こんにちわー!ゆうです!

一部読者の間では私は引退したことになっているそうですが、いろいろと誤解がありましてですね。先日のdragon5さんの日記のタイトルに出てきた「ゆうさん」とは私のことではなくてですね、3年生部員の愛称なのですね。ただ、その風格が学生とは思えないほどだったので時にOBといじられることがありましてですね。そんな彼もほんとうのOBになったのだなぁ、ということでした。コラ~dragon5!タイトルがややこしい!と心の中で突っ込む二年生のゆうでした。

今日の部活は新体制になって初めての部活でした。人数が大幅に減ったわけですから、音楽室が広く感じました。練習はクスノキ祭の曲をメインにしましたので、楽しい練習でした。私も代が変わってから仕事が増えた人の一人なのですが、今日一日だけでもかなり疲れました。先輩の苦労のほんの一端を身をもって知りました。
今回のコンクールの結果を受けて悔しいと思った人は大勢います。その、今の気持ちをいかに長い期間保つかが来年のコンクールの賞の色にかかわってくるのだと思います。来年のコンクールは今日から始まっています。スキルアップを図って来年こそは上位大会で演奏しましょう!

練習のほかにもコンクールの反省や、クスノキ祭の準備も始まっていて、これから多忙の日々が始まる予感です。68代の初舞台、絶対に成功させましょう!ではでは。
スポンサーサイト
お久しぶりです!わさぶしです!!最近弟子入りしました!
昨日、静岡に旅行に行っていてその帰りで疲れ果てて寝てしまい日記が書けなかったので早朝4時に書く羽目になってしまいました…申し訳ございません。

さて、書きたいことが多すぎて何を書いたら良いのかがまだまとまっていませんが、お付き合いくださいm(_ _)m

この間日記係から2人の3年生の先輩(地雷犬・dragon5)が引退してしまいました。御二方の最後の日記を見て3年生方が引退するという実感が湧きました。私は3年生の先輩方が大好きだったので引退となると、やはりどこかで認めたくないというか、まだ一緒に部活がやりたいので、現実から目を逸らしていたのかも知れません。

コンクールについてですが、私たち川越高校は銀賞ということで全国への道は途絶えてしまった訳ですが、本当に悔しいです。私の場合は先輩方から発声を見ていただいたのにそれを本番で活かしきれずに終わってしまいました。来年はこんな思いは絶対にしたくないし、自分の後輩にも味合わせたくない、何より先輩方を悲しませたくないので自分の中にある甘い気持ちを捨てて全国への道に挑みたいです。

3年生の先輩方は引退し、これからは私たち1・2年生が音楽部を造り上げていくことになるわけですが、もう失敗は許されません。くすのき祭、SVECや新歓など全てがコンクールの結果に繋がってくると思うので、まずは一番近いくすのき祭に向けて全力で頑張りましょう!

では!!
どうも! イブ兄です。

今日の日記に関して、書くことを考えていたのですが、全然まとまりませんでした。乱文お許しください。


まずは、コンクールについて。
関東大会に行けないという事実に関しては、本当に悔しく、また申し訳なく思います。
先輩とはもう一緒に部活ができないというのも、正直なところ、まだ全然実感がわきません。
部活として、後輩として、まだもっと何かできたのではないか、できていたら結果は変わったのではないか。とも思ってしまいます。
今更何を言っても結果が変わるわけではありませんが、とにかく、もっと先輩と長く部活がしていたかったです。

自分だけの感想をだらだらと述べるのも暗くなってしまうだけだと思うので、何より自分が辛くなってしまったので、感想は手短に、このへんで終わりにしておきます。

あとはどう繋げるか。
1,2年生はこれから何を学び、先輩から何を受け継ぐのか。
『来年こそは』
という気持ちを忘れてはいけないと思います。

最後に、ずっと僕らの前を歩き続け、常に引っ張ってくれた3年生、本当にありがとうございました。


次の部活からは本格的にくすのき祭に向けた活動が始まります。
不安だらけではありますが、コンクールとはしっかり切り替え、2年生がこれまで以上に1年生を引っ張って、68代音楽部の初舞台を、そして、全員が成長できる部活動を作り上げていきましょう。


長くなりましたが、
今後、68代日記長を務めさせていただくことになりました。
代が変わることで特に何かが大きく変わるというわけではありませんが、これからも日記係を、そして、68代音楽部をどうぞ宜しくお願いします。
音楽部はまだまだ成長していきますので、応援よろしくお願いします!

では!


