼女はそう言った。
そうか、今はテスト期間なのか、全く知らなかった。
幸いゆみ子はあまり怒っていないようだ。

「テスト勉強をちゃんとやっているだろうか、いや全くやっていない。」

「あな いみじ、テスト期間は部活がないんだからしっかり勉強しないとだめじゃない。テストで悪い成績をとったら、罰掃除があるって部活の先輩が言ってたわよ。」

.....そんなものがあるのか、それは大変だ。罰掃除にならないように、しっかり勉強しないと。

そんなこんなで今日の授業は終わった。


文化祭のことは、どうしようか迷うけれど、取り敢えず今はそんなことを言ってる場合じゃないな。勉強しないと!

でも、面倒くさいし、家だと集中できないなぁ....。部活の友達は最近みんな塾に通い始めたし....
「「俺は最近高校の近くの図書館で勉強してるよ!」」

たしか合唱が大好きな部活の先輩がそんなことを言っていた気がする。
図書館なら集中して勉強できるに違いない!よし、行ってみよう!


こうして学校を出て、近くの図書館まで勉強しに歩いて行くことにした。


図書館までの道中空からゆみ子が降ってきたので、一緒に勉強しに行くことになった。

図書館は想像よりも小さく、なんだか伝統的な雰囲気を纏っていた。俺らが通う山の上高校は、江戸時代に宿場町として栄えた伝統ある街なので、今でも街の随所に古風な日本家屋が見受けられる。
「What a classical library!この図書館は合掌造りの家だわ。」
「Excuse me but ....合掌造り?」
「Yeah.合掌造りっていうのは日本の伝統的な建築様式の一つで、45~60度の急勾配の屋根が特徴の茅葺屋根でできた家のことなの。豪雪地帯での雪下ろしの作業軽減や水はけのために屋根が急に作られているのよ。」

なるほど。そういうことなのか。さすがゆみ子、なんでも知ってるんだなぁ。(詠嘆)



さて、そんなこんなで合掌造りの図書館に入り、俺はゆみ子と一緒に勉強することになった。

この時俺たちはまだ、これからとんでもないことが起こるなんて、知る由もなかった.....。

次回、2人の身に一体何が起こるのか!?
乞うご期待!!




・・・


執筆にあたって以下のサイトを参考にさせていただきました。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/合掌造り


稚拙な文章お読みいただきありがとうございました。きっと次回は私より素晴らしい物語が更新されると思うので、これからぜひ読んでいただければと思います。

こんばんは、ラッキーです。

テスト週間に入りましたー。わーいわーい。
ということで、チキチキ書いていきましょうか。

【お題:ガッショウ(変換可)を1回は入れてみよう!】

〜前回のあらすじ〜
山の上高校に通う高校二年生で合唱部のゆみ子ゆみ子は、七月の文化祭のことや、気になる男の子ユウタで頭を悩ませているのであった。

◆ ◆ ◆

俺の名前はユウタ。山の上高校2年で合唱部に入っているんだ。よろしくゥ!好きなことはスポーツ。嫌いなものはねずみ。好きでも嫌いでもないものは、鉛筆だよ。キラッ。中学の時は、バスケ部に入っていたから、今でもたまに、近所の公園で遊んでたりするんだ。でも、合唱も楽しくて、毎日楽しんでやってるぜ!ちなみに部活内での役職は、ティッシュ管理といって、練習中に部員がティッシュを不自由なく使えるように管理する役職さ。クラスでは、体育委員をやっているんだ。やりがいがあって楽しくて俺にあってる仕事なんだ。しかし、そんな俺も今、頭を抱えていることがある。それは、


