三年生になってから、出来るだけ楽しいことだけを考えて過ごしています。
 日記も生活も、極力そんな感じで・・・・・。



 ずむへるつです。


 今日は合唱祭の曲の練習をしました。
 ・・・何でも、合唱祭の曲を集中的に練習出来る日は意外に少ないらしく、今日がその一日でした。

 そういうわけで、全体練習を長めにとりました。まぁ、僕はパートごとの練習のときに、少し丁寧に指導しすぎて時間が足りなくなってしまい、全ての曲を練習することができませんでした。ごめん、みんな。(′・ω・`)
 全体練習では、まだまだ直すところがあることが良く分かりました。今更ながら、全ての注意を意識して歌うのは大変ですね。まぁ、だからこそ、その注意点を本番でも思いだせるように、普段の練習から意識すべきなのですが。


 ちなみに、「ある工夫」をしてみたら、久々に僕なりに上手くいったと思います。
 う~ん、一応パートのみんなには相談すべきかな・・・。



 いろいろとやることはありますが、頑張りましょう。
 短いですが、今日はこの辺で。
スポンサーサイト
こんばんは、ライスくんです。

今日はずむへるつ先輩が日記の担当だったのですが、急遽僕が書くことになりました。

その理由は、諸事情でずむへるつ先輩が書けなくなってしまい、
知知武先輩が今日は担当じゃないということで僕にまわってきてしまったわけなんですよね。

知知武先輩が書けば良いんじゃないかと思ったのは口が裂けても言えません。



前置きがだいぶ長くなりましたが、そろそろ本文に入るとしましょう。


今日は坂西との合同演奏の練習がありました。
僕も含めて10人ほど参加させていただきました。

男声合唱ではなく混声合唱ということでいつもと違った環境なので新鮮でしたね。

指摘していただく点もいつもと違って色々と勉強になりました。

2曲歌うのですが両方とも難しい曲で歌うのにとてもエネルギーが必要です。
僕は練習終わった時にはヘロヘロでした。

ここで学んだことで自分達の演奏に活かしたいですね。




日記を書いていて結構時間が掛かるもんだなぁと思いました。
これで知知武先輩の成績に納得しました。

冗談です。


明日からテストが返ってくるので心の準備をしっかりして学校に行きましょう。


ライスくんでした。
人前に立つというのは、
誰もができるというわけではないですね。
なので、それが堂々とできる人は尊敬します。

こんばんは、知知武です。

しかし、世界卓球熱いですね!!(笑)
只今、女子の準決勝中国戦をやっている最中ですが、
見ていて何か、かき立てられるものがありますね。
ここまで見ている方に影響を与える、
これが「一流」というものなのでしょうね。

では、今日の部活です。

今日は土曜授業もなく、午前練習でした。
しかし、保護者会があったので、
発声を終えたら音楽室を空けるために各教室に移動して、
主にパー練を中心にやり、
最後に保護者の方々の前で、30分程度の合わせをやりました。

本日うちのパートは、
コンクール曲に特化した練習をしました。
ここ最近は、とりあえず音を身体で覚え、
しっかりとした支えになるということを目標に掲げて、
日々練習しているのですが…
なかなかそう上手くはいきませんね。
特に低音のパートは、どうしても音が落ちやすく、
合わせたときに全体のハーモニーを支えられないという現状です。
まずは正しい音を聴き、迷いがなく発声できると良いですね。

合わせは、1年生にとって、
初めて聴衆がいらっしゃる中での演奏でしたが、
果たしてどうだったでしょうか。
これからある合唱祭や定期演奏会、コンクールなどは、
音楽室の何倍も大きいホールで、
保護者の方々より何倍のもお客さんの前で歌わなくてはなりません。
ふと~い神経を持ちましょうね。
演奏自体の出来としては、
もちろん練習段階ですし、相当酷いものでした。
部長のお母様から、お褒めの言葉に取れなくもないようなお言葉がありましたが、
あれはあくまで「男声合唱」というものに対する評価であって、
「川越高校音楽部の演奏」に対するものではないと思います。
…いや、間違いなく違いますね。
次に発表する機会では、堂々と胸を張りながら
自慢できるような演奏をしましょう。

さてさて。
話は変わりますが、最近周りの同級生が、
次々と最後の大会を終えて部活を引退しています。
これから夏にかけて、ますますその流れが強まってくると思います。
正直一介の受験生として、焦りはあります。
他の音楽部員の3年生も、その気持ちは自分以上にあるはずです。
辛い立場に立たされている人も少なからず居ます。
それでも3年生は、部活のため、そして自分のために、
各々の方法で見えないところでも、必死に頑張っています。

1,2年生には、少しでも良いのでそのことを頭の片隅に入れつつ、
練習に励んでほしいです。

…とは言ったものの、
3年の中で最も努力していない自分が、
こんな事を言うのも、筋が違うと思いますがね(笑)

はい。
明日は、坂戸西高校に行く人は合同練習があります。
自分は今回は用事があっていけないのですが、
ずむへるつが何かしら書いてくれるでしょう。
楽しみにしています。
ではでは。
 ずむへるつです。


 今日は開校記念日でした。つまり、学校は休みでした。というわけで、今日は午前中から部活でした。

 まず、課題曲や自由曲をパート毎に練習しました。
 久し振りということもあってか、以前注意したところを忘れていた人もいたようです。とは言っても、テスト明けで疲れている人も多かったし、しっかり直っている部分もありましたので、僕はあえてうるさく言いませんでした。何より誰にも言われなくても注意点を意識出来るようになってもらいたいですから。
 課題曲なんかは、今後も時間をかけて練習するでしょうから、今のうちから注意点を意識出来るようにしておくと、後々楽だと思いますよ。


 その後は全体練習でした。ただ、先生がいらっしゃらなかったので、部員だけでの練習でした。
 練習したのは、自由曲と定期演奏会で歌う曲。まぁ、悪くは無かったと思います。トップの皆さんは(僕も含めて)自由曲を満足に歌えるようになるといいですね。これから頑張りましょう。



