今年も残すところあと僅か…
1年間あっという間でしたね。

改めまして、こんばんは。
知知武です。

昨日はすみませんでした。
実は旅行に行っていまして…
頑張れば書けないこともなかったのですが、
ついずむへるつに甘えてしまいました(笑)

今年を振り返ると…
「波瀾万丈」でしょうか。
本当にいろいろありました。

楽しかった思い出は
そのまま良い思い出として残し、
辛く、悲しかった思い出は
教訓として来年に生かそうと思います。
来年は…今年以上に充実した年にしたいですね。

あまり時間がないので、この辺にします。

皆さん、良いお年をお迎え下さい♪

ではでは。
スポンサーサイト
 今日は知知武君が書けないらしいので、昨日に引き続き、ずむへるつの日記をお送りします。代わりに書くのは、今年(というか、今まで)で初めてですよ。僕は書かせてばかりなのに・・・。

 今日は、僕にとっての2009年を「回想」することで、今年の日記係の仕事を終わりにしたいと思います。



 今年は、今まで体験しなかった、いろいろな事を体験した一年でした。

 はっきり言ってしまいますと、良くない事の方が多かったです。
 酷い言葉をかけられた事もありました。後になって、その言葉は間違っていた事は証明された(と思う)のですが、当時は非常に辛かったです。
 ――部活に熱心に取り組んでいるのに、遠回しにでも「お前は歌が下手だ。」と言われて平気な奴が、どこにいるんだよ?――


 今考えると、よく堪えたものだと思います。
 どうしてだろう?

 まぁ、僕が4年前の定期演奏会で感じた「熱意」は、あんな言葉を仲間にかける人には分からないと考え、自分を信じたからこそ、堪えられたのでしょうね。



 その一方で、なかなか無責任な事もしてしまいました。
 パートマスターとしては、ピアノが弾けないのを理由に、いい加減に教えてしまった事もあります。日記係としては、「批評」と称して、友人や同級生が見ているのも忘れて、文句を書いたりしました。
 考えて見れば、仕事を引き継いでから4ヶ月が過ぎました。僕は、ピアノに関しても、文章の執筆に関しても、もう「初心者だから許して!」などとは言えなくなりました。パートマスターとしては、教えられる事は教えたつもりなので、後は頑張ってもらうしかないですが、日記は約2ヶ月分の執筆をしました。そろそろ日記も余裕を持って書けるようにならなくては。
 ちなみに、以前、「文章を書く力をつけたいから、日記係になりました。」のような事を書きましたが、意外とついたみたいです。よかった。



 そういえば、今まで何度も書いて来ましたが、今年は「リーダー」についていろいろと思う事が、たくさんありました。
 パートマスターになって、「自分が教えたから、セカンドの人達が歌えるようになった!」と喜ぶ事もあれば、修学旅行の班長になって「せっかく頑張ったんだから、もうちょっと関心を示してくれよ・・・・。」と落胆した事もありました。
 いずれにせよ、リーダーを体験しないと学べない上に、人と付き合う時に必要だと思うような、「心構え」を知る事ができて、よかったと思います。





 ――あれ?
 なんだ、良い事も意外とあったじゃん。
 よかった。



 皆さんも今年を振り返ってみては、どうでしょうか。

 終わり。
 今年もあと3日ですか。僕は実感が沸きません。
 しかし、年が変わろうと、僕らのやるべき事は、たいして変わりません。いきなり心機一転しようと思っても、難しいでしょうね。それでも、変わる事ができたなら素晴らしいと思います。



 ずむへるつです。

 おとといは、東京工業大学の合唱サークルの定期演奏会に行ってきました。
 「東京工業大学 コールクライネス」という名前の、このサークルは混声合唱であり、日本でも有数の合唱団だそうです。

 そんな合唱団ですが、川越高校の音楽部員は、去年も今年も5人ほど来ました。
 僕は去年も行きました。去年は迫力があった演奏が多かったのに対して、今年は楽しげな曲が多かったですね。



 合唱は、普通の場合では4つのパート(四部)に分かれます。しかし、それ以上に多くのパートがある曲もあるそうで、有名な作曲家のモーツァルトは「ミゼレーレ」という九部合唱を一回(二回という説もあるそうです)聞いただけで楽譜に書き写したとか。
 ・・・話が変わってしまいました。僕が言いたい事は、「どのパートにも良い所がある」という事です。
 僕が所属しているセカンド(「セカンドテノール」と言うのが正式ですが)は、だからと言ってトップテノールよりも地味、というわけではありません。そのうえ、僕は一年間で微妙な音のズレが分かるようになったので、セカンドでよかったと思います。

 まぁ、大丈夫だとは思いますが、今の自分のパートでよかったと思えるような練習をして下さいね。
 



 本当に一貫性のない話題の日記ですが、今日は終わりです。
 ・・・べっ、別に「『容疑者Xの何とか』を見てたから」上手く書けなかった、なんて事は決してありません。
日本語って、難しいですね。
日常で母国語として使っている自分ですら、迷ってしまう言葉。
外国の方々から見れば、相当難しいでしょうね。

こんばんは。
またしても、まさかの知知武です。

今日はずむへるつが、
ちょっとした都合で部活に来られなかったので、
代わりに書かせていただきます。
こんな未熟者が書く駄文を、わざわざ読んでいただいている方々、
本当にありがとうございます。

では、今日の部活です。
今日は、普段通りの午前練習でした。
主に昨日のレッスンの内容確認と、曲の研究(?)でした。
昨日以来、楽譜の見方が根本から変わった、
そんな風に思います。

これからは、また練習をやり直すぐらいの覚悟が必要です。
少なくとも2年生はそう感じたはずです。
ネットを掠めている程度で満足するのではなく、
リングをしっかりと掴み、ゴールを決めるべく、
練習に一層励んでいきましょう。

さてさて。
タイトルにも書きましたが、今日は今年最後の練習でした。
しかし、これはあくまで、今年最後の「学校での」練習です。
これから次回の練習、1月4日まで、
各々、年末年始の時間を少しでも割いて、自分で練習しましょうね。