『もうユウタなんて知らない!!!』


そう、昨日の部活、俺は、ゆみ子と文化祭のことで、喧嘩してしまったことだ。理由は俺が文化祭で、クラスの方に出るか、部活の方に出るかはっきりしないからだ。
だって、しょうがないじゃないか!
今年の俺のクラスの出し物がメイド喫茶だったんだもの!!!!!
言い訳をいうと、俺だって最初は部活に出ようとしてたさ。だけど、メイドには、男の夢が詰まっているんだ!!!折角、共学の学校に来たからには、女子との触れ合いも大切にしないと思うんだ。俺の友達は、川を越えた高校に通っているだけど、男子校だから、男子しかいない学校生活をしているみたいで、潤いがないとこの間も愚痴ってたんだよなぁ…。
あ、話が逸れちゃったけど、要は、メイド喫茶が魅力的だったってことさ!
だけれども、部活も、去年の文化祭で、出し物ランキング2位だったから、今年は1位を取ろうって部員の皆がやる気を出していたんだよな。うーーん、どうしようかな。そもそも合唱部に入ったのは、中学生の時に来た文化祭でのコンサートで、感動したからなんだよな。去年は、部活の方に出て、歌ってて楽しかったんだけど、今は少しスランプ気味で、声が通らないからなぁ。でも、ちゃんと出ると、大空を滑翔(鳥が空を飛ぶこと)してるような気分になってとても気持ちがいいんだ。あ〜、考えれば考えるほどドツボにはまっていく〜。でも、はっきりさせないとどちらも中途半端になってダメだからな…。

と、考えてるうちに、校門に着いたらしい。さて、ゆみ子にあったらどうしよう。って、あっ、ゆみ子だ、目合っちゃった、どうしよう。とりあえず声かけないとな。よし、落ち着け俺。
「お、おはよう。」
………噛んじゃった。てへぺろっ……。

◆ ◆ ◆

というわけでラッキーでした。

ではまた。





こんにちは☆

将来は少女漫画家さんになりたい、なんて夢を持っている♪まいん♪です!
今日から学校はテスト期間・・・。つまり部活もないってことなんです!
そうなるとやっぱり書くことがないよなぁ~ということで、今回も楽しい企画やっちゃいますよ(*^o^*)

・・・日記係がリレー小説を書いてみる会・・・
【お題:ガッショウ(変換可)を一回は入れてみよう!】

はじまりです☆

こんにちは♪私の名前はゆみ子。合唱が大好き☆な高校二年生です!
中学校から合唱の魅力に気付いてしまって、今では所属している合唱部の中でも、みんなから一目置かれてしまうほどのいわゆるオタクなのだ(汗)
中学校では女声合唱をしていたけれど、高校は近くにあった女声合唱の部活がある山の上高校か、混声合唱で有名なちょっぴり遠い、森の中高校か、どっちにしようかな~って迷っていたけれど、やっぱり新しいことがしたいナ・・・というころで森の中高校に進むことにしました!
昔は女声合唱ばかりをやっていたこともあって、女声合唱ばっかり聴いていたけれど、最近のブームといえばやっぱり男声合唱です!(えっへん!)
私は女声だから男声合唱はできないけれど(とほほ・・・)、魅力といえばやっぱり充実した低音です!どこまでもどっしりと支えてくれそうなバスの、地響きのような音色がとても好きなのです!今ハマっているの多田武彦先生の合唱曲です!私も生まれ変わったら絶対に男声合唱をしてみるぞ~(笑)

最初の頃はちょっと不慣れなこともあったけれど、今ではたくさんいる部員の中でも信頼されているほう(自分で言うか~笑)で、リーダー的な役割をしています!実は、私のいる山の中高校は文化祭が7月にあって、我が合唱部もこの前入ってくれたかわいいかわいい後輩(初めての後輩・・・ホントにかわいいんです(;_;))と一緒に文化祭の準備をしています!
毎日の部活は本当に楽しくて、でも、一つだけ心配があるんです。それは、同級生のユウタのこと・・・。ユウタは同じ合唱部の同期で、テノールパートで、とってもひょうきんなやつなんだけど、文化祭にもしかしたら協力してくれないかもしれないんです。それというもの、クラスの出し物のほうにもっと興味があるみたいで・・・。私は部活の方に合焦(ピントを合わせること)して、クラスの方もほどほどにがんばろっかな、って感じだったんだけど・・・。
ちょっとだけ憂鬱な気持ちで校門をくぐると、ユウタの後ろ姿が見えたんです。昨日、文化祭の事でちょっとだけケンカになっちゃったんだよナ・・・。
あっ・・・!ユウタがこっち向いた・・・。あっ!!目が合っちゃった!!
ど、どうしよ~!!

(続く)
・・・

♪まいん♪でした~
こんばんは、ラッキーです。

昨日は、男性合同演奏会でした。部員の皆さんお疲れ様でした。そして、聞きに来てくださった方々もありがとうございました。
一年生たちも初めての演奏会だったと思うんですが、雰囲気は掴めましたか?