 それでは、この辺で。
熱いですね。

こんばんは、知知武です。

一応自分も卓球部だったので、
多少なりは分かるのですが、
見ていて感嘆の溜息が漏れるほど、白熱した戦いですね。
と同時に、国境を越えていろんな国の人が一堂に会し、
同じ競技で競い合うという大会自体もまた素晴らしいものだと思います。

はい。
というわけで、テストが終わりました。
よって、部活解禁です♪

今日は少々発声を丁寧にやった後、
合唱祭の曲の練習をしました。
来るべき合唱祭は、6月12日です。
つまり、本番まで2週間と少し。
あっという間ですね。
1年生は忘れているかもしれませんが、
本番までに、暗譜もしなければなりません。
いつまでも楽譜にしがみついたような歌い方をしているのではなく、
もう1段階上の状態を目指しましょう。

さてさて。
明日は開校記念日です。
我が川越高校が旧制第三中学校として出来てから早110余年。
歴史とは偉大なものですね。
その重みをいつも以上に感じながら、
明日の練習に励みましょう。

ではでは。
 ずむへるつです。

 テストも、残すところあと一日ですね。頑張りましょう。
 終わり。






 嘘です。もうちょっと書きます。


 

こんばんは、中継ぎです。雨がすごいですねぇ

雨が


もうなんか頭がおかしくなってきた気がします。


またお会いしましょう




 (;^o^)「・・・・・・??」

 ・・・一体何事なのかを説明すると、今日の日記の話題が浮かばなかったので、また先輩達の日記を参考にさせてもらうことに。そこで、ちょうど一年前くらいの日記を見たところ、なんと上の文章(というか、4行の文章)だけで日記が終わっているではありませんか。
 これくらいが良い、という具体的な文章量は決まってはいないし、僕のように特に必要もないことばかり書いている文章が良いとは思えません。だけど、良くも悪くも長い文章ばかり書き続けてきた僕から見ると、どうしても物足りなさすぎるように感じます。また、肝心の内容も、どうにも解釈できないものです。まぁ、日記の内容に関しては、散々な文章を書いてきた僕が口出しをすることはできないですけどね・・・。
 ちなみに、もちろんですが、先輩方を批判する気は無いです。あくまで”話題”です。


 だからといって、「先輩の日記がこれなんだから、次から僕もこんな感じで良いですよね?」などと言うつもりはありません。以前も言いましたが、与えられた仕事を適当にはしたくないので。
 むしろ気になるのは、「毎回長い文章を書くのが当たり前になっているけど、これで良いのか?」ということです。
 みんな、飽きていない? ――正直、そこが不安です。



 まぁ、もう僕がこの日記を書く機会は多く無いでしょうから、その辺の加減は後輩に任せます。

 それでは。
こんばんは。知知武です。

すみません、タイトルは無視の方向でお願いします。

さて。
テスト2日目でした。
部員各々、出来はいかがだったでしょうか。

えぇ。
定期考査で気にするなんて、所詮井の中の蛙なんです。
別にどうであれ、気に病むなんてないですよ。
(…自分を励ますようですが。)

ただ、敢えて言うなれば、
テストのためにどれだけ効率よい学習が出来たか?
という点は、留意すべきかもしれません。
何事も…特にテストなどは、
よく言われるとおり、結果よりも過程だと思います。
(…自分が言えるようなことではないですが。)

これをコンクールに置き換えたとき、
また意見が分かれることがあります。
「良い賞を獲らなければ意味がない」
という意見の人も、
「どれだけ練習したかが大切だ」
という考えの人もいるでしょう。

どちらも正しく、どちらも欠けていると思います。
だったら、やるべきことは1つですね。

悔い無き練習をして、満足のいく結果を残す。

努力を惜しまず、尽くしていこうと思います。

なんだか徒然と書いてしまいました。
明日はテスト3日目です。
起承転結で言えば、「転」
…何が起こるか分かりませんね(笑)

頑張りましょう。
ではでは。
 近頃、兄がレポートを書くために一日中パソコンを使ったり、母が仕事でパソコンを使ったりしてきたので、時間帯なんかも考えないと日記が書けなくなってきました。
 まぁ、日記の執筆はいざとなりゃあ知知武君や後輩に押しつけられる何とか急げば大丈夫でしょう。要は気合いですね。


 ずむへるつです。

 今日はテスト一日目でした。
 各々がいろいろに思う所はあるでしょうが、いずれにせよ、明日に備えましょう。


 川越の町は入り組んでいます。これは、城下町であったときの名残なのだそうです。敵に簡単に攻められないためだとか。
 ・・・もちろん、今では道が整備されているので、そんなに複雑な道を通る必要はありません。しかし、あえて通ってみようと、最近では複雑な道を通っています。

 ルートを分かりやすく説明すると、「喜多院を通るようなルート」ですね。遠回りなのかも知れませんが、新しい発見もあって、結構楽しいです。でも、そろそろやめようかな。僕が勝手にやっていることなので、別に続ける必要もやめる必要も無いんですけどね。


 ところで、用語集に喜多院がありますが、謎のダジャレが書かれているのを見て驚愕しました。っていうか、「喜多院」という言葉自体、音楽部内の用語では無いから、あのページに載っているのはおかしいと思うのですが・・・。
 まぁ、さすがに細かすぎることではあるとは思いますが。



 それでは。
…今週は日記を書く日が、
やたらと多い気がしますね(笑)

こんばんは。知知武です。
はい、代理です。
ずむへるつには、後で別の機会に、
借りを返してもらうことにします(笑)

今日は、テスト前の日曜日でした。
部員たちも、さぞかし勉強に勤しんだことでしょう。
自分はと言いますと…
昼から夕方にかけて、新学期に入って初めて布団で寝ました。
普段、布団で寝ない利点は、
1,朝、布団からの誘惑がない。
2,寝起きが早い。
ということです。