では、今日はこの辺にします。

一応日記は、年中無休でやろうと思っているので…
見ていただけると勝手に喜びます。

ではでは。
今までの時間、取り戻したい気分ですね。

こんばんは。知知武です。

先日は、更新遅れてすみませんでした。

では、あまり時間がないので今日の部活です。

今日は、日本でもトップクラスと言っても過言ではない、
素晴らしい先生に来ていただき、1日練習をしました。

主にアンコンのグループごと、つまり学年ごとに、
午前・午後と分けて練習したのですが…
えぇ。
自分がこれまでのおよそ2年間で
学び、研究してきたことの薄さを、まさに痛感しました。
発声から始まり、曲の視点、その研究、歌い込み、
そして合唱に対する心。
すべてにおいて、未熟であったと思います。
おそらく他の部員、特に2年生は、
自分と同じく、かなり衝撃だったのではないでしょうか。

本当に多くの事を学び、
少しながらではありましたが、先生から技術を盗むことができた、
とにかく内容の濃い1日でした。

今度はこれを自分たちで研究し、
自分たちのものにしていかなければなりません。
それが生半可な気持ちではできないことを、再確認しました。
今日は頭の中に、教わったことや考えたことが煩雑していて、
とてもこの短い間では整理できそうにありません。
また改めて、自分なりに考えたことは、
後日、書いていこうと思います。

とりあえず今日は1つだけ。


コンクールは、芸術作品に勝ち負けを決めるもの。
それに対しては、人それぞれ考えがあるかもしれない。
しかし出るからには、勝つことにのみ、意義がある。


その意気込みで、これからの練習に励んでいこうと思います。

明日は、今年最後の練習です。
今日学んだことを自分なりに整理して、
今後の練習に生かしましょう。

ではでは。
 やっと模試も全て終わり、一息ついている所です。しかし、宿題にしろ、やる事はたくさんあります。
 夏休みの時のように、「パートマスターなんて絶対無理です(泣)」と言って悩み、いろいろと整理がつかなくなるのは、もう嫌です・・・・。

 でも、嘆いたって仕方ない。自分の事ですから、自分で何とかしなくては。



 ずむへるつです。

 今日も昨日と同じような練習をしました。しかし、今日は昨日と違い午前からの部活だったので、SSH関係の仕事で部活に出る事ができなかった人達も多かったです。
 あさってからしばらく部活がなくなってしまうので、できれば全員出席してほしかったのですが・・・・・。

 CD収録の曲は、最も難しいとされている曲でした。それだけに、先輩達の存在感の大きさを痛感しました。
 ・・・・・いや、今までも感じていましたが。

 さて、明日は外部の先生の指導があります。
 早く寝て、明日に備えましょうね。



 (一時期より)かなり短いですが、今日はこれにて。
…すみません。
本当にすみません。

昨日は帰ってからパソコンへ向かう前に
力尽きてしまいました。

おはようございます(笑)
知知武です。

そういうわけなので、
朝日記になること、ご了承くださいますようお願いいたしますm(_ _)m

さて。
それでは昨日の部活です。

昨日は、
SSH(スーパーサイエンスハイスクール)の活動の一つとして行われている
冬休み科学教室の準備で、午前は大多数の部員が部活に出られなかったため、
午後からの練習でした。

いつもどおり体操・発声のあとに、
アンコンの、パー練と合わせを行い、最後に録音曲を1曲練習しました。

アンコンに関しては…
当たり前の事ですが、非常に難しいです。
声量、声質、リズムなどが、少しずれただけでも露見してしまう…
1年生より少ない人数の2年生は、特にそれが現れてしまいます。

「声を1つに、心を1つに」

難しいかもしれませんが、練習あるのみだと思います。
頑張りましょう。

録音の曲は、反省会の時に、特に注意することをもう一度確認しました。
アンコンの練習との同時並行となりますが、
気を抜かないで練習に励みましょう。

さてさて。
練習が終わったあと、2年生の用事がある人以外は、クリスマス夕食会(?)を行いました。
自分は多分おそらく、家族以外の人との初めてのクリスマスでした。
つかの間の休息、とっても楽しかったです♪
今度は全員で、またどこかに行きたいと思います。

では、気持ちを切り換えて…
今日と明日で、今年の練習は終わります。
明日の練習から次の練習までは、1週間以上開いてしまいます。
どれだけ来年まで保てるかは、今日と明日の練習次第です。
気合いを入れて、練習に臨みましょう。

と、朝書いても何人が見ているやら…
本当にすみませんでした。

ではでは。
 ずむへるつです。

 昨日はすみませんでした。
 一応、(約10時間以上の)模試の感想を言いますと、集中力は大切ですね。
 ・・・・・・それ以上の感想は勘弁して下さい。



 今日は、終業式の後に部活を行いました。
 部活中にも、通知表の事で騒いでいる人が多かったです。でも、発声体操中にまで話さなくても・・・・、とは思いました。
 (僕の個人的な考えですが、)何人かの人には言いましたが、去年の事を思い出してみると、この時期に気が緩みやすいように思えます。気をつけましょうね。

 主な練習は午後に行いました。今日もCD収録の曲とコンクール曲の練習でした。
 一年生も二年生も、まだまだと感じる所はあるでしょう。そういう所は、全体での練習で見つけて、次の日のパート練習で直せるようにしましょう。



 ・・・とここまで書いたら、ちょうど25日になってしまったので、どうせなら何か書こう、と思いつつも何も浮かばない上に、知知武君からの怒りの電話がきたので、ここで終わりにします!