というわけで、今日の部活は部員の皆さんの喉も考慮して反省会を行いました。一人一人、昨日の演奏で思うことがあったと思います。あそこがダメだった、や、ここは良かった、なんていうのを書き出し、整理することができたしょうか。僕はできました(小並感)。
いやぁ、それにしても練習がないと書くことがないんですよね。あっ、そういえば練習がないといえば明日からテスト週間なので、また例の闇の企画が始まるらしいですよ。楽しみにしててくださいね。

では、最後に昨日の感想を一言。

合同ステージ超楽しかった!!
こんにちわー!ゆうです!

(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

今日は男声合同演奏会がありました。感想から言うと、楽しかったです!楽しいと言っても小学生の言うような楽しいではありませんが。新しい歌は直前のリハーサルまで学指揮を中心に生徒主体で作り上げました。曲作りの中で行き詰まること、何度やってもうまくいかないこと、たくさんありました。でも、その苦しさの中にみんなで作っていくという喜び、なんとしてでも自分たちの力でこの組曲を作り上げるという強い意志が生まれました。もしかすると、今日の演奏に満足していない人がいるかもしれません。でも、自分たちで作り上げた過程に、ステージの上で堂々と演奏できたという事実にとても大きな意味があるのだと思います。それはこれから先の定期演奏会だったり、コンクールにも生きてくるはずです。新しい歌を次に披露するのは定期演奏会になります。まだまだ、これからです。まだ始まったばかりです。

話は変わって、明日には今日の反省会があると思うのですが、反省会のありかた、意義をもう一度確認する必要があるのではないかと個人的に思っております。意見を発表することはもちろん大切なことなのですが、「その反省点、気が付いてたならもっと早く言えなかった?」と思うようなことが稀に出てくるので、ぜひ、来年に生かせる反省点をあげていただきたいです。

今日の日記、とても内部向けのものとなってしまいました。普段の日記では部外の方にも楽しんでいただける日記を心がけているのですが、なかなか難しいですね。雑談に重きを置くと部活日記ではなくなってしまいますし、かといって、部活の内容だけ綴るのはどうなのかと。バランスが難しいですね。ということで、そろそろテスト期間に入るので例の企画が始まるかも(?)

明日は月曜日。みなさんにとってすがすがしい朝が訪れますように。
こんにちは!地雷犬です。

今日は音楽部の第一回保護者会がありまして、67代の演奏を複数の方に見てもらえるはじめての機会でした。
1年生のみなさんは、高校から合唱をはじめた人は人生初のステージかな?
たまにでもいいから、いろいろなことに迷ったらはじめての時の気持ちを思い出して見てくださいね。それだけで立ち直れたりすることもあるんです。上級生のみんなも、挫けそうになったら、自分の原点のときの気持ちを思い出してみるといいですよ。自分の話をすると、中学3年生のときの、川越高校音楽部の歴史にこれから加われるんだなぁって、そういう喜びを思い出すと、今挫けていても、気持ちの面で何とかなったりするんですよ。

だいぶ話が逸れてしまいましたが、明日はなんと、埼玉県高等学校男声合唱合同演奏会の本番ですね!
ここに至るまでに何回も何回も同じ練習をしたり、このフレーズが、とか、この歌い回しが、とか、いろいろなことを思案してそれを試行したり、壁にぶち当たったり、時たま破ることができたり、まあいろいろなことがありました。67代が始動し、1年生を迎えて本当にはじめての「67代」になった、本当にはじめてのステージです。不安なところだってあるだろうし、体力がもつかどうかだって不安だと思います。しかし、僕の考えとしては、この演奏会にとっての上手く歌うことよりも、いかに「川越高校音楽部」らしさを出すか、という事だと思います。五つの男子校が歌う中で、こういうものが川越高校なのだと、他の学校と上手い下手では測ることのできない「川越高校らしさ」というものを出すことができればいいのではないでしょうか。

未だに不安が抜けない部員もいるかもしれませんが、ぼくは何だか不思議と大丈夫だと思えてしまうんです。妥協とか、現実逃避とか、そういうものではなくて、ここまでやってきたんだと、思うんですね。
部活日記を幸運にも呼んでくれた部員の君は安心してね。みんなにも呼んでほしいですけどね(笑)

それでは!
埼玉会館でお会いしましょう!

あなたの心にいつも!
地雷犬でした!

