FC2ブログ
どうもっdragon5です!

今日からテスト期間にはいりました!部活は一区切りです。一旦部活からは距離を置いて、学生の本分と世間ではいわれているらしい学問に尽力しましょう。
しかし今年はなかなかテストのスケジュールがきつきつですよね。
例年ですとたしか期末考査は木金月火とか水木金月とかだった気がするのですが、今年は中間、期末両方とも火水木金と、土日を1回しか挟まないスケジュールとなっております。しかもさらに追い打ちをかけてくるのが土曜授業。
川高生、なかなかの試練がやってきました。なかなかモチベーションの上がらない土曜授業ですが、それも運命(さだめ)と思って乗り越えていきましょう。少ない時間のなかでいかに勉強するか。考えどころです。

いやあそれにしてもつい最近まで中間考査だと思っていたら、あっというまに期末考査ですね。
1日1日をかみしめて生きたい。なんてことを思う今日この頃。
(テスト期間になると物思いにふける時間が増えて、日に日に病んでいく気がするのは私だけでしょうか・・・・・。)

以前本で読んだことがあるのですが、人間は社会のなかで自分の存在を確認するためには、なんらかの共同体に属していなければならないといった文言の記事を読みました。
自分がその共同体に属したいか否かにかかわらずとも、たとえいやいや属しているとしても、実はただ属しているだけで自分のポジションをしっかりキープしているのかもしれません。
そんなことを考えると土曜授業もやる気になってくる・・・・・・・はず??


さて、テストのことはこのくらいにしておいて、今度は部員の皆さんに読んでもらいたいことを書こうかと思います。
日記係になって思ったのですが、日記を書く上で一番難しいこと、それは、「自分の書いた文章を読む人はどう感じるか、どう思うか、マナーを守っているか」ということです。
部活日記はブログという形式をとっていますので、近年流行りのSNSと比べて、どちらかというと一方的な情報発信です。ですから、どのような人がこの文章を読んでいただいているか、書き手が考えて書く必要がでてきますね。
これは自分が思っていた以上に難しくて、日記係になりたてのころはバランスが分からず、砕けすぎた文章、かしこまりすぎて何が言いたいのかよくわからない文章等々、四苦八苦しました。最も、今素晴らしい文章が書けているかと言えば全くそのようなことはないのですが。。。。

話が少々脱線しました。つまりですね、今の川高音楽部には、「見えないものを見る力」が足りていないのではないかと思うのです。これは部活内外関係なしに、常日頃の生活から考えなければならない問題だと思います。
一例をあげますと、SNS等の使い方が昨今世間で頻繁に問題視されるように、私たちももう一度使い方を見直すべきではないでしょうか。ただ、一口にSNSと言っても、1対1で行うようなものから、自分の発言が全世界に発信可能なものまで多々あります。
どちらのタイプにも気を付けるべき点はありますが、後者の場合、自分の発言に対してしっかり責任を持つことが必要です。
自分の発言は読んだ人に対してどのような印象を与えるか。じぶんの発言が自分(或いは自分の属している団体)にたいしてどのような影響がでるのか。 そこのあたりを再確認する必要があるように思います。

また、発信することだけでなく、「発信しないこと」に対しても私たちは同じ責任を持っているのではないでしょうか。
これは主に部や団体内についてですが、自分が発信しないことで周りにどのような影響が出るか、自分が動かないことで誰が動き、自分が参加できなかったことで誰にどのような影響がでるのか。 私達はそれをもう少し考えるべきではないでしょうか。
この日記に関しても、私が「書かない」ことによって、いままで続いてきた日記の伝統がなくなるですとか、いままで日記を読んできていただいた方を裏切るような行為につながりかねません。
最も、毎日毎日そのように考えていては気軽に文章も書けませんが、しかしたまには一歩立ち止まって、そういう「根底にあるもの」を再確認することが大切ですよね。

今日小論文の授業で扱った内容が偶然似たような内容の話題でして、なんでも、「近年の世代は他人に対して注意を払う力」が低下しているのだとか。 個が尊重され、強調される社会では、集団を思いやる感情が鈍くなってしまうような旨の文章であったかと思います。

部活という集団行動を通して、私たちがぶつかっていく様々な問題はどれも大変なことのように思えますが、こういったテスト期間に、一歩下がって考えてみると、意外と原因はシンプルだったり、しかしそれがむずかしかったりするのかもしれませんね。

さてさて、今日は思いの丈を長々と書かせていただきました。

テストが終わったら、またみんなで元気に全員で活動していきましょう!