 いや、言い訳にしちゃいけない事は分かっていますが、ケータイで日記を書くのは大変ですよ。
最近、ピアノ曲を聴くことにハマってます。
今までは、合唱曲集ばっかりだったのですが…
少し音楽の幅を広げようと思い、聴き始めました。

こんばんは。2日連続ですみません。
知知武です。

今日はずむへるつが部活に出られなかったので、
代わりに書かせていただきます。

さて。先ほどの続きですが…
ピアノ曲と言っても、
あまり複雑すぎる曲は耳も心も疲れてしまうので、
そんなに難易度的にも高くない曲を探して聴いています。
お勧めがあったら、ぜひとも教えて頂きたいですね♪

では、今日の部活です。
今日は1日練習でした。
午前はまず、体操、発声を済ませた後、
短い時間ではありましたが、先生の発声練習があり、
それから録音の中の1曲をパー練、合わせとやりました。
今日の曲はオールソロがあり、他は伴奏という曲なのですが、
とにかくその伴奏が、バス以外のパートの難易度がとても高く、
相変わらず苦戦していました。
やはり、ここは慣れるしかないと思います。
繰り返し練習し、音をしっかり自分のものにしましょう。

録音の曲が終わったら、アンコンの曲のパー練をしました。
我が2年バスは、今日は2人だけだったので、
音の微妙なズレの調整と、
曲の難所の秘策(笑)を考えていました。

そして、昼食を挟んで午後練です。
午後は本来の予定だと、
1年生と2年生が交互に
パー練と合わせをやるはずだったのですが、
今日は残念なことに、2年生の出席率が非常に悪かったので、
1年生が合わせ、
2年は午後、ずっとパー練でした。
この時期は、確かにいろいろあります。
その中で「両立」というのは非常に難しいかもしれません。
正直、自分も「両立」とは具体的にどうすればよいのか、
はっきり分かりません。
しかし、その方法を見つけていかなければ、
これからの1年間、
満足のいくような充実した高校生活は送れないと思います。
先生方も、最善の協力をしてくださっています。
自分たちも頑張りましょう。

練習終了後は、全国大会の演奏をいくつか見ました。
そのレベルの高さを、皆認識したと思います。
あのレベルまで実力を引き上げなければ、
全国は行けないんです。

部員のみんな。
「あの悔しさ」を、忘れかけてはいませんか。

臥薪嘗胆。

今一度、気合いを入れ直しましょう。

明日は終業式なので、この辺で失礼します。
ではでは。
月日は百代の過客にして
行き交う年もまた旅人なり…でしたっけ?

うろ覚えですみません。知知武です。

江戸時代、かの俳人松尾芭蕉は人生の後期を、
自由気ままに旅で全うしたそうです。
時は過ぎて現在。
分刻みで何もかもが動いているこの御時世でも、
そんな人は居るのでしょうかね。

はい。自分の言いたいことがよく分からなくなったので、
今日の部活です。

今日は大掃除のみだったので、
午前からの練習でした。
主にアンコンと録音曲の練習ですね。
少し午後まで時間を被らせてやったのですが、
それでも合わせは、ほとんど時間が取れませんでした。

…そろそろ、
意識を変えていかなければならないのではないでしょうか。
「まだSVECや録音まで1ヶ月もあるし…」
などと甘く考えている輩がもしも居るならば、
それは大きな間違いです。

発声練習が、「なんとなく」になっていませんか?
部活が終わってから、反省点を改善する努力をしていますか?

いつか部長が言っていましたよね。
「1日ずつ、少しずつで良いからレベルアップしていこう」と。
それを怠ったとき、もう自分の最高を出すことは不可能になるんです。

無論、陰で努力している人は居ます。
放課後、キーボードを持ち出して発声をやっている者。
分からないことを質問している者。

でも、当たり前の事ですが、合唱は団体競技なんです。
全員が同じ分だけの意識を持って練習に臨まないと、
頑張っている人たちの努力が、
その怠けている人たちのせいで水の泡になるんです。


他人事だと思わないでください。

とにかく時間は余分にはありません。
無駄な時間をどれだけ省くかは、
その人の思いの強さです。
頑張りましょう。

ではでは。
 何故なのか、と感じる事があったら、僕は少しでも考えてみるようにしています。「少しでも」なので、10分程度考えても分からなかったら、考える事をやめます。
 適当すぎるかも知れませんが、自分にとっては要領よく物事をこなすためのコツです。勉強でも、仕事でも、人間関係でも、同じです。



 ずむへるつです。
 今日は学期末という事で、授業が短めでした。最後が、僕の天敵(という名の体育の授業)という事を除けば、無事に終わりました。

 部活は午前中から始まりました。と言っても、午前中は発声体操を終わらせただけです。

 その後は昼食の時間となりました。しかし、さらにその後に驚かされた事がありました。なんと、セカンドの後輩達が、昼食の時間に練習を始めていたのです。
 それは、自分達の歌の完成度に危機感をもったのか、それとも、どうせならという考えからなのかは分かりません。しかし、「自発的に練習する」という動きが、一年生に表れ始めているように感じました。
 いやぁ、嬉しい限りです。

 今日の流れは、一年生と二年生がコンクールの曲を別々に合わせた後、CD収録の曲を一つ合わせる、というものでした。
 コンクールの練習と一緒にCD収録の曲も練習しなくてはいけないんですよね。なかなか大変だと考えている人もいるようですが、一つ一つの目標を、しっかり完成させていけば大変に感じないものですよ。

 それでは。
海の向こうのワシントンでは、
大雪のために、非常事態宣言が出されたそうですね。
日に日に寒くなっていくこの時期。
上着を着るなど、こまめな管理が必要だと思います。

はい、知知武です。
今日は日曜、練習は休みでした。

という訳なので、自分からも
昨日の事について少々書こうと思います。
えぇ、模試がないのでたっぷりと(笑)

昨日は午前練習を少し短めにしたあと、
20人で老人ホームへ向かい、演奏をしたのですが…
とてもご丁寧に歓迎していただき、
更に紹介では、随分と針小棒大に我が部を紹介していただき、
本当に申し訳ないほどありがたかったです。

肝心の演奏でも、
演奏自体はテンポは速まるやら、ハーモニーは揃わないやらで
まだまだ未熟な点だらけだったにも関わらず、
手拍子をしてくださった人、
うなずきながら聴いてくださった人、
一緒に歌ってくださった人、
中には涙を浮かべるほど、一生懸命聴いてくださった人もおられて、
本当に、歌っているこちら側がとても嬉しかったです。

所長さんが言っておられましたが、
音楽を通して演奏する側、演奏を聴く側が一体となった、
素晴らしい演奏会になったと思います。
音楽の真の価値を学ぶことができ、本当に良い経験になりました。