終わりです!
どうも、イブ兄です。
夜遅くの更新となってしまいました。すみません。

今日は男声合同の本番前最後の伴奏合わせでした。

今日までに曲をほぼ完成まで持ち込まなければならないということもあり、みんな凄まじく集中して真剣に取り組んでいたと思います。
話し合いも非常に活発で多くの意見が出たのですが、その反面、少し歌った直後に多くの人が勝手に話し始めてしまって、重要な全体への意見や指揮者の指示が通りにくくなってしまうということがありました。
話し合いや意見が活発なのは本当に良いことだと思うのですが、合わせの練習においてあくまで中心になるのは前に立って全体を導いていく指揮者です。どんな時でも前に立つ人へのリスペクトは忘れないようにしたいですね。
とはいえ、今日の練習は非常に有意義だったと思います。繰り返しますが、意見は大切なのでこれからも積極的に発言していきましょう。

本番まで残り1日となりました。
今日新しくできた表現などはなかなかすぐには定着しないと思うので、少しでも多く楽譜を見返して身体に染み込ませていきましょう。
先生方もおっしゃっていましたが、リズムや曲ごとの表情、日本語のフレーズ感など、まだまだ作り込める部分や改善できる部分は残っています。
今日新しくできた表現などはすぐには定着しないと思うので、少しでも多く楽譜を見返すなりして、身に染みこませましょう。
とにかく最後まで気を抜かず、手を抜かず、でも無理はせず、本番は無理をしてでも死ぬ気でやりきるのです!

川高音楽部を見せつけてやりましょう。
では。
どうもっdragon5です!


昨日の更新を忘れてしまったので今朝書きます!!申し訳ありません!

たまには朝電車の中で日記を書くのも悪くないですね。

さて、昨日は6限授業でしたので、2時間程練習しました。2,3年生は男声合同の曲で、1年生は明日の音楽部懇談会で歌う曲を練習しました。
男声合同の各校ステージの方は、いままでだいぶキツキツな感じで来ていたので、今週はラストスパート頑張るぞという感じで、練習に励みました。
本番まで本当に日数が少ないので、これからもこの調子を崩さず最後の最後まで伸ばして行けたらなと思います。

もう明後日は本番です。各自自分でできることをやっておきましょう!


それでは、今日も一日頑張りましょう!

ではでは
こんばんは、ラッキーです。

あーめのおとーがーきーこえーるー♫。
ということで、今日は雨でしたね。そのおかげで今日の体育の1,500メートル走がなくなったんですよ。やったぜ!しかし、川越高校では、1,500メートル走のクラス平均のタイムにノルマがありまして、それを越えるまで終わらないという地獄の決まりがあるのです。僕のクラスのこの前の計測では、ノルマより10秒以上遅く、とても憂鬱な気分になりました。そして僕は、足を引っ張っている側の人なので、申し訳ない限りです。頑張らないとなぁ…。

さて、今日は、7限授業だったため、いつもより短い部活でした。今日も引き続き、男性合同演奏会の各校ステージで演る組曲の練習をしました。男性合同演奏会までも、今日を入れてあと4日ということもあり、どんどん部員の皆さんの士気も上がってきてるなと感じました。ところが、体調を崩している部員も多くいて、練習中に見学している部員もいました。体調には気をつけないとですね。

そして、今日の練習が終わった後に、昨日の日記にもあったようにゆうくんがカウントダウンをしていました。まぁ、彼はやりきったと思いますよ。やりきるってとても大事ですよね。僕たちも今度の演奏会では上手い下手は一旦置いといて、演奏が終わった後にやりきったなと思うような演奏をしたいです。

ではまた。
こんにちわー!ゆうです!

もう暑いですね。温暖化なんて言われている昨今ですから。半袖一枚の装備でも一日生活できちゃいますね。まったく、地球温暖化とかいうやつに僕らの春を返してほしいです。ただでさえ男だらけの青春時代を送っているのに。学校で見る女子と言えば教師と(ごく稀に)女装している男の娘くらいですね・・・
・・・
ここだけの話、昨日の日記のインパクトが強すぎて雑談という雑談が全く思い浮かばないと言う事態になってしまいました。そして同級生からは「お前がしゃべると空気がおかしくなる」とどうにもならないことを言われ、僕のメンタルはボロボロです。さらに、畳みかけるかのようにカウントダウンという仕事が回ってきます。どうしたものでしょう。とびっきりの話術を教えてほしいものです。