どうもっdragon5です。

昨日の投稿から大分時間が空いてしまいました。コンクールが終わってから1日と少し。いろいろ考えたことがまとまってきたと思うので、今日はしっかり書かせていただきます。

まず、コンクールの結果ですが、改めて結果を報告致しますと、県立川越高校音楽部は銀賞の結果を頂き、関東大会へ出場することは叶いませんでした。
全国大会を目指して今まで努力していた我々にとって、この結果は非常に満足のいかない結果であることは間違いありません。しかし、それは審査結果に対して満足がいかないということではなく、どうすれば自分達が満足のいく結果を出せたか、はっきりとしない部分が多いという意味での満足がいかないと言う意味ですし、単に関東大会に行くことが叶わず残念だったという意味ももちろんあるわけです。(分かり辛い表現になってしまい申し訳ありません。)

ただ、それと同時に私が思っていたことは、自分達の演奏に対して後悔はないということです。これは私だけでなく多くの部員も同じ感情を抱いたと思います。今までの長い間(何ヶ月間でしょうか)コンクールの為に相当な努力と時間を費やして来たわけですが、少なくとも自分としては、そこに決定的な欠陥だとか不足不十分は無かったと思います。(絶対的な所ではあったのかもしれませんが、そこは努力量との相関が必ずしもあるとは思いません。)つまり、簡単にいうと、やることはしっかりやったよね。ということです。ただ、私は未だに審査員の先生方の講評を拝見していませんので、きっとそれを見たらまた違った感想を抱くのは自然だと思います。ですから、少なくとも自分達の範囲においては、出来る限り最大限の演奏をしたと、私は感じている訳です。こう書くとコンクールに対する私の姿勢が非常にエゴイスティックなものと思われてしまうかもしれませんが、そうではなく、そこに私は去年或は一昨年との成長を感じている訳です。
今回の練習では、一昨年のできなかったところ、去年のできなかったところをそれぞれカバーできるような練習を心がけました。ですから、そのような練習ができたという点においては、過去よりもより良いものへと進化できたのではないか、と思っています。しかし、その進化によって失われたものがまったくないかと言われれば、何か失われたものがあったのかもしれません。そここそ来年以降直していって欲しいものだと思います。

正直、最後の日記担当ということで、書きたいことは山ほどあるように感じますが、実際は、だらだら書き続けず、凛として終わるべきなのかな、とおもいました。
私もこれでついに、この多少歴史ある部活日記に過去帳入りです。
いままで入部して、そしてこの日記係になって、数々のことを学びました。
その一つ一つを書いていたら枚挙に暇がありません。
偶然といいますか、この3年間、コンクール県大会の日は全て私の担当でした。(1年の時は先輩に代わってもらいました)
コンクールの結果について、このように長々と書き遊び、自分の考えをまとめることができるのは、日記係の特権であり、義務であると思います。

最後に書き残したことはないか、考えていたらもうこのように遅い時間になってしまいました。更新が遅いのは私の代の悪い特徴でした(笑)。そこは後輩に改善していってもらいましょう。

さあ、これからは前を向いて頑張りましょう!

......と締めくくりたいところですが、一つ重要なことを書いていませんでした。

県大会止まりという結果にはなってしまいましたが、ここまで川越高校音楽部を支援していただいた顧問、副顧問の先生、OBの先輩方、何度も何度も練習に付き合って頂いたピアニストの先生、ボイストレーナーの先生方や外部指導の先生、今までのご支援本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。
そして保護者の皆様や大会運営の方々、関係者全てに感謝します。ありがとうございました。

最後に、ここまで川越高校音楽部を続け、変え、そして変えず、新しくしていった幹部の仲間と3年全員、この皆のお陰で本当に今までどうにか頑張ってきたと思います。
また後輩には先輩としては良いことも悪いこともどっちも見せてきたと思いますが、後輩の部活に対する熱心さはこれからもっと大きく広くしていって欲しい。


みんな、お疲れ様 ありがとう。


それでは、過去最多の拍手とあわよくばコメントを貰えることを祈って、二年半書き続けた日記の最後の1ページに、終止符をうちたいと思います。


今まで私の拙かったり拙くなかったり、長かったり短かったり、中身が薄かったり濃かったりした日記を、少しでも見ていただき、ありがとうございました。
後輩の日記も是非見ていってください。これからも川越高校音楽部日記係、変わらぬご支援をよろしくお願いします。