そして演奏会後は数名で、
明治大学グリークラブさんの演奏会へ行きました。
…数名迷った者も居たようですが。

会場は、川越から更に1時間ほど都会へ行った、
川口の総合文化センターリリアの音楽ホールでした。
自分は、向こうに着いてから開場まで少し時間があったので、
少し駅前をふらついていました。
目が回るような高いビル、
まだ日が沈まないうちから光っているネオン、
そしてたくさんの人、人、人…

川越も十分すごいですが、
…えぇ、同じ埼玉県とは思えませんでしたね。

そうこうしているうちに、開場時間になったのでホールに入りました。
全面木製(おそらく)のホールは、とてもきれいでした。
そして演奏が始まったのですが…

うちの部の約半分ほどの人数にも関わらず、
安定感のある声、そして乱れることのないハーモニー。
「素晴らしい」
この言葉がぴったりな演奏でした。
また1年生は、アンコンで歌う曲もあったので、
大いに参考になったと思います。
頑張りましょう。

そしてもう一つ。
大学の演奏会は、学生指揮の方が主に振っていて、
今回もそうだったのですが、
学指揮の方の指揮が、とても格好良かったです☆

あ、誤解しないでくださいよ。
「憧れ」と「尊敬」から出た感想ですから…

まだ完全には声ができあがっていない高校生が、
安定した声を持っている大学生の演奏と
同等もしくはそれ以上の演奏をするのは、
決して簡単ではありません。
しかし、自分たちに唯一与えられてる特権があるとすれば、
それは、時間だと思います。
その時間をどれだけ有効に、大切に使うかが、
これからの成長の鍵となっていくのではないか?
そう思いました。

SVECまで残り39日。
定演まで残り7ヶ月少々。
そして県のコンクールまで残り8ヶ月。

止まることないこの時間を、
有効に、大切に使っていきましょう。

…たっぷり書き過ぎました。

ではでは。
 明日は模試なので、淡々と書きます。淡々と。

 ずむへるつです。
 他の人に言われて気がついたのですが、おとといの日記で、「20日に老人ホームでの発表がある」と、間違えて書いてしまいました。すみません。
 発表は今日でした。



 今日の午前中は、コンクールの曲と老人ホームでの曲を練習しました。
 コンクール曲は、一応という所ですが、曲全体の形(?)が見えて来ました。まぁ、一年生の方は分からないのですけど。
 しかし、いずれにせよ、一年生にも二年生にも、心配し始めている人達がいます。確かに、年末は練習できませんから、今のうちに完成させておきたい、と思うのも納得できますね。

 そして、最後に老人ホームの曲を練習してから、早めに部活を終わりにして、老人ホームへと向かいました。

 そして、本番では合計8曲を発表しました。そこでは、特に大きな問題もなく、練習通りにうまくいきました。僕達も楽しく歌えた上に、聴いていた皆さんにも感動してもらえたようなので、本当によかったです。

 これからも、たくさんの人に感動を与えられるよう、頑張っていきたいと思います。
 それでは。
こんばんは、知知武です。
今日は寒かったですね。
というわけで、パソコンをこたつまで運んで書いています♪

では、今日の部活です。
今日は、アンコンの練習を少しやったあと、
老人ホームでの演奏を、司会も入れて一通り通しました。

先生もおっしゃっていましたが、
まだ曲によって、出来が大きく異なりますね。
要因は、やはり「慣れ」だと思います。
短期間で、曲を自分のものにするのは、
なかなか簡単ではありません。
練習の量と質、いずれも大切ですね。
これからの練習を、
常にそういうことを念頭に置きながらやると、
また力も伸びて来るのではないでしょうか。
頑張りましょう。

さて。
そういうわけで、明日は老人ホーム訪問です。
部員の中から20人が演奏にいきます。
その人たちは、川越高校音楽部として
恥じない演奏をしましょう。

さらに、明日はSVECの抽選会もあります。
各学年の代表には、良い順番を期待しましょう(笑)

さらにさらに!
明日は2年生の中の有志6人が、
名古屋でアカペラ演奏を披露してきます。
実は彼らは、先日行われた
埼玉県での大会で優勝していたのです。
川越高校音楽部の名を、全国に知らしめてほしいですね♪
良い結果を期待しましょう。

というわけで、明日は各々が
いろんな場所で役割を果たしてきます。
自分の力を十分に発揮し、
悔いのない演奏をしてきましょう。
抽選の人たちは…運を十分に発揮してきてください(笑)

ではでは。
 久しぶりに明るいうちに帰ることができました。もちろん、部活をやった上で、です。
 それだけで、なんだか嬉しいです。

 ずむへるつです。

 今日もコンクール曲と老人ホームでの曲の練習をしました。
 コンクール曲の練習ですが、テナー系の人が2人しかいなかったこともあり、二年生は曲を合わせてみました。僕としては、なかなか健闘したと思います。しかし、まだまだ問題点は多いです。
 ・・・・・・こんな意見はただの言い訳にしかならない事は分かっていますが、パートごとの練習では自分が指導する必要があるので、自分の技術の向上に集中できません。
 お前がもっと練習すればいいじゃん、と思われるかも知れませんが、できれば勘弁して貰いたいです。その理由は、後ほど。


 そして、もう一方の老人ホームでの曲の練習ですが、今日は全体練習を長めに行いました。本番も近いですので。
 練習した曲は、今まで歌ってきた曲が多いので、全て完璧・・・とはいきませんでした。まぁ、数も少し多めだから、しかたないのかなぁ。





 突然ですが、僕の今週の予定は次のようになっています。

●19日(土) 午前:部活、午後:模試
●20日(日) 老人ホーム訪問、その後に模試
●23日(祝) 一日中、模試
●25日(金) 模試(の予定)


 冬休み前だと言うのに、この一週間は・・・。

 特に、模試が多過ぎだろう・・・。

 という訳で、一休みしている仲間をよそに、一人焦っております。
 さて、どうなることやら・・・。


 とにかく、まだまだ頑張ります。

 おわり。
続きを読む
「それでも」って、素晴らしい接続詞だと思います。

こんばんは。知知武です。

いきなり過ぎましたね(笑)
「それでも」って、使われるときは、
たいてい逆境の中にある人が、
決意を示すときじゃないですか。
そんな強い志と常に共にある言葉…格好良いですね。