さて、今日の部活ですが、ピアノと合わせる練習をしました。歌っていてとても楽しいと感じられるようになりましたが、あと一歩だったり、何回やってもうまくいかないところがいくつかあって、まだまだ満足はできない状態です。でもステージに立つからにはある程度の区切りをつけなければいけないわけで、改善できるところと手遅れになってしまっているところと見極めなければなりません。なにはともあれ、限られた時間を有効に活用しましょう。

連休明けで体がつらいですが、一週間しないうちにテスト前の部活停止になるのであと少し、頑張りましょう。では。
こんにちは!地雷犬です。
下の星マークのところまで、単なる文字化けなので、気にしないで読み飛ばしてください。

徒然なるままに日暮らし、硯に向かひて、心に移り行くよしなし事をそこはかとなく書きつくれば、あやしうこそ物狂ほしけれ、ということで今日は部活動が無かったので、そういったことを書いていきたいと思います。

それでは、適当に思いつくままに、書いていきますね。
実は、二年ぶりに図書委員になりまして、一昨年と同じ図書館報班に配属になったんです。
つまり、一学期の終わりに、ぼくの書いた文章が全校に配られるということです!ウフウフウフフ
テーマは秘密ですが、時間を見つけてはキーボードをタタタタタタタッッッッッターーーーンッッッとですね、打ち込んでいるわけなんですね。一回だけでいいから、○ックのパソコンで、スター○ックスに持ち込んで、ホワイトチョコレートフラペチーノのグランデ、エスプレッソ2ショット追加、生クリーム増量とかを飲みながら、昼下がりに打ち込んでみたいものです。紙の原稿用紙って、すごく書き進めた後に重大なミスとか、段落で一文字落とすとか、そういうことに気付いたときの気の滅入り方が全くもって違うんですよね。というか、パソコンで打っているときは全く気が滅入りません。やった~。一年生の時にも同じ仕事をさせてもらって、そのときも年に三回、小説らしきものを書いたのですが、お世辞でも一部の方(保護者の方)から誉めていただけるととても嬉しいですよね~。図書館にバックナンバーがあったような気がするなあ・・・。ということなので、学期末に配られましたら、丸めてゴミ箱に捨てたり、かばんに無造作に突っ込んでしまう前にちょっとだけ見てみてくださいね。

次に、くすのき祭の話をしたいと思います。川越高校では、クラスで出し物をするのが通例三年生だけなのですが、その出し物について話し合ったんですね。そうしたら、女装喫茶なんていうものが出てきまして。まあ、文化祭で売ることのできる食べ物なんて限られているのですから、やはり論ずるべきは食べ物ではなく、どうやったらこの女子をいない異常な環境を売りにできるか、ということだと思います。そういう点では、女装喫茶というものはとても良いものだと思います。まあしかし、女装喫茶とはいいましても、全員が女装するわけではないのだと思います。〈もしかして全員女装なのかな・・・〉ここで、周りに推薦されることのない人間が女装を希望し、手を上げることはとても勇気がいることだと思います。あっ、クラスメイトの冷ややかで困惑した目線が容易に想像できますね。そこで考えたのですが、前もって別の場所で女装した姿をクラスの人に見ておいてもられば、手も挙げやすいのではないかなあ、と思いまして。つまり、定期演奏会で女装するしかないのではないかな、とも思ったのです。はい、それ以上でもそれ以下でもないですね。去年と一昨年と、定期演奏会に足をお運びいただいた方の中でもしかすると1人くらい勘付いているのではないのかな、と思ったのですが、実はぼく、今年の演奏会で女装ができれば、三年連続女装皆勤賞なんですね。やったね。ということで、そういう係の人、どうぞよろしくお願いします。


さて、ここからが本題なのですが、今日の部活動がお休みでした。ということで、明日からまた再開なのですが、みなさんお変わりありませんか?しっかり風邪は治しましょう。万全の体調でステージに乘ることが出来るように、ちょっとだけ未来の自分のために、今できることをしっかりやってあげましょう。

さてはて、最近の川越高校はピアノつきの組曲を通して演奏する、なんてことがありませんでしたね。ちょっと不慣れかもしれませんし、大変ですよね。ですが、ここで一回踏ん張って、音楽部の歴史に爪痕を残そうじゃありませんか!後々の後輩がこの演奏の事を知ってくれた時に「すげぇ~」となるような演奏を目指していきましょう。

みんなならできる!
この一週間、しっかり食いついて底力を見せてやりましょう!
ということで、しっかりお休みして、歌って、一応合同のちょっと後にある定期テスト対策もして、三年生はちょくちょく受験勉強して、頑張っていきましょう!