67代 日記係 dragon5
こんにちは!地雷犬です。

まず、第60回埼玉県合唱コンクールの結果をお伝えします。
結果は、銀賞でした。

応援ありがとうございました。
ちょっとした裏話をしますと、演奏の途中にですね、このコンクール(上位大会含め)が高校最後のコンクールかぁ、と思ってしまいまして、しかも、その時、落下傘の「神さま。どうぞ。まちがひなく。」のところだったんですね。まあ言ってしまえば雑念なんですが。変に気持ちがリンクしてしまって、ステージの上なのに、こみ上げてきてしまってですね、いや、泣かなかったんですけど、はい。
そのあと、写真撮影なのに、喋るたびに泣けてきてしまって、後輩に慰められてしまいました。情けなくてごめんなさい。(しかもパーマスなのに)
高校三年間合唱をやってきて、一番歌詞に感情が乗りやすい曲だったのも助けになったのでしょうけど、あそこまで感情が乗ったステージは初めてだった気がします。今も打っててちょっとだけですけど、泣けてきました。何ででしょうね。よく分かりませんが。

さてはて、この結果に伴いまして、私地雷犬とdragon5は日記係を引退することになりました。ちなみにdragon5くんはもう一個書いてくれますから安心してください。地雷犬はこれでホントのホントに最後です。
ということで、地雷犬くんの来歴を振り返るとともに新入部員(将来の音楽部70代のみなさま)の勧誘みたいな事もしてみましょう。まあ最後なのでお付き合いください。ブログなので、見ても見なくてもいいのが利点ですね。
遡ること、3年ほど前に中学校の音楽の先生に勧められて、川高音楽部の存在を知りました。夏には県コンクールの成績をまだかまだかと、Twitter(アカウントは持っていませんでした)を更新しまくったのを覚えています。それと、64回の定期演奏会、正直普通の合唱曲は眠くなってしまったのですが、今でも「暦の上ではディッセンバー」の衝撃を覚えています。それと、2.5ステージ。「しずかちゃん」がすっごく可愛くてびっくりしました。「しずかちゃん」が。ちなみに、最後のボールの人は入部してもしばらく誰かわかりませんでした。
そんなこんなで、受験も終わり、晴れて67代として入部しました。その後、8月には日記係として仲間入り。実は入部前から日記を見てたんです。それと、今だからネタ晴らしすると、極初期のタイトルは、過去の先輩の記事のタイトルを文字っていました。(すぐ飽きた)それからは、コンクールとかスベックとか、NY(ホテルでWi-fi使えてよかったね)とか定演とか、はたまたコンクールとか、まあいろいろありまして、そして、何回も何回更新してきたブログももうこれで終わりです!

67代の日記としては、より多くの皆様に日記をみて、「川越高校音楽部ってこんなところなんだ!」「楽しそうに活動してる!」なんて思ってほしくて、企画もやってみたり、ちょっとだけお遊びの要素も取り入れてみました。はじけすぎたところもあったかもわかりませんが、まあ高校生ということでここはひとつ、見逃してください。

もしかすると、これから川越高校に入学することを考えている小中学生のみなさんがこのブログを読んでくれているのかもわかりませんが、もしいたら、そこのあなたにお伝えしたいです。川越高校音楽部は何が素晴らしいかっていいますとね、数か月前までステージに立って歌うなんてしたことのない男の子がですよ、ステージに立って歌えるということですよ。だって、64回の定期演奏会を見に行った、合唱なんてクラス合唱の範疇でしかわからなかった男が、ほんの1年たっただけで、客席と、ステージにある絶対的な壁を、飛び越えて向こう側に行くことが出来るだなんて、ちゃんちゃらおかしいですよ。だってですよ、アイドルのコンサートに行ったところで、あと1年たったら自分が向こう側でパフォーマンスしてるだなんて、思えるはずがないじゃないですか。それを可能にしてしまう音楽部のすごさというものが確かにあると思います。男子高校生が寄り集まって歌ってるだなんて異常な現場、見に行くだけでも十分価値があると思います。全員で挑むからこそ、全員がキラキラしているし、もし未来で「あなた」がこんな集まりに参加してくれるなら、もれなくあなたもキラキラできますよ。保障しますよ。だから、入ってね!ちなみにね、100人で歌うより200人で歌うほうがもっと楽しいし、力になるから、お友達も連れてきてくれると嬉しいよ!

さて・・・もう書くことはなくなったかな。と思います。
中学校の頃は、卓球部入ってたら変わってたかなとか、いろいろ思っていたのですが、音楽部に関しては、音楽部で良かったと、それ以外はない、と心から言えます!本当にありがとうございました!女声合唱にドハマりさせて女声楽譜ばっかり買わせた合唱界ホントに許せません!卒業してからどうしろっていうんだ!

以上、67代音楽部日記長、地雷犬こと♪まいん♪がお送りしました!

くすのき祭でお会いしましょう!またね~!!!(ここで文章は途切れている)
>>次のページ