はい。
自分、理系クラスで文一点を貫いております。

では、今日の部活です。
今日は授業が午前中のみだったので、
午後練習でした。
内容は、アンコンと老人ホーム訪問の練習です。
アンコンは、名前通りアンサンブルを楽しむ素晴らしい機会です。
なるべく早くに、合わせられるようになれると良いですね。
今年は各学年お互いに難曲ですが、
頑張りましょう。
特に、2年生♪

施設訪問の方は、一通り合わせを行いました。
先生が職員会議、頼みの綱の学指揮も早退という状況だったので、
この未熟者が軽い指揮をして、迷惑をかけてしまいましたが…
お陰様で、普段とは全く違う演奏が聴けました。
なんだかんだで、まあまあだと思ってしまったのは、
自分の甘さ故か実力か分かりませんが、
とにかく以前よりは成長してると感じました。
そして何よりうれしかったのが、
曲の表現が豊かになったということです。
「当面の課題」と、自分で勝手に思っていた事でしたので…
今日、この場でしか言わないと思いますが、

みんな、この調子だよ☆

さてさて、間もなくクリスマスですね。
イヴェント係が、なにやら動いてるようですが…
楽しみにしていましょう。

ではでは。
 だんだん寒くなって来ましたね。
 何かの本にあった事ですが、「頭の温度が低く、足の温度が高いと、仕事などに集中しやすい。」らしいです。つまり、冬は足を暖かくして勉強した方がいいって事です。
 そう考えると、寒いのも悪くないですね。

 ずむへるつです。

 今日はボイストレーナーの先生に、何人かの発声を見て貰いました。テストがあったので、多くの人が良い癖も悪い癖も忘れていると思います。だからこそ、こういう時にしっかり練習する事で上達できるのだと思います。
 ・・・って、前にも同じような事を書いたと思いますが。まぁ、僕の経験談とでも思って下さい。だから、つい強調したくなるのです。

 もちろん、パートでの練習も行いました。そこで、一つ気付いた事があります。
 みんな(と言っても、僕が教えているセカンドの人達ですが)が、昨日の反省会で僕が注意した所を、今日の練習で「すぐに」反映してくれているのです。
 以前からも、指導力のなかった僕の注意をよく聞いてくれたのですが、今日の練習で、僕は「昨日言った事は忘れるだろうなぁ。」と思っていたのですが・・・、ほとんどの人が覚えていました。また、忘れていた人も、僕が注意する前に思い出していました。

 歌の技術も少しずつ上がって来ているので、今までの練習の成果が現れ始めていると思います。
 今後も、この調子で頑張っていきましょうね。



 ・・・・・おお、我ながら珍しくまともな文章だ。

 というわけで、これにて。
昨日ジーパンに、穴があきました。
自分の心にも、大きな穴があk…

こんばんは。知知武です。
この時期に吹く風は、
人の心を見透かすかのように冷たく吹きますね。

…はい。

では今日の部活です。

今日はテスト最終日、つまり部活再開でした。
1年生は何やら講義があったようなので、
前半は2年生だけで練習していました。

いやぁしかし、静かでしたね。

1年生が来るまではSVEC曲のパー練をやり、
1年生が来てからは、
今週末に訪問する老人ホームで演奏する曲の練習をしました。
久しぶりの部活、どうだったでしょうか。
おそらく、予想以上に
基礎ができていなかったのではないかと思います。
なかなか歌う機会がないテスト期間。
停止になる前の状態をなるべく維持する事も、
これからは必要ですね。
頑張りましょう。

さて。
先ほど少しお話しました、老人ホーム訪問の件ですが…
きっかけは2年前、
我が部がその施設の近くの施設に訪問したことだそうです。
その時の演奏がとても好評だったらしく、
いわゆる「口コミ」といったことで、今回の訪問につながりました。
本当に、ありがたいお話だと思います。
その先輩方の栄誉、我が部の名を汚すことがないよう、
限られた人数ではありますが、しっかり演奏しようと思います。

今日はテスト期間のためのリハビリでした。
明日からは、ビシバシいきます。
ではでは。
 ずむへるつです。

 6話目くらいかと思っていましたが、4話目でしたね。それでは、予告通りに過去への逃避回想をお伝えします。
 (※今回はvol.2の続きです。)

 第56回定期演奏会――当時、三年生だった兄の最後の演奏会となるこの行事にも、実の所、僕は「司会とかパンフレットが面白いんだよな~」という程度の事しか考えていませんでした。
 まぁ、その時は、特に音楽が好きというわけではなかった中学二年生でしたので、大目に見てやって下さい。

 今の音楽部員の皆さんは想像しにくいかも知れませんが、当時の定期演奏会には、Tシャツプレゼントや演劇などの企画は一切なかったんですよ。それでも、印象に残った歌はたくさんありました。(「so much in love」とか。)

 そして、演奏会も無事に進み、最後の曲の、「少年時代」の間奏部分で、部長のあいさつがありました。しかしその最中に、その部長は泣き出したのです。(部長さん、もしこの日記を見ていても怒らないで下さい。)

 その事は、中学生だった僕には衝撃的な事でした。

 「『歌うだけ』なのに、どうして泣く程苦労するんだ?」

 この事は、いくら考えても分かりませんでした。あの頃は、中学校の部活に失望していたので、「部活に打ち込む」という事がよく分からなかったのです。

 ――分からないなら、自分も経験すれば、きっと分かるはず・・・・!――
 そう考えた僕は、この学校に入学し、この音楽部に入部しました。



 「よく分からないよ。」と思われる人もいると思います。もし、そういう人がいたら、すみません。僕が上手く伝えられないのが悪いんです。
 とにかく、今日はこの辺で・・・・・。
訪問数が、6万を越えていたのですね♪
ありがとうございます。

はい、改めましてこんばんは。
知知武です。
たくさんの方に日記を見ていただいてること、
本当に嬉しく思います。

今日は、テストを1日残しての休日でした。
どうせなら今週中にテストを終わらせて…とも思いましたが、
最終日への対策が十分にとれるのは、嬉しくもあります。
さぞかし部員も勉強がはかどったのではないでしょうか。