もちろん、(おそらく)そのせいで、
日々の疲れがとれにくく、
多少なりとも悪影響はあるかもしれませんが…
もうかれこれ、1年半ほど続けているでしょうか。
案外慣れてしまうものですよ(笑)
とは言っても、健康には間違いなく悪いでしょうから、
お勧めはしませんがね。
とういうことで、今夜は昼間寝ていた分を頑張る予定です。

さて。みなさんは、
「題名のない音楽会」という番組をご存知でしょうか。
日曜の午前中にやっている番組で、自分も詳しくは知らないのですが、
音楽を「楽しむ」ことをテーマにした番組のようです。
偶然テレビをつけたらやっていたので見ていたのですが、
今日はピアニストの方と音楽芸人(?)の方が、
競い合い的なものをやっていました。
「パッヘルベルのカノン」の進行をベースにして、
誰もが知っている曲を弾き合う勝負や、
「音楽しりとり」と題して、
相手が弾いた曲の最後の3音程度から新しい曲へ繋げていく勝負など、
面白く、且つ凄い勝負でした♪
ああいったものは、努力と才能の賜物なのでしょうかね。
ただ楽曲を演奏するだけではなく、
「楽しみ、楽しませる音楽」というのも、素晴らしいですね☆

はい。
明日からは、いよいよテストが始まりますが、
だいたいの人は午前中で終わることでしょう。
テスト終了後の部活に支障が出ない程度に、
音を取り直す、発声を整えておくなど、
時間を上手に使いましょう。

ではでは。
中間テスト~♪


こんばんは。知知武です。

今週は、なんだかあっという間でしたね。
部活がないと、まるで1日に重みを感じません。
いや、もちろん授業やクラスも楽しいですけどね(笑)
…この調子だと、引退した後が恐ろしいです。

今日は、土曜授業がありました。
自分はあまり意識したことがなかったのですが、
昨日のずむへるつの日記にもあったとおり、
今までテスト前の土曜授業は無かったようです。
まぁ、個人的には、
部活が無いなら、授業があっても無くても変わらないんですが…

さて。
今日は久しぶりに、作曲家の方についてお話しします。
以前は我が敬愛する、木下牧子さんについて語ったのですが、
今回は信長貴富さんです。

まず信長さんについて驚くべき事は、
文学部卒であり、独学で作曲を学んだということです。
主に(自分の独断と偏見による)有名な曲と言えば、
組曲「新しい歌」や「初心の歌」、「思い出すために」
また2年前のNHKコンクール、高校の部の課題曲である「青春譜」…
挙げていくと、きりが無いですね。

その曲調にはなんとも言えない魅力があり、
記憶に残りやすいメロディが多くあります。
よく、中学校の合唱コンクールで歌われる曲は、
卒業してからも覚えている方が多いと思いますが、
自分の中では、それに似たような親しみを感じます。
実際、何曲か書いていらっしゃるんですがね☆

そんな信長さんの曲のもう1つの特徴と言えば、
「三善アクセント」が多く使われていることでしょうか。
三善アクセントとは、簡単に言うと、
一つの音譜にクレシェンドとデクレシェンドが書いてある記号で、
作曲家の三善晃さんが多く使い出したから、そう呼ばれている…らしいです。
信長さんの曲ではありませんでしたが、
今年のSVECとTVECで当時の1年生(現2年)が歌った曲にも、
この記号は使われていましたね。
こういった表現を用いる点でも、
信長さんの曲へ対する思い入れが感じられる気がします。

結論として…
信長さんの曲、是非皆さん聴いてみてください!(笑)
好きになる人は、とても好きになると思いますよ♪

ではでは。
 図書室にあるパソコンの一台が、インターネットにつながっていないことを発見しました。
 ・・・・・excelなどのソフトが入っているなら、「excel専用パソコン」ということなのでしょうが、そういったソフトも入っていなかったようなので、単にインターネットにつながっていないのでしょう。けど、それなら一体何に使うんだろ、あのパソコンは。
 結局、他にも使えるパソコンはあるし、そのことを見つけた日には司書さんがいなかったので、報告することもできませんでした。(自粛)君、図書委員なんだから何とかしなさいな。


 ずむへるつです。



 テスト期間中なのに『ハリー・ポッター』を借りてしまった・・・・・。

 いや、僕は、どうにも眠いときには、あえて昼休みに図書室に行くことにしているのです。別に眠気を覚ますほどのものが、図書室にあるわけではないですが、図書室に行くために歩くだけでも眠気を飛ばせる上に、いろんなコーナーを歩いて、面白そうな本を見つけることもできるので。
 そして一昨日、棚に『ハリー・ポッターと死の秘宝』(7巻)を発見しました。以前読んだ本ですが、また読み返しても面白いです。

 ・・・この、『ハリー・ポッター』シリーズ、皆さんもご存じの通り、全7巻ですが、一冊一冊が長く、最も長い(と、僕が思っている)5巻は上下巻合わせて1358ページにも及びます。7巻はそこまででは無かったと思いますが、やはり長いです。
 そんなものを借りてしまった僕は、とりあえず上巻(約600ページ)を2時間弱で読み終えました。こういうものは早く読んでしまったほうが良いと思ったので。早く読んでも面白さは伝わってきます。まぁ、ゲーム機に触れるよりはまだマシ・・・なのかな。



 明日は土曜授業ですね。あれ、今までテスト期間に土曜授業ってありましたっけ? まぁいいけど。
 それじゃあ、明日も頑張りましょう。
重い曇り空

という表現が用いられることがあります。

あの果てのない厚い雲を見ていると、
気も重くなりますね。

こんばんは。知知武です。

職員室も入室禁止となり、
いよいよ校内がテストムードでいっぱいになってきました。
朝早く来て勉強する人、
遅くまで残って勉強する人、
そして授業中に勉強する人…(笑)