ではでは。
どうもっdragon5です!

昨日は松女さんの定演でした!
詳しい感想は昨日の日記にありますが、私としても、非常に楽しくステージ立たせていただきましたし、他のステージでは一観客として、素晴らしい演奏会を聞き、或いは見させていただきました。

混声のことや川高の演奏のことも書きたいのですが、今日はすこしちがう角度から書いてみたいと思います。
松女さんだけでなく、様々な団体の定期演奏会にお伺いする中で、私達川高の定演との決定的な違いをいつも感じるのが、
ミュージカル等での衣装のクオリティです。特に、特に女子校の定演の衣装は本当に凝った作りになっていて、とても華やかです。
男子校生にはまぶしすぎて、目が痛いっ!

定演について書くときには、いつも演奏のことがクローズアップされますが、そういった「見る」部分も定演の楽しみのひとつなのではないでしょうか。

川高は衣装はいつも申し訳程度にしか作らないので、そこはできれば松女さんのように、カラフルで可愛らしい衣装を・・・・と思うのですが、正直、努力ではなんとかできない差というか、絶対的なセンスの違いを感じずにはいられません!!

ということで、おしゃれとは程遠いような男子校で生きている我々にはないすばらしさを感じられた昨日の演奏会でした。
川高はほかのところで頑張りたいですね!男らしさ全開でいきましょう!!

今日の日記ですが、今日は部活がOFFでしたのでとくに記事はありません!
しいて書くならば、昨日の疲れがでたのか、今日休んだ部員がいましたので早く元気になってください!
健康第一!これからもガンガン頑張っていきましょう!

それでは。
どうもっdragon5です!

今日は球技大会でした!

私はソフトボールをやったのですが、教員チームに勝ててうれしかったです!!

さて、今日は部活がありませんでした。
明日も球技大会なので今日は早めに寝て疲れを取りたいですね。
ということで今日は短めに。

球技大会でも部活でも勉強でもそうだとは思いますが、
なにごとも情熱を入れて熱心に。

これ大事だと思います。
部活に関しても、いろいろいろいろいろいろいろいろ変えなければならないことはいろいろいろいろあると思いますが、
忘れてはいけないのはパッションですよね。
「やってやるぞおお!」っていう、エネルギー。
球技大会では勝敗が明確につくので、改めてそういうところの大切さに気づきました。
部活でも活かしていきましょう。

なわとび!!

それでは、明日も頑張りましょう!
絶対勝つぞ!!
どうもっdragon5です!

現在原因不明の胸の痛みに襲われておりますが、なんとか更新しています!
早く寝て健康を取り戻さないと、テスト終盤戦に体が持たなくなりそうです。

さて、今日は灼熱の一日でした。太陽はこれでもかと言わんばかりに照り、ちょっと外に出るだけで汗かいちゃいますね。
ただ、今日は小一時間ほど木陰のベンチに座りながら勉強していたのですが、案外日陰は暑くないですね。
直射日光は真夏と遜色ありませんが、風通しはまだ春が残っている感じでしょうか。