さて。
最近、町中からクリスマスソングが
聞こえてくるようになりましたね。
というわけで、今日はクリスマスにまつわる
ちょっとした小話をお話させていただきます。

まさかこのような場で、中学時代の知識が役に立つとは…

クリスマスという名前の由来、皆様はご存知でしょうか。
英語で書くと、「Christmas」と書きますよね。
これ、実は2つの単語からできているんです。
「Christmas」を、「Christ」と「mas」に分けてみると…

「Christ」はご存知イエス・キリストの事ですね。
次に「mas」ですが…
実はコレ、ミサ(聖餐←プロテスタント訳)の事なのです。

つまり、クリスマスの本当の訳は、
キリストのための最初のミサが行われた日」という事ですね。

なので、これから誰かに
クリスマスの予定などを訊くときは、
「今年のキリストのための最初のミサが行われた日って、何か予定入ってる?」
と訊きましょう♪

…まともな返答の保証はしませんが。


ちなみに自分の予定は…また追々話します☆

ではでは。
 ずむへるつです。

 いきなり固い話題ですが、ご了承下さいね。

 テストも三日目が終了しました。
 それぞれが思う所はあるでしょうが、以前書いたように僕は勉強の話が嫌いなので、ここではもう話題にはしません。
 では、なんで「テスト」の事をあえて言い出したのかと思われるでしょう。

 僕はこの学校に入学して、様々な事に驚かされて来ました。それは良い意味でも、悪い意味でも、です。
 今でも良く覚えています。一年生の時の最初のテストでの事です。まぁ、一言で言うなら、「テスト中に携帯電話が鳴った」という事です。「それがどうした?」と思う人もいらっしゃると思います。しかし、入学したばかりの僕にとっては、衝撃的な事でした。

 ・・・・・この場で話していいか分かりませんが、あえて言わせてもらいます。
 この学校の世間の評判は、大体ご存知だと思います。ある先生がおっしゃっていた言葉ですが、「当たり前の事を当たり前にやる」という物があります。まぁ、僕に限らず、皆さんも難しい事を言っているように感じないかも知れませんね。それなのに、(一年生とはいえ、)「テストの時に携帯電話の電源を切る」という、当たり前の事ができていなかったので、驚いたのです。

 ――まったく、試験前に電源を切ったら、なにか起こるとでも言うのか?「試験の前に電源を切る」事は、英検などの試験では当たり前の事。携帯電話が鳴ったらカンニングと見なされてすぐに追い出される、なんて事もあるのに、いいんですかねぇ・・・。――



 う~ん・・・・・。
 確かに、部活がないと、何を書いていいか迷ってしまいます。書きたい事は、部活に関する事も関しない事も、たくさんありますからね。(今日の更新が遅れたのは、僕の時間配分が悪いだけです。)

 でも、いざ書くとなると、書きたい事が上手くまとまりません。
 もし、上手くまとめられたら、「修学旅行で、班別行動開始20分後に、班員の一人が意図的に迷子になった」などの、笑うに笑えない話や、「合格率80%前後の英検の面接試験に合格できませんでした\(^o^)/」などの、もう笑うしかない話があるんですけどねぇ・・・・。
 そういえば、昔から作文は苦手だったなぁ。

 ・・・と、ここまで書いて、ふとあることを思いつきました。よし、あさっての話題は「あれ」にしよう。
 確か、また次の機会に、とか言って2・3ヶ月くらい放っておいてたなぁ。次は・・・・・いくつだったっけ。

 ともかく、今日はこれにて。
漢字といい英語といい…
同音異義語はややこしいですね。
と言ってやたら読みを増やされても、また迷惑ですが。

こんばんは、知知武です。
それでも日本語が好きなのは、
やはり故郷を大事にする想いが、
心のどこかにあるからでしょうね。

今日はテスト2日目でした。
個人的な出来は…「想定内」と言ったところです。
覚悟はできてますから(笑)

さて。
今日はあまり時間がないので、
早めに切り上げようと思っているのですが…

先ほど、久しぶりにNコン(NHK合唱コンクール)の
ホームページを見たんですよ。
そうしたら、各地のコンクールの音源がupされていたので、
無造作に選んで聴いていました。
実は今も、それを聴きながらこれを書いているのですが…
ご存知で無かった方は、ぜひお勧めします。
曲をたくさん知ることができますし、
ブロックコンクールからは映像もあるので、
歌っているときの姿勢や歌い方等、
参考になるものが多くあると思います。

もちろん勉強が最優先ですがね。

では、短いですがこの辺で。
 ずむへるつです。

 自分で言うのも変ですが、僕の日記ってどうなんでしょう?



 ・・・いや、日記を書き始めた頃は、部活の事以外は何を書いていいかさえ分からず、やっと自分でも(そこそこ)納得のいく文章が書けるようになったら、「最近の日記は暗過ぎるよ(´・ω・`)」と言われるから、どうなのかなぁって思いました。

 元々、僕だって暗い話を日記に書きたいわけじゃないんですが、まぁ、「すぐに思いつく話題」となると、どうも暗い話になっちゃうんですよね。対策としては、「充実した毎日を送る」事なのでしょうが・・・・、どう考えても無理っす。

 さて、「なぜ今日はこんな話題を展開したの?」と思う人もいるはずです。理由は・・・・察して下さい。分かるはずです。

 一体、何がこんなにも大きな「差」になるんだ?