それでは、地雷犬でした~!

ちなみに、タイトルに一切意味はないです。
どうも、イブ兄です!

ゴールデンウィーク最終日。
今日は部活もオフでした。
皆さまはいかがお過ごしでしたか?

私はというとですね…

ゴールデンウィーク。
ゴールデンウィークとは何か?
そもそもゴールデンウィークとは誰がどんな理由でつけた名前なのか?
「この辺祝日多いから最高じゃね?名前つけようぜ?金色の週で良くね?」
的な安直な考えからつけられたのだろうか?
わからない…。ゴールデンウィーク? Golden Week?
誰がなぜこんな名前をつけたんだ…
いや、そもそも知らないのは自分だけで、日本中の人々は常識として既に知っているのかもしれない…!
だとすればその常識を知らないのは日本で自分だけ……!?
なんてことだ!!
自分でもわかってる。わかってるさ!!
きっとこんなことは調べればすぐに出てくるってことくらい!!
だけど!!!!

という夢を見ました。

気持ち悪いくらいの中二病っぽさと寝過ぎからくる不快感で最悪の目覚めでした。
あぁ…。疲れてるな。そう思いました。
ちなみに、ゴールデンウィークという名前は、とある映画会社の方が、興行収入がアップする輝かしい期間という意味から名付けたそうです(調べました)。

起きた時には昼の12時をまわっていたので、勉強に追われる1日となってしまいました。
吹奏楽部さんの定期演奏会にも行きたかったのですが、来年に持ち越しとなってしまいました。来年は3年生の強制模試と被らないことを強く祈っています。

明日から学校が再開するので、こんな全然ゴールデンじゃなかった連休最終日の分も有意義に過ごせるよう、またしっかり気を引き締めていこうと思います。

2、3年生は男声合同まであと1週間をきりました。復習、暗譜を徹底していきたいですね。
では。

どうもっdragon5です!

今日はゴールデンウイーク後半の土曜日でした。
皆さまいかがお過ごしでしたでしょうか。
私は午前中部活、午後勉強という、何とも語りようのない平凡な一日を過ごしました。
高校3年生にもなりますと、受験を意識しないではいられません。
でも、心の中では、遊びたいという気持ちが今にも暴走しそうです。カラオケとか行ってガーッと歌いたいなぁ・・・。

もう一つ余談ですが、私結構インスタントラーメン(袋めん)が好きで、よく家で作るんですね。
あれはたいてい粉末スープと、ゴマ油がついていまして、それをあらかじめ丼に入れて、あとから麺と湯を注ぐわけです。
いつもは脂が白く固まっているので、軽く湯気で油を溶かし、液体状になってから丼に入れるのが私流。
そんなわけで今日も同様に面をゆでている間の湯気を利用して油を溶かそうと思ったのですが、なんと!すでに脂が透明で完全に液体になっているわけです。これにはびっくりしました。思えば今日は夏みたいに暑かった(というよりジメジメしました)日でしたから、脂も室温で液体になるわけです。
こんなにながながと余談を書いてしまいましたが、そんな些細なできごとに季節の移ろいを感じました。

さて、部活の方ですが、今日は私は定演関係の仕事があった関係で、なんと最初の30分程度しか参加できませんでした・・・。
ただ、練習の方は大体把握していますので、部活日記書いていこうと思います。

今までいろいろと部活ではイベント続きでしたので、今日は久しぶりに1日パートの技術を磨こうということになりました。
男声合同の各校ステージの曲の練習、特にパートの質が重要になってくるところなどを重点的に練習し、合わせでは埋めきれない
溝を埋めていけるようにしました。最近は合わせで全体的な表現や音楽記号の確認または統一をすることが多かったので、今日は今までの合わせで先生や学指揮、他パートから指摘されたところをじっくり練習できたのではないかと思います。
やはり、しっかり目的をもって練習に取り組むことが大事ですよね。
パート練習と合わせを別々のものとしてとらえるのではなく、むしろパート練習によって合わせの質が上がる、合わせによってパート練習でやるべき課題がみつかる、というように、お互いがお互いを高め合うような関係ができればすばらしいのではないでしょうか。みなさんぜひこれから意識してください!