さて、天気のくだりでだいぶ行数を稼いでいる気がしますが、今日の話題へ。
ところで今日の話題ではないのですが、昨日の日記を持ちまして日記係の新企画「物語メドレー」が無事(なのかどうかは分かりませんが)終了しました。いかがでしたでしょうか。
今まではテスト期間はSNSなどを通じて話題を募集していたのですが、それにもネタ切れの兆しが見えまして、実は私が提案させていただきました。
提案したときは楽しみだったのですが、これがいざ自分でほぼ0からストーリーを組み立てていくというのはなかなか難しい体験でした。どの程度ふざけていいのかとか、越えてはいけないラインを考えることとかが非常に気をつかいました。ブログやSNS等の不特定多数の方に見ていただく可能性がある場合では、やはりしっかり考えて発信することが大切だと改めて認識しました。
まだまだテストは終わりませんが、部活の方でも、そういった線引きは重要だと思います。
例えばこの部活日記でも、毎日丁寧語がちがちの超かしこまったような文だけの投稿しかないようであれば、全く面白味のないものになるでしょうし、逆に節度のない発言や利己的な表現は読者の方を不快にさせてしまう恐れもあります。
川高生であればおおよそそのような線引きはできると思うので、部活の方でも、楽しむときと真面目に取り組むときのスイッチをしっかり身に着けてください!


なんだか指に任せてキーボードを打っていたらえらく真面目なかんじの内容になってしまったと思います。
ただ、前回の投稿が幾分はっちゃけたような投稿でしたので、バランスが取れたのではないかと思っています。
さて、テスト期間もいよいよ終わり、ついにテストの日が2日後に迫りました。
いままでのんびり物語を書いていた日記係も、危機感と多少の絶望感と睡魔、これに立ち向かっていく時が来ました。
しばらく記事が薄くなってしまうかもしれませんが、ご了承ください。


そういえば今日から新しいお題「好きな食べ物」になったようで。
完全に忘れていました・・・・・。

「アメリカンドッグ」




ではでは。
どうもっ!dragon5です!

今日の日記はタイトルの通り、今週末4日間にわたって開催されている全国のアンコン。その高校生の部に、私行ってまいりましたので、今日はその感想を書かせていただきます。

朝から電車で5時間かけて福島駅に着き、音楽堂の方に行きました。
音楽堂の巨大で美しいパイプオルガンにびっくりしました。
私は12時くらいから演奏を聞かせていただいたのですが、噂に聞く東北の有名な高校の演奏をたくさん生で聞くことができてとても勉強になりました。特に印象に残ったのは、多くの高校が指揮者なしで演奏していた点でした。
指揮者の先生がいなくても、入りと切りが完璧で、曲の流れももたついていないのは流石全国大会だと思いました。
これは来年度以降のアンサンブルコンテストで川高も活かしてほしいと思いました。
また、席に座って鑑賞している団体の方はほぼほぼ全員真剣に他団体の演奏を聴き、メモを取っていて、緊張感がひしひしと伝わってきました。全国大会の雰囲気を肌で感じることができました。
そんななかで、一番私が思ったことは、「全国に行けたら絶対楽しいだろうなぁ!!」ということです。
もちろんそれまでの努力や練習は大変ですが、全国大会の舞台で他の強豪校と共に競うというのはとても充実した素晴らしいものに違いないと思いました。
今まで私は「県大会で落ちたら・・・・」とか「関東が・・・。」とか、どちらかというとネガティブな思考でした。
全国大会に行かなければならないという考えではなく、全国大会に行きたい!!!楽しそう!!というポジティブな考え方もありだなと知った今日の一日でした。
繰り返しになりますがどの団体も素晴らしい演奏で、特に聞いていて感動したのは、川高音楽部BがSVECでやった曲(自分が演奏した曲)を、女声合唱で演奏していたのを聞いた時でした。いろいろな点で本当に衝撃を受けましたし、自分もこうなりたいと思いました。
また、埼玉県からの代表校の1つである川越女子高校さんの演奏も素晴らしく、同じ埼玉、同じ川越の学校が全国で活躍している姿を見て、より一層「全国大会に出たい」との思いが強まりました。

次にやってくるのは朝日コンクールです。私にとっての最後のコンクールですが、今日感じたことや考えたことを忘れず、部員とも共有して、より一層、意識を高く部活をやっていきたいと思います!


まとまりませんでしたが、今日はアンコン全国大会のレポートということで、遅くなりましたが筆をおかせていただきます。
コンクールも、頑張ろう!!
>>次のページ