先週までは、おちゃらけた感じだったのに、
勉強への切り替えが自ずから行われる

これがうちの学校の良い点の1つなのでしょうね。

さて。
そんな今日、うちのクラスはスポーツテスト(室内)がありました。
いや、結果は言いませんよ?
自慢も自虐もできるほど、極端な結果ではなかったので…
ただ、やはり凄い人は凄いと思いました。
例えば軟式テニス部の部長。
左利きなのですが、握力が70を越えていました。

自分が目立つような成績が取れる種目があるとしたら…
「みかんの皮をどれだけ切らさずに長く剥けるか」
ぐらいですかね。

とりあえず、スポーツでは…ないですね。

これは小学校の給食の時、友達と競い始めたのがきっかけで、
今もみかんの皮は、無意識に長くなるよう剥いてしまいます。
…習慣とは、怖いものです。

おっと。
だらだらと書いていたら、
なんだかんだで結構な量に♪
そろそろ自分もモードチェンジします。

ではでは。
 何日も前から考えていたネタがあったのですが、内容の関係でやっぱり却下。
 こういうことばっかりだから更新が遅くなるんだよな('A`)

 ずむへるつです。



 明日は弟の家庭訪問だそうです。
 「家庭訪問」といえば、担任の先生が生徒の家に来て、親と話をする、というものです。そのメリットは、と言われても具体的には思いつきませんが、「自分の子供の事を詳しく話せる。」「実際に担任の先生に会ってその人の人柄を知ることで親近感や安心感を持てる。」などのメリットがあるのでしょう。多分。
 先生としても、生徒の性格や家での様子を知ることで、その子の扱い方が分かるでしょうから、家庭訪問は必要な行事(?)と言えるでしょう。


 もちろん、家庭訪問のときには先生が家に入るのだから、部屋を奇麗にしておくのは必要なことです。なので、僕も昔は先生が家に来る直前まであわてて掃除をしていたものでした。
 そういうわけで、今日は帰宅するやいなや、掃除を始めました。・・・が、こういうときに限って兄が一日中家にいたり(いるなら掃除しろよ・・・・・)日記係の仕事があったりするので、あまり片付けることができませんでした。とりあえず一番ひどかった僕の枕元は何とかしましたが、これだけじゃあなぁ・・・。

 ・・・実は、今年の弟の担任は、かつての僕の担任の先生です。だから必死になって片づけたんですけどね。
 どうなるんでしょうかね。 まぁ、そうは言っても僕に出来ることは無いから、もう知りません。



 お わ り 。
まさかの2日連続ですね。

こんばんは。知知武です。

諸事情により、ずむへるつはお休みです。
詳しい理由は知らないのですが…
彼もいろいろ大変なのでしょう。

さて。
最初にも言いましたが、まさかの2日連続だったので、
正直ネタが不十分です。

と言っても、これで終わりにするのは、
日記係としての自分が許さないので、
今日の学校帰りに少し考えたことを書きます。

「部活のレベルが上がるためには、どうすれば良いか?」

これは、どの部活でも考えられていることだと思います。
挙げれば限りなく方法はあるかもしれませんが、
自分は先代を越すことが、一つの方法だと思います。

先輩の持っている知識、技術を全部盗み、
それをしっかりと吸収し、更に自分で改良し増強する。
この行為を繰り返していけば、
部のレベルはどんどん上がっていく。

ここで大切なのは、教えてもらうのではなく盗むことです。
受動的にではなく能動的に、
客体ではなく、主体になることが必要です。

…もちろん、これは理想論であり、
なかなか上手くはいかないと思います。
しかし、少なくとも一人一人がそれを心得て、
意識して実践していけば、きっとプラスに繋がるのではないでしょうか。

と、考えれば当たり前のことなのですが、
自分はそれをあまり意識せずに
もったいない時間を過ごしてしまったので、
後輩たちには是非とも実践してほしいと思います。


今日は比較的きれいにまとまった気が…
あ、気のせいですね。

はい。
貴重なテスト期間です。
大切に過ごしましょう。

ではでは。
先ほどテレビでやっていました。

こんばんは。知知武です。

何でも、
愛は自分と相手の共通点を見つけるもので、
恋は自分と相手の差異を見つけるものだそうです。

…部活日記に書くべき事ではありませんでしたね。
失礼しました。

話を正しい路線に修正いたしまして…

今日から、テスト一週間前に入りました。
よって、部活動停止期間です。
毎度の事ですが、この期間になると、
部活ができずにやるせない気分になる反面、
空がまだ暗くならないうちに家に帰れるので、嬉しくもあります。
複雑な気分ですね。

さて。
実は5月に入り、(自分の中で)一時中断していた、
定演長としての仕事を再開しました。
毎年のことではありますが、今年は60周年ということで、
例年以上に、多くの方々に協力していただく演奏会になると思います。
その方々への感謝を思いながら、
より良い演奏会を創っていきたいと思います。
ちなみに(個人的な)定演の目標は、
「みんなを良い意味で泣かせる演奏会にすること」です。
応援、よろしくお願いいたします。

…文がまとまりませんね。
次は、他の役職としての視点から書こうと思います。

ではでは。
 ずむへるつです。


 今日は部活がありませんでした。なので、個人的な話になりますよ。

 しかし、三年生になってから、ネタを考える余裕が心にありません。正直に申しますと、どうしても、「さっさと切り上げなきゃな・・・。」と焦ってしまいます。まぁ、今までだって心に余裕を持ちながら日記を書いたことなんて少ないんですが。「登校している間にネタを考える」? そんな器用なマネが出来るなら苦労はせんよ('A`)

 ということで、先輩達の日記から話題をもらいます。結局、日記の内容は自分で考える必要があるから、あんまり意味は無いのかもしれないけど、何事にも「きっかけ」が大事なのですよ・・・。