 皆さん、「カラオケ」は好きですか?
 ・・・と、カラオケ大好きの音楽部員の一員なのに、カラオケには今までの人生で1回しか行った事がない僕が話題にするのも変ですね。
 初めてカラオケ店に行った時は、僕の予想と違う所がたくさんあって、本当に驚かされました。2時間使っただけで7500円?1500円の間違いだろ? と思いましたよ。ええ。

 その時の感想(もう3ヶ月以上も前の物ですが)は、「楽しかったけど、何かが違う。」でした。
 あの時の違和感は、今から考えても全く分かりません。一応、先輩から(良い意味で)「お前、すごいなぁ。」と言われたので、僕が変だったわけではないと思います。まぁ、気にする程の事でもないかも知れませんね。

 それにしても、「音楽部に入って、カラオケで人気者に!」とか言って勧誘していた人もいましたが、正直な所どうなんでしょうね。歌い方とか全然違うし。それに、男子高だから、「上手い歌人気者に!」というより、ワイワイと騒いだ方が楽しいだろうから、別に技術はいらないのでは・・・・・、と思います。

 う~ん・・・・・。カラオケに関しては、分からない事が多過ぎるなぁ。誰か、教えて下さい。



 また、まとまりのない文章になってしまった。
 けど、終わり。
はい、こんばんは。
知知武です。

タイトルは、一昨日の問題の答えです。
さすが先輩でしたね。
他にも分かった方、大勢いらっしゃると思います。
頭の体操にはなったでしょうか?
ちなみに自分があの問題を初めて知ったのは、
大学という制度自体をあまり理解していない
若かりし小学生の頃だったので、全く分かりませんでした(笑)

あの頃は…本当に若かったです。


…さて。
明日から期末考査です。
部員諸君、勉強の方はいかがでしょうか?
昨日の授業中、先生に
「しっかりやらないと、成績表に赤いアヒルが泳ぐぞ~」
と言われました。

赤いアヒル…つまりはですね。

世界史という、カタカナのジャングルを嫌ったために、
理系という、闇へ迷い込んでしまった自分ではありますが、
弱々しくも光を照らしながら、どうにか前に進みたいと思います。

と同時に、期末考査が終わったら
アンコンの練習に本格的に入っていきます。
気分転換としてでも良いので、
楽譜を確認する、体操をする等々、
一人でもできることをやっておきましょう。

ではではこの辺で。
 皆さんは、昨日の知知部君の問題の答えが分かりましたか?
 僕は、とっさに「なるほど、『"カ"の文字があるかないか』だなッ!」と思ったのですが、すぐに、「あれ・・・。"リッキョウ"・・・・・?」となってしまいました。こういう類の物は、ちょっと考えて分からないなら、すぐ諦めるべきだと思います。理由は、その方が、瞬間的にひらめく力が付くと思うからです。

 知知部君、怒らないでね。別に、「考えるだけ時間の無駄」とは思ってませんよ。


 ずむへるつです。

 最近、甘い物にハマってしまいました。
 僕は昔から、甘い物より辛い物の方が好きです。
 一般的に、「辛い物は喉に良くないから、歌う時は避けるように」と言われています。しかし、一年生の頃の話ですが、合唱の本番3日前という事を忘れて、激辛ラーメンを食べた事もあります。
 ・・・・でも、影響はなかったような気がします。それは、だた僕自身が慣れているだけなのかも知れません。

 良い子の音楽部員は真似しないようにね。


 話題が変わってしまって申し訳ありません。そんな僕がよく食べているのは、「ミルキー」です。
 ・・・いや、結構おいしいですよ?うまく言えませんが。
 それにしても、ミルキーは多くのコンビニで割と売られていますが、買う人っているんですかね? それだけに、店員さんからの視線が少し気になります。確かに、「ミルキーを買う高校生」ってねぇ・・・・・。


 テストはあさってです。早く寝ましょうね。

 おわり
崖の上の…
もう昔の話になりましたね。

こんばんは。
過去の過ちを振り返るどころか繰り返す、知知武です。

歴史は繰り返すのではないのです。
繰り返されるのですよ。

はい、見過ごしてやってください。

今日はSunday、日曜日でした。
みなさん、テスト勉強の疲れを癒す…ではなく、
テスト勉強により一層身が入りましたか?
期末考査は来週水曜からです。
我らが冬休みを守り抜くためにも、今回も頑張りましょう。

さて。
ここで終わりにしても良いのですが、
なんだかまともなことを何一つ書いていないので、
なぞなぞを出してこの場を逃れようと思います。
勉強やお仕事で固くなった頭に効果的ですよ☆
…きっと。

では問題です。

ヤカンにあってナベになく、
イカにあってタコになく、
シカにあってキリンにないものは?

答えが分かった方は、コメント又は拍手にどうぞ。

ヒントは…追記に載せます。

ではでは。
続きを読む
 今日は土曜授業だったんですね。意外と、この時期でも見学に来る人は多いので、驚いてしまいます。
 そういえば、僕は中学三年生の時には、くすのき祭にも学校見学にも行きませんでした。この学校は一年生の時から志望していた事と、兄から学校の様子は聞けた事が理由です。
 ――まぁ、入学してから気がついたのですが、彼の情報も嘘が混ざっていたから、あまり役に立たなかったんですけどね!!――

 ずむへるつです。

 次の月曜日には、調理実習があります。
 大概の人なら喜ぶのでしょうね。しかし、僕はそこまで嬉しくないです。理由は、「どうしても遠慮してしまうから。」です。別に、調理実習に関するトラウマはありませんよ。

 僕は自分の考えに指図される事が嫌いなんです。「せっかく自分が考えた事が無駄になる。」――そう考えると、いてもたってもいられなくなるのです。

 別に、誰かに従うならそれでもいいです。(その人が余程頼りない人でなければ。)しかし最近では、その人の指示で動いているうちに、「ここはこうした方がいいのでは?」という考えが浮かぶ事も珍しくありません。一度そうなってしまうと、もどかしくなって、つい遠慮がちになるんです。

 まぁ、自分が積極的になった事の表れなのかな。だったら、よかったです。そうじゃないと、パーマスも務まらなさそうですし。



 遅れてすみませんでした。部活の事を書くわけじゃないから、もっと早く更新すべきですね。
 それでは、この辺で。
今日はいろいろとネタがあります。

こんばんは。知知武です。
とりあえず、自分は引き続き学級閉鎖で、
1日中引きこもっていました。

はい。
では予告したとおり、修学旅行報告「後編」です。

3日目は、京都の宿を出発して、
1日中班行動で、同じ宿に帰ってくるという予定でした。
自分の班は、主に京都市内を回ったのですが…
ほかの班員は、中学の時も修学旅行が京都だったので、
中学が長崎だった自分に合わせて、予定を立ててくれました。
最初に宇治まで行って平等院へ行き、
京都市に戻って、清水寺、銀閣方面を回りました。
紅葉がとてもきれいな時期で、
一面、赤や黄色に包まれた
素晴らしい景色を堪能することができました。
宿に帰った後は、豪華な夕飯を食べました。
そして、この日に限って夜間外出が認められていたので、
友人たっての希望で、和風なパフェを食べに行きました。
確かに美味しかったのですが…
周りが女性ばっかりの店で、男子高校生がパフェを食べている姿は、
少し気恥ずかしかったです(笑)
3日目は、そんな京都を満喫した1日でした。