今日の部活に関してはこのような感じになります。どうやら、部員の中には演奏会を聞きに行くために遠征している者もいるようで、そういった見て聞いて学ぶほうもしっかり実践していて素晴らしいと思いました。

部活から一転、3年生は明日は模試ですが、文武両道、明日も気合を入れていきましょう。

ではでは。
こんばんは、ラッキーです。

今日は、ゴールデンウィークに入って初めての練習がない日でした。連日の練習で部員の皆さんは疲れていると思うので今日はゆっくり休めたのではないでしょうか。

さて、今日は、僕の誕生日でした。(唐突)わーいわーい!ハッピバースデーラッキー♩
というわけで、今日は、誕生日だったのですが、何か特別なことをしたわけでなく、普通の休日でした。朝起きても家には誰もいなくて、午前中は、1人でゆっくりして過ごせました。別に悲しかったわけではないのです。しかし、そんな時に、僕が飼っている愛犬がこっちを見て、何かを訴えていると感じました。そう!「誕生日おめでとう」と!!!!
まあ、気のせいですけど。
そして、夜には、部員の皆さんからもお祝いの言葉をもらって、とても嬉しくなりました。ありがとうございます。こういうことがあると、つくづく思います。音楽部に入ってよかったなと。短い高校生活の中で、こう思える部活に入れた僕は幸せ者ですね。

ということで、明日からの練習も頑張るぞー!えい、えい、おーー!

ではまた。
こんにちわー!ゆうです!

私事なのですが、高校に入ってからというもの、本を読む時間が少なくなってしまいまして。でも、読みたい本はいっぱいあるんですよね。それに私は新しい本を買うよりも、もとからある本を何度も読み返すのが好きでして、その結果高校に入ってから買った本はいまだに1ページも読めていません。今は三冊ほどたまっています。そしてまた明日、新しい本を一冊買う予定です。今度こそはちゃんと読みたいと思います。

さて、今日の部活ですが新しい歌のピアノ合わせを行いました。個々がそれぞれのうたにどのような思いを込めて歌ていくのか、それだけでも曲がよくなっていく気がします。あとは、いろいろと言われたことを整理して、最後思う存分に歌う、それに尽きると思います。何にもとらわれない自由な演奏って難しいですよね。でも個人的にはそこを目指したいと思っています。一年生は別メニューで動いていますが、もう少しで先輩と合流できますのでそれまでの辛抱です。一年前のこの時期、私は先輩たちと一緒に歌いたくてたまりませんでした。先輩方の男声合同が終わり、やっと先輩と練習できる、と楽しみにしていた私を待ち受けていたのがマジャール語でした(去年の課題曲)。あの時の気持ちは今でも忘れません。

明日は子供の日!各自、柏餅をのどに詰まらせないように細心の注意を払うこと。では、よい休日を。
こんにちは!地雷犬です。

今日からゴールデンウィークということですが、合唱ウィークの幕開けですね!やったね!

本日は混声合唱の合わせを行いました!やはりこの曲は面白いですね。すごい疲れますけど。ぼくなんか合わせの途中に聞き惚れてしまいました。歌もいいですが、ピアノもそうとう面白いですよね。ピアノをひく先生の姿がパワフルでして、「あ、自分はこの曲の伴奏無理そうだなぁ」と思いました。

ゴールデンウィークは体力のいるイベントが目白押しですから、体調をしっかり整えて臨みましょう!

短いですが、地雷犬がお送りました〜
どうも、イブ兄です!

今日は発声の基本をしっかりと意識しました。
1年生にとっては初めてのことが多く、2,3年生には改めて学ぶことが多かったのではないのでしょうか?

やっぱりどんな曲を歌うにせよ、第一に大切なのは発声だと感じる内容でした。
今日、何度もアドバイスされたお腹の使い方や声を出すときのイメージなどは抜けてしまわないようにしたいですね。

また、今日は自分たちの課題や各々の弱点を見つめ直す良い機会にもなりました。
音楽以外にも通じることだと思いますが、基本がしっかりしてさえいれば、応用が利くようになるはずです。
勉強では複雑な問題でもまずは公式や文法を用いて解いていくように、スポーツでは体幹やフォームなどが優れた技術へと繋がっていくように、何事も基本をおろそかにしてはいけないということですね。
発声は、普段の練習から常に意識し続けることで身についていきます。努力の積み重ねが「できない」部分を「できる」ようにしていくのです。『継続は力なり!』ですよ!
では!

>>次のページ