 先日、スポーツテストがありました。
 ・・・これはボール投げや持久走などの記録から体力を測定するもので、割と中学校でも行われているので、知っている人も多いかと思います。様々な種目の中で行ったものは、「ボール投げ」「50メートル走」「立ち幅跳び」の三種目。まぁ、もともと体力の無い僕には関係の無いものですが、やはり気になるものです。
 ちなみに、この話題で日記を書いた某K先輩は「毎年記録が伸びている」とのこと。すげぇ。


 さて、
 結果から申しますと、一応は記録が伸びました。
 具体的には、ボール投げが17メートル、50メートル走が7.9秒、といったところですね。ええ。前年度との比較は、ボール投げがメートル伸び、50メートル走が0.3秒縮まりました。


 ・・・・・。
 いや、すみません。平均値にも届いていません。

 また、今日ふと思い、中学校3年の弟(14)に、( ^o^)「お前、50メートル走は何秒だった?」と聞くと、「7.6秒。」との答えが返ってきました。どうすりゃいいの(´・ω・`)



 というわけで、僕には体力が全く無いことが皆さんに伝わったと思います。
 う~ん、明日から走って下校しようかなぁ。

 それでは。
「あいうえおかきくけこさしすせそたちつ…」
詰まらずに、且つ、一息で言えますか?

こんばんは、知知武です。

今日の帰り道、歩きながら挑戦してみたのですが…
「は行」と「ま行」の順番を間違えてしまったり、
「ら行」を飛ばしてしまったり…
十数回やって、ようやく家の前で成功しました(笑)
「他の人の目は気にしないのか?」
と思ったそこの貴方。

ご心配なく。
周りに人は居ませんでしたから☆

…はい。
では、今日の部活です。

今日は中間考査前、最後の練習でした。
昨日音取りをした定演の曲を、
もう一度復習して、合わせをしました。

合わせの時間があまり取れないのは、
どうしようもないことですが、
その少ない時間をどれだけ活用できるかは、
練習する側によって、大きく異なります。
それを自覚した上で、練習への態度を考えましょう。

さてさて。
数日ほど前から、
2年生が集まって、いろいろ決め事をしていたようです。

少しその話し合いを覗かせてもらったり、
思いっきり聞いてたりしたのですが…
なんだか聞いているうちに、懐かしさと寂しさを覚えました。

「この子たちが主体となって
部活を動かしていく頃は、自分はこの部活には居ない」
と思うと、やはり寂しいものです。

…しかし、それが高校の部活ですね。
残り数ヶ月の音楽部生活。
悔いのないように過ごそうと思います。

では、明日からまたネタ探しの日々になりますが…
おっと。
ネタは「作る」ものでした(笑)
明日からは、ネタ作りをしながら、
テストやその先にあるものに備えたいと思います。

ではでは。
 知知武君の日記に、「『最近の日記は個人的すぎる』と言われた」とありますが、そんなに言うほどでもないと思います。確かに地元の紹介はやめてもらいたいですが。
 まぁ、今までだってそうでしたし、先輩達の日記だって個人的だと感じますし。もし仮に部活のことだけを淡々と書くとしても、別に僕は良いですが、読んでいる人がいると考えると・・・・・ねぇ?
  というか、その批判は真っ先に僕が受けるべきだと思います。いや・・・、読者の皆さんには申し訳ありませんが、書いている方は楽しいんですよ。

 僕としては、けじめをつけて書くというか、個人的な事と部活の事をバランスよく書いていくのが良いと思います。
 部活の事だけでもダメ。かといって好き放題に書いてもダメ。ここが個人のブログよりも難しいと思える所です。


 ずむへるつです。



 今日はいつも通りの練習・・・とはいきませんでした。
 僕達は、パート毎の練習は二年生の教室を使って行っているのですが、今日は保護者会がありました。その為、教室がなかなか空きませんでした。また、今日は先生がいらっしゃらなかったので、全体練習ばかりやっても・・・。ということで、新入生勧誘についての反省会を行いました。
 いろんな人がいろんな意見を持っていました。また、一年生にも良かった点や悪かった点を言ってもらいました。まぁ、僕達三年生が今日の話し合いを今後に生かしていく、というのは出来ないことだから、来年はみんな頑張ってね。


 その後はパート毎の練習となりました。
 明日はそれらの曲を全体で練習します。テスト前で気が気じゃないかもしれませんが、気を引き締めてくださいな。

 それでは。
そう。
少しずつ、それでも着実に
大きくしていけば良いと思います。

こんばんは。知知武です。

…自分は、何をほざいてるんでしょうかね。

はい。
今日は久しぶりに10時前に帰れたのですが、
その反動か、つい日記を書くのがギリギリになってしまいました。
というわけで、少々簡潔に今日の部活です。

今日は実委があったため、1年生がほとんど来られませんでした。
何事も一生懸命やることは、
難しいですが素晴らしいことだと思います。
1年生には頑張ってもらいたいですね。

そんなわけで、今日は定演で2,3年のみで歌う曲の練習をしました。
もちろん、練習に来た1年生は違う曲の練習をしましたが…
詰まりに詰まったスケジュールの中で、
予定が狂ってしまうことは大変なことです。
その狂いを直すためには、
やはりどこかで埋め合わせをしなければならないと思います。
そのタイミングは、一人一人が自覚を持ち、
自ら進んでやらねばなりません。
大変なことは重々承知ですが、
そこで頑張れるのが、聞くところによるとうちの生徒だそうです。
助け合い、励まし合いながら頑張りましょう。

明日は授業参観と学級での保護者会があるそうです。
保護者会の、素敵なバックコーラスにでもなれるように、
実のある練習をしましょう(笑)

ではでは。
 7時間授業の後の部活では、みんな疲れた顔をしていました。
 まぁ、疲れるのは仕方のない事なのですが、僕としては、疲れた状態の人達にあれこれとうるさく言いたくないです。どちらかというと要領が悪い人間である僕にしてみれば、発言するときは良く考えてからでないと物を言えないので、そうやって考えた注意点を言っても理解してもらえない、というのは嫌なので。
 ――だから、さ。頑張ってよ。