そして4日目、最終日です。
この日は昼に京都駅集合だったので、
時間にかなり気を遣わなければならない1日でした。
自分たちの班は、3日目に続き自分の希望で、
金閣方面を回りました。
天気が少し曇っていましたが、やはり京都は美しかったです。
地元や川越と並ぶほどに、京都の街を好きになりましたね♪
またいつか行きたいと思います。

話は変わりますが、来年の全日本の課題曲が発表されましたね。
今回は、男女混すべてで1曲ずつ、
・伴奏有りの曲
・フランス語圏の曲
があるそうです。
そして、外国語曲はすべてがラテン語らしいです。
つまり来年のコンク-ル会場は、
日本語とラテン語が響き渡るということですね。
選曲は後ほどだと思いますが、
今のうちにできることを、少しずつやっていこうと思います。

そして、もう一つ今日は話の種が…♪
実は昨日、我が地元秩父で、
秩父夜祭りがありました。
雨の中だったのですが、非常にたくさんの方がいらして、
とてもにぎやかな1日でした。
もちろん自分はテスト1週間前、且つ学級閉鎖中なので、
最低限の外出しかしませんでしたよ(笑)
やはり地元の一大イベント、
来年も行けたら行きたいですね。

さてさて。
もう分かってると思いますが、
まだまだインフルエンザは猛威を振るっています。
しつこいようですが、体調管理には十分な注意を払いましょう。

ではでは。
 僕が家族に買ってきた八ツ橋が不評です。(´・ω・`)

 と言うのも、僕が買って来たのは、八ツ橋の「バナナ味」と「チョコ味」。こういう色物は、嫌いな人にはすごく嫌われるんだよなぁ・・・・・。
 みなさん、変わったお土産は、よく考えてから買いましょう。自分の好みで選んではいけませんね。


 ずむへるつです。

 部活がないから、といって個人的な事ばかり書いても良くないと思うので、今日は、ちょっとした「歌」について、僕が思っている事を書きたいと思います。

 僕が音楽部に入って一番驚いた事は、「歌のコツには理論的な事が少ない。」という事です。
 例えば、歌の練習中に、音を間違えてしまうと、「ここの音をもっと高く。」、「全体的にもう少し音を低くして。」などのように言われました。しかし、「どうやって音を高く(あるいは、低く)」するかは、あまり言われなかったと思います。(僕が聞き逃しただけかも知れませんが。)

 正直に言いますと、入部当時はその事が不満でした。しかし、一年が経って、自分が教える立場になった時に気が付きました。どうも、当たり前過ぎて、先輩達も僕も教えられないのですね。
 今まで音楽に触れて来なかったので、僕が持っている音楽の知識は、他の人より少ないと思います。それでも、一年間で後輩に教えられるくらいの知識は着くだろうと思っていました。その結果、全く身につかなかったわけではありませんが、満足に教えられる程ではありませんでした。
 でも、他の人の練習を見ていても、僕より音楽に詳しい人でさえ、教え方が分からないので、困っていた事もありました。

 それは、僕や他の人達が、真面目に練習しなかったから・・・・ではありません。(もちろん、みんな真面目に練習して来ましたよ。)だからこそ、一年生には、今からでもしっかりと練習して、後輩に教えられるようにしてほしいですね。

 さて、テスト期間に書くような話ではありませんでしたが、書いちゃったんだから仕方ない。今日は、これにて。
こんにちは、知知武です。
今日からテスト一週間前に入りました。
というわけで、部活は停止なのですが…

それ以上に大変な事態が起きまして、
2年生4クラスが学級閉鎖になりました。
なので、自分もこのような時間に
日記が書けるというわけです。

はい。
では、せっかくの時間ですので、
存分に使って、修学旅行について
書かせていただきます。

まず1日目ですが…
東京駅に7:40分に集合でした。
もちろん、始発に乗りましたよ!
そして、新幹線で一同広島に。
駅に着いたらバスで少し移動して、
広島県民文化センターというところで、
平和文化センターの理事長さんのお話を聴きました。
平和に限らず、とても新鮮なお話を聴くことができて、
学ぶことが多かったです。
講演終了後は、歩いて平和記念公園まで行き、
中にあるさまざまな碑と、資料館を見学しました。
今回の平和学習は人生で最も、
学ぶこと、考えることの多かった平和学習だった気がします。
さて、その後1日目の宿である、宮島に向かったのですが…
途中に交通事故があったようで、
少し到着後の予定に乱れが出ました。
平和学習をしたあとに交通事故に遭遇。
なんだかいろいろ考えさせられる1日でした。

さて、2日目です。
この日から、完全に班別行動でした。
自分の班は、厳島神社→大阪→宿といった順番でした。
神社では、大鳥居の写真をかなり撮りましたね。
かなり潮が引いていたので、
大鳥居のすぐ近くまで行くことができました。
そして船で本土へ戻り、JR線の電車に乗ったのですが、
記念にということで、あちらのSuicaである
ICOCAを作りました(笑)
そして、新幹線に乗って大阪に到着。
そこから予定だと、いろいろ散策する予定だったのですが…

えぇ、迷いました。

迷ったあげく現地コンビニ店員さんにお尋ねし、
駅まで戻って大阪城へ行った後、
おやつの時間に、班員たっての希望であった、
お好み焼きを食べました。
そして、なんとか京都の宿に到着。
とってもアドベンチャー的な(?)1日でした。

…ちょっと予想以上に時間がかかりますね。
というわけで、3日目、4日目は次回にします。
もうやらなくていいとおっしゃる方、あと少しの辛抱です。
どうぞお付き合い下さい。

ではでは♪
>>次のページ