 ずむへるつです。


 今日は4曲の練習をしました。言ってしまえば、最近練習した曲の復習、といったところでした。
 練習自体はそんなものだったのですが、三年生の出席率が良くありませんでした。昨日休んだ僕が言える話ではないかもしれませんが、もう少し良くなるといいですね。まぁ、みんなそれぞれの用事があるので、休んだ事を責めることはできませんが。



 すいません、今日は時間が無いので、これにて。
「休日の日記が、個人ブログ化している」
と後輩に言われました。
…言われてみれば、そうですね。

こんばんは。知知武です。
そうは言ったものの、それ以外に書くことと言ったら
かなり限られてしまうのですが…(笑)

…はい。
では今日の部活です。

今日は昨日に引き続き、定演の曲の練習でした。
主に、一般的に童謡の曲を中心として練習したのですが…

童謡は、みなさんご存知の通り、
子どもから大人まで、みんなで楽しんだり、
味わったりできるような曲です。
メロディも比較的容易で、言葉も分かりやすい。
…つまり、最も曲を表現しやすいジャンルと言っても良いでしょう。

1年生も、見てくれている子がいるようなのでお話ししますが、
歌は音が合っていれば、それで完成といったような
単純なものでは決してありません。
音が合い、ハーモニーが整い、
且つ、楽譜に書いていない表現まで酌み取った上で、
そこで初めて、曲を極めるスタートラインにつける。

そんなことを、頭の片隅に置きながら、
日々の練習に向かってほしいですね。

今日はもう一つ。
部活の終わり近くに、大宮高校の方が
定期演奏会の宣伝に来てくださいました。
共学の部活からいらっしゃった男子高生お二人に、
うちの部員から、(いろんな意味で)矢のような質問が飛んでいましたね。
大宮高校の方々、ありがとうございました。
そして、申し訳ありませんでした。
ちなみに日にちは6月13日、
場所は、さいたま芸術劇場の音楽ホールだそうです。
他校の演奏会は、知識の幅と奥行き両面を広げられる他、
運営する側になったときの参考にもなります。
ぜひとも行きましょうね☆

さてさて…
夜も更けてきたので、今日はこれくらいにします。
明日は7時間授業ですね。
放課後まで、気長に頑張りましょう♪(笑)

ではでは。
 この前、(;・∀・)「いい加減、ケータイは直らないの?」と言われました。
 ・・・三月頃に僕のケータイが二度目の水没事故を起こしてから約二か月が経ちました。が、また使えるようになる気配(?)が未だに無いので、まだまだケータイの無い生活が続きそうです。そのせいで、いろいろと不都合が生じているらしいので、皆さんには申し訳ないです。もしかしたら、部活を引退しても使えないかも・・・。

 ずむへるつです。


 今日は定期演奏会での曲を練習しました。
 この前まで練習していた自由曲などよりは短いですが、曲の雰囲気が違うため、表情やリズムなどにも気を使わなければならないので、自由曲とはまた違った難しさがあります。まぁ、それだから歌は楽しいんだけどね。

 僕が正しい音を教えるためにピアノを弾くとなると、ミスタッチが目立つうえに、細かいリズムはまったく分からないので、僕はすぐにあきらめて後輩に指導を任せました。「パートマスターがそんなんでいいの?」と思うでしょうが・・・、まぁ、大目に見て下さい(′・ω・`)

 その後、上級生は別の曲の全体練習でした。
 僕はそっちに出ていないので、その練習について言えることは無いですが、上級生は一年生よりも曲数が多いので、要領よく練習しないと駄目ですよ。



 明日も同じような曲の練習ですので、頑張りましょう。
 短いですが、今日はこの辺で。
今日は母の日でしたね。
お母様方は、ゆっくりお過ごしできたでしょうか?
そして、部員達はしっかり孝行できたでしょうか?

こんばんは。知知武です。

日ごろの感謝を言葉にするのは、
なかなか恥ずかしいことです。
しかし、ある1日を「母の日」と名づけることによって、
社会の風潮が「母に感謝」ということになれば、
その恥ずかしさも薄れてくるのかもしれません。
ひょっとしたら、そのために「母の日」が設定されたのでは…?

…などと、日記を書こうと思ったときに少し考えてしまいました。

ちなみに、母の日にはカーネーションを渡す風習がよくありますが…
今日は自分が聞いた、その起源を少し紹介します。


──カーネーションは昔、痛みを和らげたり、
熱病を治したりと、薬草として用いられたそうです。
そして、その効果が、まるで母親のように優しいことから、
いつしか花言葉が、「母の愛情」になったそうです。

さて。時は進んで1908年。
場所はアメリカ、ウェストバージニア州のウェブスターという町。
一人の女の子が、カーネーションを摘んでいました。
彼女の名前はアンナ・ジャービス。
彼女は教会へ行き、あるお墓にカーネーションを供えた後、
来ていた人たちに、カーネーションを渡してこう言ったそうです。

「今日は母の命日です。私の母はカーネーションが大好きでした。
 この花の花言葉は、『母の愛情』。私の母と同じように、
 皆さんのお母様も、皆さんを優しく愛していられるでしょう。
 そんなお母様に感謝して、どうぞこの花を皆さんのお母様方に捧げてください。」


この話を聞いた人たちは、大変に感動したそうです。
またその話は、たちまち全米に広がり、
いつしか、元気なお母様には赤いカーネーションを、
もう亡くなられてしまったお母様には、
白いカーネーションを渡す風習ができたそうです。

そして時代は流れ、1914年。
皮肉にも、あの第一次世界大戦が始まった年に、
当時のアメリカ大統領ウィルソンによって、
五月の第二日曜日が「母の日」と定められたそうです。

ちなみに、日本でこの習慣が始まったのは大正時代のようです。
昭和時代には時の天皇、昭和天皇の皇后さまがお生まれになった、
3月6日が「母の日」とされていましたが、
戦後再び、五月の第二日曜に戻ったそうです。


…と、以上が豆のサイズを遥かに超えた、知知武の豆知識でした(笑)

まぁ当然の事ながら、母親に感謝するのは今日だけではないですがね☆
常日頃から、時に日向となり、時に日陰となって
自分たちを支えてくれるお母様方への、
限りない感謝の気持ちを忘れずに、
日々、部活に勉強に頑張りましょう!

というわけで、明日からまた新しい1週間です。
来週は、中間考査前で部活停止になる前の、
大切な1週間になります。
1日も無駄にはできない、今の状況の中で、
部活と勉強の釣り合いを保ちつつ、
限られた時間の中で、より効率的な練習をできるように工夫しましょう。
と、言っている自分が、そんな生活態度ではないのですがね…

ではでは。
 ふと、一年前の心境を思いだしました。
 今のような状況になるなんて考えもしなかったなぁ。

 ずむへるつです。



 今日はコンクール曲のピアニストの方との、初めて一緒に練習しました。

 コンクールの曲は、もちろん伴奏が無くても練習ができますが、やはり伴奏が無いと全体的な曲の雰囲気などが掴みにくいので、そういった所を中心に練習しました。
 ・・・うん、まぁ、書いてしまえばこれだけのことなのですが、早いうちから曲の様子を知ることができたので、非常に大切な練習でした。これからも一緒に歌う機会はあるとは思いますが、練習する回数は多い方が良いですし。

 また、いろいろあって、コンクール曲以外の、定期演奏会で歌う曲の伴奏もお願いすることになりました。なので、その練習も少し行いました。(コンクールの曲も含めて)難しい伴奏ばかりを一人に任せるのはいいものなのかと思いましたが、さすがといった所で、上手く弾きこなしていました。
 ピアニストの方、よろしくお願いします。



 また、部活のあとに、坂戸西高校の合同演奏の練習も行いました。
 本番までまだ日にちはありますが、僕としても後輩に早いうちから歌えるようになってもらいたいので、結構練習しました。みんな、土曜日なのに帰りを遅くしてしまって申し訳ない(´・ω・`)



 そういや、明日は模試でした。
 まぁ、精一杯やりますよ。うん。仕方ないことだ。うん。

 終わり。
いつの間にか、五月でしたね。

こんばんは。知知武です。
五月といえば、五月雨、五月病、永遠のMAY(笑)…

…えぇ、実はこれが言いたかっただけでした。

では、今日の部活です。

今日は、コンクール曲の練習をしました。
というのも、明日の部活で
ピアニストの方との初合わせがあるからです。

そのことを知ってか知らずか、音取りを終わらせていたパートと、
そうでないパートがあったようですが…
いずれにせよ、時間はありません。
予定をしっかり把握して、計画的に動きましょう。
今の時期、練習のし過ぎといったことは全く無いのでご安心を。

そういうわけで、
明日は午前授業の後にピアノを含めた初合わせです。
ピアニストの方が来られるのも、そう多くはありません。
貴重な練習を、それだけの価値にできるような
準備、心構えをしておきましょう。

短いですが、時間もギリギリなのでこの辺で。
今夜も、柔らかい夜ですね。

ではでは。
 一日の授業の中に体育があるか無いかだけで、僕の疲労度はずいぶん変わるような気がします。今日だってそうでした。
 って、あれ? 明日も体育があったような・・・・・('A`)


 ずむへるつです。



 今日も昨日と同じく、合唱祭の曲の練習でした。しかし、くすのき祭実行委員会の集まりがあったらしく、そちらに行った一年生が多かったです。
 一年生が練習できない、ということは非常に惜しいことですが、前にも言ったように、何事にも積極的なのは良いことなので、むしろ頑張ってもらいたいものです。もちろん、僕のように、「とりあえず、部活と勉強だけで手一杯になりそうだなぁ・・・。」と思って、実行委員会に入らないのも、それはそれで良いと思います。

 パート毎の練習を一時間ほど行ったあと、全体で練習しました。
 ・・・が、いろいろあって、十分な練習時間をとることができませんでした。まぁ、仕方ないことだと思いますが。


 その後、松山女子高等学校の合唱部さんが、定期演奏会の宣伝に来ました。

 多くの人が言っていますが、こういう演奏会には積極的に行った方がいいですよ。
 中学生の頃の僕も、兄の定期演奏会に行って、密かに歌い方を身につけたりしたものですし、それ以外にも知っておくべきことはたくさんあると思います。
 それに、なにより楽しいでしょうから。



 更新が遅れてすみません。
 終わり。
ここ数日で、本当に暖かくなりましたね。
こんばんは、知知武です。
今日は、半袖の部員も目立ちました。

さて。
少々暑さでバテかけているので、
無駄な事は書かずに、今日の部活です。

今日は発声をやった後、
合唱祭とコンクールの曲を練習しました。
最近、発声がまた乱れてきています。
1年生は発声の「は」の字も
教わり終わっていない段階でしょうから、
まだしょうがないと言えるかも知れませんが、
問題は先輩達です。
1年生は先輩達の声を参考に、
自分の声を創っていきます。
その良い手本となるべく、日々の研究を怠らないようにしましょう。

話は変わりますが…というか戻りますが、
今日やった曲(合唱祭とコンクール)の言語は一覧にすると
日本語、ラテン語、英語、フィンランド語の4種類です。

…なんてグローバルな部活なんでしょうね。

1年生にとっては、入部早々外国語のオンパレードで、
驚きと不安が入り交じった状態だと思います。
実際自分も、2年前のドイツ語の課題曲を見たときは、
相当不安になりました。
しかし、何にしてもやってみることが大事です。
外国語に対する嫌悪感を取っ払って、
思いっきり歌ってみましょう。
もしかしたら、自分の好きな言語が見つかるかもしれませんよ♪

また、今日の部活には59代の先輩が3人いらしてくださいました。
みなさん、大学生活は充実しているようです。
卒業してからも、余裕の笑顔で後輩たちに現状を伝えられるように、
今から頑張りましょうね(笑)

というわけで、ゴールデンウィークも終わり、
明日から授業再開です。
また部活と勉強に時間を追われる忙しい日々が続きますが、
1分1秒を大切に励んでいきましょう。
「一寸の光陰軽んずべからず」です。

ではでは。
 日記を書く上で気にしていることの一つは、「誰が見ても、伝えたいことが分かるようにする」ことです。
 例えば、音楽部では、「全体での練習」のことを「合わせ」と呼んでいます。まぁ、こう説明すれば誰にだって「合わせ」の意味は伝わるでしょうが、いちいち説明するのもなぁ・・・、と思っていたので、日記ではそういった言葉を使わない方針で書いています。部員の方々にとっては、聞き慣れない表現なので、逆にパッとしないかもしれませんが、ご了承ください。
 ・・・とか思っていたら、ここに用語集がありました。だけど、今更習慣を変えるのも面倒なので、今まで通りやっていきます。

 ずむへるつです。


 今日は2日ぶりの部活でした。みなさん、しっかり休めたでしょうか。
 ・・・僕は、やるせない二日間でした。いや、なんでなのかは僕自身も分からないのですが。

 練習は、この前と同じく課題曲と自由曲の練習でした。
 トップは、この前の練習を休んでいた一年生が多かったので、課題曲も自由曲もあまり進んだ事はできませんでした。ただ、先輩としての個人的な意見では、一年生には早く合唱のに慣れてもらいたいので、別に時間がかかっても良いと思いますよ。要は、ゆっくりでも確実に成長してもらいたいのです。


 部活が終わった後は、「親睦会」として、部員全員で食べ放題に行きました!
 ・・・まぁ、各々で楽しめていたようで良かったです。あ、僕も楽しかったです。

 さて、その後はそれぞれ分かれて、ボーリングに行ったり、カラオケに行ったり・・・。
 そんな感じで楽しんできました。



 明日、みんなどうなっているのかな。支障が無いとは思いますが、体調には気をつけてください。
 それでは。
こんばんは…にはまだ早いでしょうか。
知知武です。

まずは、話題がないずむへるつにアドバイスを…

話題とは、作るものだよ by怠け者(笑)


というわけで今日は、GW休みの2日目でした。
部員は各々この2日間、有意義な時間を過ごせたでしょうか。

自分は、今日地元の山へ登ってきました。
ちょうどこの日記の写真の背景になっている山です。
ちなみに、名前は武甲山といいます。
標高は1304m…らしいです。
秩父市街からどこからでも眺められる高さで、
まさにシンボルと言うのにふさわしいものですね。

かのように頂上が変に模様付いていたり、山肌が削られているのは、
あの山にある石灰を求めて、どんどん採掘が行われていった結果です。
親戚の家や、秩父鉄道の某駅、
また麓にある武甲山資料館には、
採掘前の写真が飾られていましたが、今とはまるで違う姿でした。

さて。そろそろ本題に入りましょう。
登山ルートは、簡単に言いますと、
山の左側から登って西側に降りるといったものだったのですが、
何しろ何年ぶりかの山登り。
慣れるまでがなかなか大変でした。
が、それ以上に自分の親はなかなか大変そうでした。
…年をとるって、怖いものですね。

休み休み登る中で、やはり気持ち良いと思ったのは、
豊かな自然と、行き交う方々の温かい挨拶でした。
また四方八方どこからでも聞こえてくる、野鳥の鳴き声。
それと同じくらい聞こえてくる、熊避けの鈴の音(笑)
すべてが自分たちの受けている恩恵を感じさせてくれました。

そして頂上に着いたのはお昼の少し前。

…写真、見たいですか?
あ、別に見たくはない?

まぁ、ここは自己満足の世界です。

見たくない方には申し訳ありませんが…

どん。
DVC00332.jpg

…正直、携帯電話のカメラの限界でした。
所詮は電話なんですね。

しかし、肉眼では市内がしっかりと見えましたよ☆
ちなみに、我が家もきっとこのどこかに…(笑)

それともう一つ。
この山では、今も石灰の採掘が行われていまして…
毎日12時30分になると、ダイナマイトが発破されるんです。
なんでも昔はその音を聞いて、
畑仕事を止めて昼ご飯にする家庭もあったそうです。
ちなみに今日も、ちょうど12時30分に爆発音が聞こえました。

しかし、自然保護が叫ばれる今でも
変わらずに続けられている石灰の採掘。
もちろん、それを生きる糧としている方も、
そしてそれを要している方もいるのでしょうから、
簡単に言えることではないでしょうが…
少し深く考えてしまいました。

そして、発破音を間近で聞いた後に下山。
やはり山の下りは疲れますね。
上りよりも、心身共に疲れました。

と、これが自分の今日の行程です。

しっかし…
何をやってるんでしょうね受験生。


さて。
話は変わって、明日から部活再開です。
ちなみに、明日は新入生歓迎パーティがあります。
部活を集中してやったら、
節度を持って楽しみましょう♪

ではでは。

続きを読む



 ずむへるつです。

 今日は部活がありませんでした。なので、みんなもしっかり休むことができたと思います。でも、中間テストがさりげなく近いです。
 ( ^o^)「そうはいっても、テストは今月末でしょ? そんなに言うほど近くないよ。」と思う一年生も多いでしょう。しかし、練習がきつくなってくると、いつの間にかテスト期間になっています。あくまで個人的な見解、ですが。



 ・・・・・すいません、全く話題が思いつかないので、終わりにさせてもらいます。
 いや、先輩達の日記って短いなぁと感じていましたが、まさか自分が短い日記を書くことになろうとは・・・。
 一応、これでも二時間は考えましたよ?(′;ω;`)


 というわけで、せめて・・・と、『あの先輩の日記みたいなタイトル』をつけさせてもらいました。
>>次のページ